IDEA HACKS!2.0

  • 東洋経済新報社
3.21
  • (16)
  • (80)
  • (122)
  • (42)
  • (7)
本棚登録 : 983
レビュー : 118
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492044452

作品紹介・あらすじ

10分でアナタもジョブズになれる。ライフハッカー流天才的アウトプットの方法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いくつかのHackは最高に刺激をもらえたけど、それ以外は普通。
    さくっと読めて楽しいけど、もう少し内容の吟味してください。

  • ついつい読んでしまうHACKシリーズ。
    さすがにネタ切れなのか、あまり新しい発見や感銘を受けるHACKは見当たらなかった。アイデアを出す、という抽象的な目的に対するアプローチだからかなぁ。

  • 「場」の力を理解して、他者を活かす。そして自分を活かす。そんな内容。
    与えることで、後から得る。そういう考えを身体に染みこませておいて、アウトプットもインプットも意識すると、よいのかなと思った。

    と、抽象的なことしか今書けてないと言うことは、私の中では未消化。
    少しずつ実践していけば、今(2012/06/23)と違った印象を持つかもしれない。

  • 朝食抜きは試してみている。30年ロードマップは取り組みたいが、案外まとまった時間がないと手がつかないし、優先度が低くなってしまう。。

  • 2006年の第一弾に続く2弾目。この間に「iphone」が世に出ているので色々なツールやハックが生まれているが、「現場へのフィールドワークとディスカッション」という本質は変わらない。単なるツール紹介本でないところが面白い。

    ・ライフネット生命出口治明さん
     「読書によって身に着けたタテ思考と、旅行によって身に着けたヨコ思考が豊かな知性の固定にある」
    ・ソーシャルメディアは複数の視点を確保するのに優れている
    ・子どもと一緒にフィールドワークすると一人では行けない場所にもいけるし子どもの目線での発想も生まれる
    ・イノベーションを生み出すための人材リスト
     1.人類学者
     2.実験者
     3.花粉の運び手
     4.ハードル選手
     5.コラボレーター
     7.監督
     8.舞台装置家
     9.介護人
     10. 語りべ
    ・アイデア会議必須のツール
     ・人数にあわせた大きな紙
     ・ポストイット(75*75)
     ・色とりどりのカラーペン
    ・質問会議
     ・課題提示者以外は質問しかできない
    ・アイデアという中身と、ビジネスという形の間にある複雑な関係を「デザイン」することが求められている
    ・議事録ドリブン会議
     ⇒プロジェクターで議事録を表示させ、会議の中で議事録を作っていく方法

  • アウトプットとインプット

    人生を豊かにするコツや習慣が満載

    へえの出来事が多数・・・

    持っているスキルと仕事の成功に因果関係はない


    読み終わったとき、何か自分の中にストンと落ちるものがありました。

  • -

  • 読書メーターからの引っ越し

  • 世界を捉える枠組みが「スキーマ」。
    多様なスキーマを得るためには超大量なインプット。
    複数の専門を得ることで多様なスキーマを獲得。
    外部スキーマ(ソーシャルグラフなど)の活用でさらに多様なスキーマを取得。SNSやクラウドDBを活用。

    インタビューは相手のことばをオウム返し
    議論は「イエス、アンド」で受ける。

    ハーマンモデル 左脳⇔右脳、大脳新皮質(中小思考)⇔辺縁系(情動、本能)のマトリックス。第一象限から冒険的、人間的、組織的、理論的となる。役割によって傾向。
    ホールブレインモデルは4象限全てに秀でており、CEOモデルとも。

  • 少々、消化不良感がある。

    いくつか試してみたいことはあるので参考にはなるのだが、もっと「いわゆるハック」のようなものを期待していたせいだと思う。

    が、子どもが歴史の教科書で学んだことを一緒になって現場に行って調べてみる(p.130)というのは、将来やってみたいと思う。
    あとは、所属部署の教科書をつくる(p.190)とか。

    [more]
    (目次)
    はじめに
    1 天才的アウトプットハック
       フロー体験と直観力
    2 超大量インプットハック
       場からの学びと多様なスキーマ
    3 オリジナルを育むフィールドワークハック
       身体の拡張とアイデアの発芽
    4 未来を創るデザイン思考ハック
       サイエンス思考とアート思考
    5 自立力を高める個人ブランドハック
       自営と自衛のマネジメント
    6 人生を豊かにする複線キャリアハック
       シナジーとエナジーの螺旋
    あとがき

全118件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小山 龍介(コヤマ リュウスケ)
株式会社ブルームコンセプト 代表取締役
1975年福岡県生まれ。AB型。京都大学文学部哲学科美学美術史卒業。大手広告代理店勤務を経て、米国MBAを取得。その後、松竹株式会社 新規事業プロデューサーとして歌舞伎をテーマに新規事業を立ち上げた。2010年、株式会社ブルームコンセプトを設立し、現職。名古屋商科大学大学院 准教授(ビジネスモデル論)、(社)ビジネスモデルイノベーション協会 代表理事、(社)日本能楽謡隊協会 理事、ビジネスモデル学会 プリンシパル。宝生流シテ方能楽師の佐野登に師事し、2015年『土蜘』を演能。著書に『IDEA HACKS!』(東洋経済新報社)をはじめとするハックシリーズ、訳書に『ビジネスモデル・ジェネレーション』(翔泳社)等がある。

「2016年 『片づけHACKS!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

IDEA HACKS!2.0のその他の作品

小山龍介の作品

IDEA HACKS!2.0を本棚に登録しているひと

ツイートする