ノマドワーカーという生き方

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.63
  • (59)
  • (105)
  • (108)
  • (24)
  • (5)
本棚登録 : 854
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492044629

作品紹介・あらすじ

夢を現実に変えるノマドワーカーのリアル。月間160万PV突破の驚愕サイト「No Second Life」管理人が初めて明かす「デジタル・セルフマネジメント」のすべて。個人の情報発信力でアナタの人生が変わる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • “ノマド”は最近の自分のキーワードのような言葉になってきました。




    それにはまだまだ色々なスキルも知識も足りないですが




    まずは一歩一歩、一日一日を大切にすることを考えています。




    その一歩が昨日からはじめた『ライフログ』でもあります。










    この本には、日経ビジネスアソシエの立花さんの記事から




    プログ「No Second Life」 を毎日読ませていただき




    初めての著書が出ることを知って購入しました。







    第一作ということで、目線は僕らに近い部分が多くて




    すごく親近感を持ちました。




    立花さんがプログを継続して書くことによって変わっていく自分と常に




    向き合っていること




    続けること、そしてその過程での自分を信じることが




    どれだけ大事かということを知りました。




    正直書かれている内容は斬新なものはなく




    僕自身も色々な本の中で読んだ内容も多かったですが




    それでも、それを自分の中に取り入れて続けていくすごさがこの本の中にはあります。




    立花さんが得意とする、iPHONEやソーシャルメディアの知識、




    そしてプログを通して続けられたという体づくりや人とつながること




    自分の経験や得意とする分野をしっかりと把握し、それを情報発信して




    多くの人とつながっていく。




    ノマドとして自分の大きな武器を持った立花さんのプログに




    これからも注目していきたいし




    次回作がとっても楽しみです

  • 著者がブロガーとして成功していく為に、どうやってきたのか、という自己啓発系のビジネス書。
    自分をブランディングする上での戦略とか。
    オフ会を主催したり、自分の健康やタスク管理のこと、それらの為のガジェットの紹介。

  • プロブロガーの立花岳志さん流のノマドワーカーとしての生き方をまとめた一冊。
    場所や、雇用形態で働くのではなく、自分の情報発信力を習慣化して、人を引き寄せていくスタイルに、大変共感できました。ライフログを見事に活用しながら、リアルとネットを結びつけて活動する立花さんを尊敬し、一部でも良いのでマネをしてみたいと思います。
    今の働き方、生き方に煮詰まり感がある方には、目からウロコの一冊なのは、間違いありません。

  • 「ノマド」という言葉は、本田直之さんの著書で知りました。
    個人的にはスルッとましたが、まだまだ懐疑的なイメージも根強いのかな。

    本書は、プロのブロガーとして仕事をされている立花さんの仕事術?になります。
    店頭で見かけて気にはなっていたのですがブクブクでゲット、ありがたや。。

    さらっと読めましたが、決して「ノマド」との言葉に囚われてるわけではなく、
    やりたい事を突き詰めていった結果、ノマドになったのかなとの流れでした。

    どちらかというと、やりたいことを実現するにはとの点で、
    非常に興味深く読めた一冊です、、ふむふむ。

    軸(やりたい事)からブレずに成功されているという事は、
    こういうことかとも、、うーん、準備と気概は大事ですね。。

    タスク管理に優先度、最近おざなりだったなぁ、、と反省です。

  • 月間160PVのブログを運営している著者のライフスタイルや考え方、具体的なテクニックが紹介されています。

    特に参考になったのは目標管理の方法でした。立てた目標をどうやって実現させるかに対し、目標のブレイクダウンとレビューを自分が実践されている方法が具体的に書かれています。
    ネットで本名、顔出しをしている理由やライフログを残すことの意味と意義など考え方についても印象に残りました。

  •  詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=8784

  • @ttachiさんのブログ http://www.ttcbn.net/no_second_life/ をよく購読していたので、非常に興味深く読みました。

    毎日かなり細かい時間設定、自己管理、そして独りよがりにならない工夫も盛り込んでハードに仕事されてるんだということがわかり、改めて@ttachiさんの凄さを思い知りました。

    全部はマネ出来ないけど、とりあえず日記から始めて見ます。

  • ノマドワーカー云々というよりもっと幅広く、独立して一人で仕事をしていきたい人へのメッセージ的な内容でした。
    なりたい自分を明確にして、そこへ向かっていかにモチベーションを維持しつつ向かっていくか。
    書いてある方法としては目新しいものではありません。
    肝心なのはそれをどう実現するか。
    この本はそこに著者立花さんの思い入れが強く入っているように感じました。

    立花さんご自身が挫けたり、だらしなかったりした自分からどうやって脱却したか。
    そして脱却したかったそれは、多くのサラリーマンが普通に感じている毎日です。

    脱却を決意してからの立花さんの実行力、それは凄い。
    大切なのはその実行力を支えたのは何か。それについてこの本に明確には書かれていません。
    それを汲み取れないと、ただの「私はこうやって成功したよ」というつまらないビジネス本にしか感じられないかもしれません。

    読み進めた当初はそこが気になりましたが、読み終わってやっと感じ取れました。


    自身の行動や使っているアプリの解説なども少々ありますが、それはあくまでも紹介程度。How to本ではありません。
    ノマドワーカーという生き方を選んだ立花岳志という一人の男性のここまでを書いた本です。
    そこから何を感じ取るかは読者次第でしょう。

    口語体で読みやすいのですが、その為に後で見直す時にどこに何が書いてあったか探せなくなりました。
    そういう意味ではビジネス書というより、立花さんの話を聞く感覚で読むのが良い本かもしれませんね。

    個人的には刺激を受けた一冊になりました。

  • 2012/7/1
    自分の夢の実現に向け、ストイックに行動する点は学ぶべき点である。

    Twitter、Facebookなど一切やっていないが、生活を豊かにする可能性をひめていることは理解できる。
    もう少し考えて、ひょっとしたら、やるかも…

  • こんな生き方アリなのか? というのが第一の感想。

    何処にも属さない。
    特定の場所を持たない。
    ライフログを記録し、生活していくその習慣術。
    どう生活しているんだ、、、と読んだ後でも疑問です。

    一番最初に彼の日常が事細かに紹介され、
    本書の前半は、ブログ・Twitter・交流会などを通じての
    自分自身のブランドアップ術を紹介。
    最後に、読者がどうすればいいのか、
    ブログを通じての指針を示してくれる。

    私は典型的なO型なので
    彼の様な事細かな生活は絶対に不可能ですが(笑)
    人生の記録・ライフログと言う言葉に非常に関心を持ちました。

    「自分自身をブランドにする」言葉自体はよく言われていますが
    この本はそれを具体的に分かりやすく教えてくれます。

    また、ライフログとい言葉自体も前々から知っておりましたが
    あまり興味が湧かず、具体的に何のために何をすればいいのか
    が分かっておりませんでした。
    せいぜい、女子高生やOLが日々携帯写真を
    撮っているくらいのイメージしか(すいません)。

    ライフログ、具体的な施術も分かりました。
    彼の生き方まで真似しろ、は無理かもしれませんが、
    取り入れると人生に変化をもたらすことは違いないかと、
    やってみる価値はあるんじゃないかと感じました。

     

全116件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

月間160万PVを超えるブログ「No Second Life」主宰。プロフェッショナル・ブロガーで作家、人材開発トレーナーやイベントプロデューサー など、複数の肩書きを持ち、多面的に活動するノマドワーカー 。著書に『サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法』(大和書房)など。

「2015年 『WORK SIMPLE(ワーク・シンプル)がんばらずに成果が上がる働き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ノマドワーカーという生き方のその他の作品

立花岳志の作品

ノマドワーカーという生き方を本棚に登録しているひと

ツイートする