読書の技法

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.74
  • (264)
  • (531)
  • (386)
  • (80)
  • (17)
本棚登録 : 3911
レビュー : 523
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492044698

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても真似できないが,得るところは多々あり.
    ・「何をしないか」「何を読まないか」も大切な知の技法のひとつ.
    ・時間が人間にとって最大の制約条件
    ・場所を変えると効率も変わる
    ・細切れ時間をどう活用するか?
    ・完璧主義をすて目的意識を明確にする

  • 結論から言うと一般的なビジネスパーソンが読書術を学びたいという目的には適していないと思う.

    ただし,筆者の文筆には一般的ビジネス図書の方法論を遥かに超えるほどの秀逸と深みを感じさせた.
    冒頭に自分が作者という職業についた理由,またあゆみきた教育履歴からの文化,経済,歴史,政治さらに宗教に関する深い洞見の原因がわかる本だった.

    一般の方が佐藤優さんの熟読は3回論で,速読は良い本を出会わせるための効率的な手法で目的ではないということは実用的なノウハウになるかと…

    ただ,実際に紹介した図書が私のような歴史,政治に詳しくない人にとても難しく,熟読に大量の時間がかかる本で,もうすこし基礎知識をつけてから読もうと言い訳をつけて断念することにしました.

  • 佐藤優氏の読書していかに知識を積み重ねていくかが書いてあり、読書に取り組む姿勢が変化するほどの刺激を受ける本であった。
    佐藤優氏が 「基礎学力がないと知識が積み重ならない。」と言われるが、その言葉に毎回ハッとさせられる。
    読みっぱなしはいけない。本当の知識にならないと痛感した。

  • 作家・元外務省主任分析官、「知の怪物」とも呼ばれる佐藤優氏の読書術についてまとめた本。メインとなるのは第2章の「熟読の技法」。本の3回読み、線引き・書き込み、ノートへの転記とコメントなど、読書の理解を深め記憶に定着させるための技法を具体的に紹介している。また熟読する本をセレクトするための「超速読」、ポイントをすくい取る「速読」の技法や、これらの技法を下支えするための基礎体力としての教科書・参考書の活用についても言及しており、本書に書かれている内容をマスターすれば、さまざまなジャンルの本に対応できるだろう。
    ただし、基本的には著者の経験ベースによる技法である部分が強く、必ずしも万人に受け入れられる方法ではないと思う。

  • 基礎知識がなければ身になる速読はできない。基礎が欠けた速読は単なる指の運動。明文化されるとハッとする。
    途轍もなく読書が速い人への焦りがあったが、彼らは元よりその分野に対する基礎知識があるか、指の運動をしているかのいずれかなのだと捉えると、まず己に欠けた基礎をつけるため熟読を優先させようと方針を明らかにできた。

    読書ノート、この手の本で紹介されるノートはまるでデザイナーが手がけたような美麗なものが多く自分事として捉え難いが、筆者のノートは美しいとは言い難い。こんなもんでいいのか、これならできそうだと意欲がわいてくる。筆者のノートの取り方の感性が自分と近いのも背中を押されるポイントだった(読書用、仕事用、etcなど何冊もノートを分けず一冊にまとめるところなど)。実行・習慣化できて初めて意味を持つのだが。

    しばらくは熟読と読書ノート、高校教科書の復習をやっていきたい。

  • 再読。なんだけどすごく楽しめた。この人のこの系統の本は、読んでいて仕事ができるようになりそうだ、とか頭が良くなりそうだと感じさせてくれる。教養エンタメだね(笑)。目的に応じて、本を読む速さは変わる。それは俺自身、やっていることだけど、目的に応じた速読、熟読の技法など、あれこれ参考になった。もっとも、この本出た当時に読んでるわけだから、その後の今に至る俺の読書に活かされている、ということかもしんないけど。

  • 読書の技法と世界情勢(ロシア情勢)を学べる書物。
    正直、ロシアの話を蛇足と捉える人もいるかも?
    でも筆者が効率良く情報を集める過程の一例なので参考になります

  • 佐藤優著「読書の技法」
    月平均300冊読む著者の多読法の紹介。
    超速読、速読、熟読の3種類の読み方がある。
    超速読は読むべき本を見分けるために5分程度で内容をチェックすること。
    速読は基礎知識がすでにある本をキーワードだけピックアップして脳内インデックスを作ること(知識が必要なときには本を探してもう一度読む)。
    熟読は計算や漢字のように身に付けるために教科書を読むような読み方。ノートに書き写すことを著者は勧めている。

  • 時間は有限。だから読む本を選別すること。
    読まなくていい本に時間をとられないようにすること、が、佐藤氏の読書法の基本線ですね。

    本にランクを付け、読み込み方にも差をつけるという視点が秀逸。

    考え方は、本田直之氏のレバレッジ・リーディングに近いのかもしれないですが、軽薄さが感じられないのは、本人の肉体が物理的に重いからか、それとも本人の人生が重いからか・・・。

    予備校講師のバイトをしていたので実感しますが、プライドが高すぎて、自分が躓いていることを自覚できない類の人間が結構いる。
    本書の言うように、東大・早慶レベルの学生でも。
    そもそも、受験科目に科目選択の余地があるなら、それ以外の科目の知識がごっそり抜けていても、まったくおかしくない、というか、それが戦略的には正しいわけで。

    でも、少なくとも大学受験レベルの知識は、教科の偏りなく持っておけよ、と。

    敢えて言う人がいなかったこの点に激しく同意。

    やっぱりですね。統計がわかってないのに、社会調査とかしちゃいけないと思うんですよ。
    あるいは、それができないから、エスノグラフィックな手法で行きます、とか。逃げでしょう。

    また、ビジネスマンの間で教養がブームです、とか言われる度に何となく違和感を持ったのも、自分では意識していなかったけれども、このあたりにあったのかな、と。

    ベストセラーだからといって、ニーチェの解説本を買うのは良いですけれど、例えば高校の倫理の教科書の内容、アナタ、一通り把握してますか。みたいな。

    とことほど左様に、本書も正論が続くのですが、文字通り実行に移す人は、さほど多くないのではなかろうか、という気も。

    ビジネスマン向けの哲学本が、流行ってきた背景には、ハウツーものの受けが悪くなってきた出版社側の事情もあるのでしょうが、より本質的な本へとターゲット層の関心を移すことに成功したとしても、果たして読者はそれを吸収できているのか、という佐藤氏の危惧とそれに対する処方が、この本の執筆動機かと思われます。

    自身が大学受験レベルの教養講座を受け持つことについては、この本の中でも、自分の仕事ではない、と述べていますが、そういうものが必要だと提言したい、と。

    正しいと思います。

    という流れで、推薦本として、出口の現代文とか、山川の高校教科書とか、そういったものが前面に出てくるわけですけれども。

    問題は、抵抗感なく受け入れられる人がどれほどいるか。

    ビジネス書を読む層が、30代から40代の人間だとすると、団塊ジュニア世代がボリューム層として存在していますが、この世代というのは、激しい受験戦争があった最後の世代。

    まだまだ幻想としての一億総中流と、「勉強をしていい大学に入れば」、という意識が社会を覆っており、どの階層に属していようと、学歴獲得競争への参加を強要された時代。

    受験に対し、全面参加の裏返しとしての愛憎が残る最後の世代でもあるわけです。
    もう少し言うと、この世代にとって受験とは、全面参加であるが故に、そこで問われた中身・技術は、無意味なものとして
    了解されるわけです。敗者への救済のために。

    というわけで、この層の読者。最低限の教養なのだから、と受験参考書を提示されて、大人しくそれを手に取るかなぁと。

    まあ、要らぬ心配でしょうか。
    実際、アマゾンで、この本と一緒によく買われている本として、出口の現代文が上がってましたし。

  • 王様のブランチで売れてる本として紹介されていたし、AMAZONの読書法カテの一位だから読んでみました。
    読書の達人です。
    この本を読んで「自分も同じようにしよう」と思った人は全読者の何%なんでしょう。

    難しかったけど、面白い本でした。共感することも多いです。

    本を読むには基礎知識が必要であり、それを埋めるのに高校レベルの教科書と参考書の活用をすすめています。
    教科書はページや事項に制限があり、教師がいる環境を想定しているので説明不足が許されるのだそうです。
    高校の教科書に記載されている事項で、その内容を正確に理解するためには大学院レベルの知識を必要とするものも多いのだそうです。
    だから私はすっかり落ちこぼれちゃったんだと都合良く納得しました。
    ここに紹介されている参考書、たとえば『NEW出口現代文講義の実況中継』など、読んでみたいと思いました。

    こんなにたくさん本を読んでいるひとだから、漫画の分析もとても面白かったです。
    私なりに、基礎知識をつけながら読書をしていきたいと思いました。

全523件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

1961年東京生まれ。埼玉で高校まで過ごす。同志社大学神学部および神学研究科修士課程修了。外務省にて活躍。鈴木宗男事件に連座して最高裁まで争う。現在は作家。

「2019年 『Ai時代の大学論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

読書の技法のその他の作品

佐藤優の作品

ツイートする