読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.74
  • (243)
  • (485)
  • (354)
  • (73)
  • (16)
本棚登録 : 3451
レビュー : 481
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492044698

作品紹介・あらすじ

月平均300冊、多い月は500冊以上。佐藤流本の読み方を初公開!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 月平均300冊、多い月は500冊以上の「書籍」に目を通されるという、
    元外務省情報分析官・佐藤優さんが、ご自身の読書術についてまとめられた一冊です。

    - 筆者は、本書を通じ、読者に、読書の有用性について訴えたかった。

    貧乏性な私はどうしても、一通り目を通したくなってしまう傾向があるので、
    "超速読"、"速読"、"熟読"の区分がとても興味深く、いい刺激になりました。

    といっても、全てを同じ枠組みにはめて"読む"というわけではなく、
    まずは、自分にとって有益かどうかの区分けをしてはどうか、と仰っているのだと思います。

    - 大雑把に理解・記憶し、「インデックス」をつけて整理する

    まずは「自分にとっての位置付けを判別するための"超速読"」、
    店頭での立ち読みと同じ感覚でしょうか、、ふむふむ。

    その上で「概要だけ抑えればいいとの判断であれば"速読"」、
    問題提起と結論を抑えれば十分な書籍は、こんな感じで。。

    さらに、「自分にとっての「基本書」になるであろう一冊を読み込む際には"熟読"」、
    これはかなりコッテリとした読み方を示唆されていました、、ノート必須。

    ちょうど今年は、学術系の本を読む環境にもあり、とても参考になりました。
    全てをコッテリと読んでいたら、とてもではないですが終わらないので。。

    なお興味深かったのは、そうやってインフォメーションした"情報"について、

    - テーマを決め、週に1回書評の会合を行う

    との形でエクスフォーメーションする事を推奨している点でしょうか。

    これは、同じ一冊の「本」に対する解釈を比較してもいいでしょうし、
    同じテーマ対するアプローチを、様々な「本」を題材に比較しても面白いでしょう。

    また、日々の生活の中で面白いと感じた「本」をただアウトプットするのも楽しいかと。

    いずれにせよ、自分の頭の中でもやっとしているコトなども、
    他者に伝えようと意識することで、整理されていくのだと思います。

    もう一つ印象的であったのが、次の一片にまつわるトピック。

    - 歴史書や哲学書、さらに小説など、意外な本を挙げないとならない。

    なんでも、優れた情報専門家はすべからく読書好きとの事で、雑談していると、
    専門分野とは別の、歴史書や哲学書、小説などの意外な本に興味を持つことが多いそうで。

    さらにはこの意外な本がどこかで仕事につながることもあるとか。。
    本棚で人柄も推し量れたりもするので、そうやって判断材料にしてるんだろうなぁ、、と。

    確かに「座右の書」というものは、その人の心根を投影している気もします。
    今後機会があったら、人間観察の手法の一つにしてみよう。。

    なんにせよ、教養はどこの世界でも大事なんだなぁ、と改めて実感です。
    そんなこんなで読みたくなった本がさらに増えてしまいました。。

     『古典ギリシャ語初歩』
     『想像の共同体』
     『ネイションとエスニシティ』
     『高校世界史B(教科書)』

    リベラル・アーツをきっちりと修めるには、ギリシャ語の素養が無いとダメなのでしょうか。
    ん、英語でさえ四苦八苦している自分にとってはなかなかに高いハードルです、、なんて。

  • 熟読・速読・超速読。
    高校の教科書・参考書で
    体系知のベース作り。

    佐藤優の読書術を語った一冊。

    ポイントは2点。

    ○超速読・速読・熟読を使い分ける。
    1冊5分の超速読、1冊30分の速読で
    読むべき本を仕分け。
    その読むべき本を3回熟読。
    1回目は重要部分、わからない部分に線を引きながら読む。
    2回目はさらに重要な部分を抜粋し、
    ノートに30分でできる範囲で抜き書き。
    3回目は結論を3回読んだ後、通読する。

    ○高校の教科書・参考書で体系知の基礎作り。
    ①世界史
    ・青木裕司 世界史B講義の実況中継
    ・これならわかる!ナビゲーター世界史B

    ②日本史A
    ・現代の日本史A 

    ③政治・経済
    ・詳説 政治・経済

    ④国語
    ・出口汪 現代文講義の実況中継

    ⑤数学
    ・新体系・高校数学の教科書
    ・もう一度 高校数学

  • 読書術の本が好きで、様々な著者の本を読んできたが、その中でも自信を持っておすすめ出来るのが三谷宏治氏の『戦略読書』と本書だ。読書をする、という表面的な手法の話だけでに終始せず、きちんと前段となる学び方や考え方にも言及している。一読すると、佐藤氏が「スゴく頭の回転が速いんだろうな」と驚嘆するはずだ。

  • どのように知識を得たらいいのか。月平均300冊読むという著者の情報の整理術を記した本。各教科の勉強法や、現在の社会問題についてどのように考えているかまで幅広く書かれており、他の速読本とは一線を画す。学生から社会人まで是非おすすめしたい一冊だ。

    著者は、読むべき本を速読で嗅ぎ分けている。本屋で自己啓発やハウツー本をパラパラ一冊数分で見てエッセンスを拾って帰ることを趣味としている私だが、著者はきっとこのような読み方で結構難易度の高い本もある程度理解してしまうのだろう。

    著者は気になった本は全て購入して、読むべき本と読むに値しない本を分けているらしいが、私は本屋で立ち読みして、買うべき本と買うに値しない本を分けている(ちなみに著者は本は全て購入することを奨励している)。本書も立ち読みで済ませようと思ったが、詳しく読みたくなって購入してしまった、私的には「読むに値する本」である。

    本書を読んで、読書のこと以外で気付いたこと。何か成功していると言われている人を近くで観察したり、こうやって本から生活スタイルを見てみると、彼らに共通しているのは体力があることだ。勉強も仕事も遊びも人生は体力がある人の方が、普通の人に比べて数倍の力を発揮できる。著者も凄まじい体力を持った1人。そんな著者の頭の中を覗くことができる、新しい本を引き続き心待ちにしたい。

  • ■読書の3つの技法

    1.超速読
    ・5分の制約を設け、最初と最後、目次以外はひたすらページをめくる。
    ・超速読の目的は、本の仕分け作業と、全体の中であたりをつける。

    2.普通の速読
    ・完璧主義を捨て、目的意識を明確にする。
    ・雑誌の場合は、著者が誰かで判断する。
    ・定期を当てながら1ページ15秒で読む。
    ・重要箇所はシャーペンで印をつけ、ポストイットを貼る。
    ・本の重要部分を1ページ15秒、残りを超速読する。
    ・大雑把に理解・記憶し、インデックスをつけて整理する。

    3.熟読
    ・まず本の真ん中くらいのページを読んでみる。
    ・シャーペン、消しゴム、ノートを用意する。
    ・シャーペンで印をつけながら読む。
    ・本に囲みを作る。
    ・囲み部分をノートに写す
    ・結論部分を3回読み、もう一回通読する。

  • 読書中心の生活、幅広い知識、、、高校生・大学生のころにあこがれた理想の姿。筆者はその何歩も先に行く驚愕の姿だった。
    今は40代前半のビジネスパーソンとなり、かつてあこがれた姿には程遠いところにいるわけだが、それでもヒントは満載であった。
    なまった基礎知識を教科書・学参にもとめる。自分の地力を再構築するには確かに最適であるが、全く気付かなかった。
    読書ノートの取り方。抜き書き、自分の意見を書くことで知識の定着が図れる。
    いかに自分の生活の中に読書を取り入れるか。試行錯誤しながら、自分を高めていきたいと思った。モチベーションが上がった本である。

  • 速読とは熟読するための本を選ぶためにすること。基礎知識がない分野は速読することはできない。基礎知識をつけるために高校レベルの教科書と参考書を利用すること。熟読とは3回は通読することであり、重要なところはノートに書き写すこと。これが本当の知識を身につける方法と腹落ちした。

  • 最近読んだ本の中では、最も刺激を受けた。本とはこう有るべき。

  • 月に平均300百冊読むという佐藤優氏の読書論。「速読は当該分野の基礎知識がないと出来ない」、「基礎知識は高校の教科書をマスターすれば身に付く」「歴史小説で日本史、世界史を勉強してはいけない」など、中々興味深い内容となっている。分からないことがあったらそのままにせず、当該分野の基礎内容や原典にあたるという姿勢が大切だと実感。学習意欲が湧く1冊。

  • 本屋に行って、まず買わない(というか愚書である可能性が極めて高い)本だと僕が思っているのは次の条件に当てはまる本である。

    ①本の著者の写真が帯についている
    ②短期間の間に何冊も出版している

    出版業界もマスコミもそうだが、「・・・が売れる」となると、一気にその「売れ筋」のものが大量に出回る。しかし、本など短期間でそんなに出版できるはずがない。結局、短期間でたくさん出版される本のほとんどが類似した情報、重複した情報がほとんどで、質が全く伴っていない。

    この法則にあてはめれば、勝間和代、茂木健一郎、苫米地なにやら、それからこの本の著者である佐藤優が、僕にとって読むに値しないということになる。

    ま、それでも読んでみようかと思ったのは文春新書『ぼくらの頭脳の鍛え方』(後日書評を書く予定)で少し興味を持ってしまったから、敢えて身銭を切って買ってみました。

    結論からいうと、この本に書いてある事を実践できる人って、ほとんどいないと思います。速読なんてする必要はないし、この著者のいう読書なんて楽しくも何ともない。

    結局「俺ってすごい本読んでるでしょ。頭も良いんです。いろんな本読んだから、こういうことも、ああいうことも何でも知ってますよ」と、間接的な自慢の本です。また著者は、小中高の英語・数学・日本史・世界史・政治経済の科目は理解しておくのが社会人の常識だと主張する。そして古代ギリシャ語等も半年かけて学べという。

    もう、言ってることが無茶苦茶。普通の社会人は働きながら、時間を作り出して必要な知識を得ているわけで、みんながみんな著者のような「インテリジェンス」部門で働いているわけではない。英語・数学・歴史全ての分野に精通していたら、それこそこんな本を読む必要すらない。

    こんな著者の頭脳自慢本を、★二つにしたのはこれからの世界は(本等から得られる)知識が必要となるという主張には、共感をおぼえたからで、多少頷くことも無くはないけど、まあ別に買うまでもない本だと思う。

    やはり、先に挙げた法則は当っていたなぁと思う。この著者の本を買うことは、これから先おそらくないだろうなぁと思いました。

全481件中 1 - 10件を表示

プロフィール

作家・元外務省主任分析官。1960年東京都生まれ。85年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、本省国際情報局分析第一課主任分析官として、対露外交の最前線で活躍。2002年背任と偽計業務妨害罪容疑で東京地検特捜部に逮捕され、512日間勾留される。09年、最高裁で上告棄却、有罪が確定し外務省を失職。05年発表の『国家の罠』で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。翌06年には『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

「2018年 『宗教と生命 シリーズ:激動する世界と宗教』 で使われていた紹介文から引用しています。」

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門のその他の作品

読書の技法 Kindle版 読書の技法 佐藤優

佐藤優の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門を本棚に登録しているひと

ツイートする