30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた! 稼げる人 稼げない人

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.20
  • (5)
  • (18)
  • (39)
  • (13)
  • (0)
本棚登録 : 338
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492044124

作品紹介・あらすじ

成功者と凡人は違うのか?成功者には何か秘密があるはず。普通の人はそう考えたくなる。学歴が高い?豊富な知識をもっている?いろいろなコネがある?もともとお金をもっていた?本書は、30代で年収3000万円を実現した人、300人に調査をする中でわかってきた成功者と凡人の違いを明らかにしていく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ■寸評
    目新しいことはない。結果を具体化するうえで重要な規範をざっくりと確認できる内容。
    方法論・スタンスに関して迷っている自分を、「やはり、そうですよね」と奮い立たせるにはいい。
    データは面白い。ただ、紹介ベースということで、3000万プレイヤーの中でも同質な固まりが母数になっている側面もあるため、傾向が偏っている感が否めない。


    ●発見
    ・「やらないことを決める」を、今年の目標に追加。
    ・人と会う。100人あって、一人師匠に出会えたら儲け物。
     ➡見た目を清潔に、フットワーク軽く人前に出られる準備。


    ●確認
    ・金・時間という有限なリソースをどのように配分するか
    ・仕事・投資にかけるリソースを最大化。娯楽を削る。
    ・車所有は、非合理。ローンは嫌
    ・「好き、強み」×「ニーズ」=天職

  • 30代で年収3000万円を稼ぐ人へのインタビューを通して自力で稼ぐ人に共通するポイントをまとめた本。

    著者は今年で30歳になるまだまだ若者。 幼少期に父親を亡くし母親が苦労をして家計を支えてきた実体験から自力で稼ぐ人になりたいと思い、本書に書かれているインタビューを決行した。
    成功者が自分の成功体験をベースとして語る本ではなく、その領域に辿り着こうと考えた若者の視点で描かれた本であり興味深い。


    30代で年収3000万円を実現した人は典型的なタイプというのはおらずその個性や週刊は千差万別ではあるが、達成できていない人と比較すると一貫して異なる点があるという。 それは以下の3点。
     1) 「変われる」という違い
     2) 「本気で働く」という違い
     3) 実現に至るまでの「手順」という違い

    「変われる」という点で重要なことは「自分の意思で人生を選ぶ」こと。
    その為には、「変化を受け入れ」、「望む人生を求める決意」をし、「自ら変化を起こす」、ということが必要。

    「本気で働く」という部分では、一生懸命長時間働く他に、「人のために貢献する」「目線を高く持つ」「自己投資する」という要素が必要。

    実現に至るまでの「手順」について年収3000万円を実現した人たちからのアドバイスは以下のとおり。
     a) 弟子入りする(適切な会社に入って働く)
     b) 好き・強みを磨く
     c) とにかくやってみる
     d) 思考を身につける


    著者が何故30代で1000万円や2000万円の人ではなく、3000万円の人に目をつけたのか、その理由は非常に興味深い。
    著者は「何があっても自力で稼ぐ力」を探求することが目的であり、一流企業や外資に入れば達成できるレベルでは調査の意味がないと考えたからである。

    若いのにその目線の高さに感服する。

  • 30代で年収3000万円を稼ぐ人に実際に話を聞き、まとめたデータでかなり信憑性があった。

    ためになった所
    ・人生やりたいこと、やらなければいけないことは山ほどあるので「やらないこと」を決める。

    ・自分の強みは自分では見えない。
    →協調性がある、コミュニケーション能力が高いなどはすべて他人と関わることなので、他人がどう思うかがその能力の高さを決める。

    ・目標を設定するポイント
    1に数字 (何円貯金する、何キロ痩せるなど)
    2に名詞 (ポルシェを買う、誰々と結婚するなど)
    3に日にち (9月までにの免許取る、5時までに〜するなど)

  • 30代で年収3000万円を実現した人としていない人の違いは、
    ①「変われる」という違い
    ②「本気で働く」という違い
    ③実現に至までの「手順」という違い

    内容は類書と似ているが、実際に3000万円を達成した人へのヒアリングを元にしているというのが違う。

  • オマージュできる考え方や習慣を知りたくて読書。

    日本版のナポレオン・ヒル成功者調査のような内容。もっと共通項とか原則とかを浮かび上がらせてまとめてくれると1つの価値あるプログラムになりそう。

    30代で年収3000万円稼ぐ人という点がユニーク。

    より意識してオマージュしたい点として、自分の目標としていることを実現している人をロールモデルにして徹底的に真似し、学ぶ。

    世の中により求められる価値を提供できるものは何かを常に考える。

    選択と集中させて時間を投資。

    強みを磨く。

    人づてで仕事や人脈を紹介してもらう。そのために人脈維持は平等ではなく、この人との関係を維持したいという人へ時間と労力を費やす。付き合うべき人ではない人は早期に判断し、現実的な距離を置く。

    継続的な自己投資。新しい情報、新しい習慣、変化を恐れない。

    まずやってみる。

    1.大目標設定→2.目標の細分化・ブレイクダウン(落とし込み)・逆算→3.シミュレーション・ビジュアライゼーション→4.実行→5.フィードバック(p186)

    目標に数字、固有名詞、形容詞を入れる。

    読書時間:約45分

  • 素晴らしい。
    良かった。

    30代で年収3000万円以上になる為のノウハウが書かれている。
    しかもそれは実際30代で年収3000万円以上を稼いでる人から聞いた統計結果であることから、
    疑いの余地がなく納得できた。
    310人の内110人の一人一人掘り下げたインタビューによる定性調査に、その他200人のアンケートという定量調査によって出される統計結果。

    1ヶ月に10冊くらい読書する人が40%、全く読まない人が16%。
    テレビはほぼみんな見てない。見ててもニュースかビジネス系かドキュメンタリー。

    ・自分が何をやってて楽しいからつまらないかをその都度書き出して、自分の本来の資質を確かめる
    そうすることによって何をすべきかが具現化され、やるべきことが決まる

    ・料理にレシピがある様に、人生の成功にも適切な手順がある。その適切な手順を踏むことによって、効率的、効果的に稼ぐことが出来る。

  • 人は物事の良し悪しや、一つの指標を判断する際に、よく「統計」と言うものを使います。

    本書は、「何があっても自力で稼げる方法を知りたい」。そう強烈に想った著者が30代で年収3000万を稼いだ300人ほどの方から直接ヒアリングをおこないまとめた1冊となっています。

    成功者1人1人の成功本は数多くある中、多数の成功者の声をまとめられている本は珍しく、統計的な成功者の習慣、クセ、考え方などの情報を押さえることでより成功のラインを具体的に見ることができます。

    個人個人では様々な成功方法や独自のやり方などがありますが、本書のまとめられたデータを見ることで、成功者の人の多くがやっていること、絶対にやらないことなどの共通している事象を押さえることができます。

    成功している人と成功していない人の違いを知る点では多々参考になるところが多い1冊です。


    【私的読書メモ】
    ・稼ぐ人になる方法を知るために一番大事なことは「違い」
    ・成功している人の殆どはずば抜けた能力があるわけではない
    ・1日1日の積み重ねが他の人との大きな違いに
    ・変化を受け入れる姿勢をもつ
    ・新しいことを始めるためには、何かを捨てる
    ・単にがむしゃらになって頑張っても成果はでない
    ・自分にとって何が面白くて、何が面白くないかしっかりと判断する
    ・目標を数値、名詞に置き換え、行動レベルに落とし込む
    ・「変われない」と言う思い込みを無くす

  • チェック項目9箇所。年収3000万円を実現した人は、働ける人全体の0,3%前後、1000人に3人しかいない計算になります。30代で年収3000万円を実現した人と、していない人の「3つの違い」のひとつ目は「変われる」ということです、30代で年収3000万円を実現した人は「変われる」人で、普通の人は「変われない」人だというわけです。多くの人は、なかなか「変われる」ことができないものです、人生は変化しています、小学校から中学校に進学するのも変化ですし、就職することも変化です、しかし、これらの変化を目をこらして見てみると、「変われた」から変化したのではないことに気づきます、「変われた」から、人生が変化したのではなく、ただ、周囲に流されて、半強制的に「変わらざるをえなかった」だけなのです。なぜ普通の人は『変われる』人ではないのか? ……①変わる必要がないから、②変わりたくないから、別に単に生きていくだけならば、「変化させられる」人でもできる話で、「変われる」必要なんて、特にないのです。30代で年収3000万円を実現した人の多くが、「しないことを決めている」ということも特徴的なことだと思います、8時間働き、7時間眠るとします、すると、たった9時間しか残りません、本当にやる価値のあることに時間を使い、反対に、やる価値のないことに時間を使わないようにしなければなりません。1ヶ月の平均読書量は、全体では9,88冊なのですが、0冊という人が全体の16%も存在します、その一方で一ヶ月に10冊以上、本を読む人が全体の39,3%、つまり本を読むという人は、大量に読み、本を読まない人は、ほとんど読まず、それらの層は2つに分かれて、二極化しているというわけです。30代で年収3000万円を実現した人が、ゼロからならこうするというアドバイスは5つのパターンに分けることができます、①弟子入りする(適切な会社に入って働く)、②好き・強みを磨く、③目標を設定する、④やってみる、⑤思考を身につける。
    「NEXT READING」
    (変わるにはどうしたらいい?)……とりあえず、決めつけないで、何でもやったらいい、若いのだから、やり直しはきくから、もっとチャレンジして視野を広げること。
    (この本で変われると思いますか?)……あなたができることはたいていは誰でもできる、努力しだいで追いつくことができる能力差、同じ人間なので、①変化を受け入れる姿勢を持つ、②望む人生を求める決意をする、③自ら変化を起こす。
    (本気で働いている人とそうではない人はどう違うか?)……だいたいの人は土日祝祭日、GW、年末年始、休むんですよ、一方で本当に休みとか関係なく本気で「目の前の仕事を一生懸命」やる人っているんですよ。
    (稼げる人になる人には何が一番大切な事?)……「この人が今、何を求めているか? 考える」、顧客の要求100に対し200を出す、長時間労働(朝から晩まで)、自己投資……読書。

  • 30代で年収3000万円の人に取材するという本のコンセプトが面白い。
    中身は過去の成功本や起業本で言われていることとそう違いがないためフツー。その取材をどう実現していったかをもっと掘り下げて欲しかった。

    ☆目標を設定する上で最悪なのは、形容詞。目標が曖昧になる
    ☆とりあえず、やってみる
    ・海外に行ってみる
    ・フルコミッションの仕事をしてみる
    ・外資系金融機関に入社してみる
    ・IPOしそうな会社に入社してみる
    ・何か商売をしてみる
    ・情報を発信してみる
    ・ビジネスプランを作り、300人と会ってみる
    ・自分のなりたい姿を300人に話してみる
    ・仕事を3つ、4つかけもちしてみる
    ・仕事を半端じゃない量こなしてみる

  • 3000万円は意外と簡単だという話だった。だが、必ず行動をするということが大事。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年、愛知県生まれ。地図や近現代史をライフワークに取材・執筆を行う。著書に『重ね地図で愉しむ 江戸東京「高低差」の秘密』(宝島社新書)、『地図と愉しむ東京歴史散歩』シリーズ(中公新書)など多数。

「2019年 『ふしぎな鉄道路線』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹内正浩の作品

30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた! 稼げる人 稼げない人を本棚に登録しているひと

ツイートする