京大・鎌田流 一生モノの時間術

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.21
  • (2)
  • (13)
  • (21)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 155
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492045121

作品紹介・あらすじ

頑張らない
考えすぎない
残さず、捨てる

京大理系人気教授が伝授する
「アンチ頑張リズム」の時間戦略

去る者追わず法、入れ物法、ダメもと法、買わずに捨てる法、一事専心法・・・・・・

「時間の勝負」でアウトプットを出す
科学者のシンプルな考え方、働き方

時間をかけて100%を目指すより、できることで80%の結果をすぐに出そう!


「簡単に考えること」「無理をしないこと」
ここに紹介するのはすべて、いたってシンプルで素直な考え方です。
各章を読んで、「面白い!」と思ったところから、ぜひ実践してみてください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で見かけて何となく借りてみた。時間術の本を読むのは久しぶりだ。
    プロローグによると、著者が多忙な日々の中で実践している時間術は科学者特有の仕事術に根ざしたものらしいので、それを当たり前だと思っていたけれど、文系の人には新鮮なのかもしれない、というところから本書の執筆が始まったようだ。
    自分も理系出身で元エンジニアだからか、それとも社会人になってから何冊も読んできた時間術の本が身に付いていたからか、本書の内容はやはり「当たり前」のものばかりだった。(とはいえ、文章が読みやすかったためついつい頁をめくってしまったが。)
    ただ、学んだことではなく、自分で考えて工夫して実践してきたことも本文に含まれていたので、同じことを考える人は他にもいるんだなという安心感を得られた。

    他にも(著者が強調したかった点ではないだろうが)個人的に刺さったのは以下の点:
    ・美術展の情報を仕入れたら、すぐにチケットを手配する……前売り券には「割引がある、当日券を求める列に並ぶロスが省ける」という時間的&経済的メリットがあるとのことだがそれは当たり前のことで。自分の場合、情報を見つけて「行きたいな」と思っても結局行けずじまい、ということが多いので、さっさとチケットを入手しておけば必ず行くようになるだろう。
    ・独創的な仕事は規則正しい生活から生まれる……公私両面でクリエイティブな仕事をしたいと思いつつ、不規則な生活を送っているので。
    ・砂時計を活用して集中する……時々、スマホでタイマーをセットして作業に没頭したりもするけれど、砂時計を買った方がいいのかもしれない。

  • -

  • ①みんなでやる
    ②パートナーをたくさん増やそう
    ③そのために発信しなきゃ

  • 鎌田氏が如何にユニークな学者さんであっても、やはり、ごく普通の会社勤めの実経験がないわけですから、私のようなごく普通の勤め人が心から共感できるような仕事上のTipsを次々に提示できるはずもありません。とはいえ、オフの時間の過ごし方については、改めて省みる気付きがありました。

  • 【No.146】「適当なところで手を打つ精神。完璧主義に陥らない」「明日の予定は明確に、未来の予定は漠然と」「何か一つの大きな仕事が始まる際には、シリーズ化を見越した準備に手を打っておくのが肝心。当然のことだが、ネタが尽きてしまったら、後が続かなくなる」「エクセルで詳細な表を作ったり、パワーポイントで動画を挿入したり、見せ方の工夫はいくらでもできるが、たいていはかけただけの時間に見合う効果は得られていない」「コーヒー1杯で長時間仕事をするのは、お店にとっても迷惑な行為。誰かに迷惑をかけている時点で、どんなに内容的に素晴らしいものであっても、その仕事の価値は半減してしまう」「高い質は、しばしば量によって支えられるもの。そして量を産むためには、とりもなおさず規則正しい生活を実践する必要がある。判で押したような健康的な生活こそが理想」

  • 時間はお金に優先する!!

  • 【推薦文】
    この本で教えているのは「簡単に考えること」と「無理をしないこと」です。シンプルな考え方を毎日着実に実践すれば、大きな結果につながります!毎日5分でもいいので、試してみましょう!
    (推薦者:知能システム科学専攻 M2)

    【配架場所】
    すずかけ台: 3F-一般図書 159/Ka

  • 色々な手法を平易な文章で紹介していて実践できそうな気にさせてくれる。

  • 中身はインパクトに欠けるが、パラパラと読めた。

  • 参考になる。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年東京都生まれ。1979年東京大学理学部地学科卒業。通産省地質調査所、米国内務省カスケード火山観測所を経て、1997年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士。専門は火山学・地球科学。京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。著書に、『理科系の読書術』『地球の歴史』(以上、中公新書)、『世界がわかる理系の名著』(文春新書)、『火山噴火』(岩波新書)、 『京大人気講義 生き抜くための地震学』(ちくま新書)、『地球とは何か』(サイエンス・アイ新書)など多数。

「2020年 『理学博士の本棚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

京大・鎌田流 一生モノの時間術のその他の作品

鎌田浩毅の作品

京大・鎌田流 一生モノの時間術を本棚に登録しているひと

ツイートする