Evernote仕事術

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.05
  • (3)
  • (16)
  • (25)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 270
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492045640

作品紹介・あらすじ

Evernoteをノートのように使いこなして、
仕事のワークフローをシステム化。
ストレスフリーで快適に仕事をする方法教えます!

達人たちのノウハウを満載!
倉下忠憲さん Evernoteアンバサダーとしてノートブック、ノート、タグ、リマインダーに倉下流使用法
濱中省吾さん タスクのすべてが収められているEvernoteはアイデアの「倉庫」
五藤隆介さん ドキュメントスキャナーとEvernoteにあらゆるものを取り込む記録の達人
海老名久美さん 仕事で使う資料を綺麗にきちんと集中させたいからEvernoteのWebクリップ
中島紳さん Evernote Businessで仕事とプライベートを分けアプリでタスク連携
宮さやかさん アイデアとログをEvernoteで一元管理してシステム開発に活用
横井菜穂美さん EvernoteとAwesome Noteとの組み合わせで信頼できるデータベース作り
とゆさん 仕事とプライベートの「ペルソナ」ごとにIN-BOXを使い分け
大橋悦夫さん アイデア、レファレンス、ログの中で、ログを「タグ」で徹底管理

Evernote活用10の原則
1.IN-BOXをゼロにするように整理する
2.プロジェクト=スタックを作る
3.ノートブックごとに散らばったノートをまとめたいときには「タグ」を使う
4.あらゆる記録が自動的にEvernoteに集まるように設定する
5.よく使うファイルはEvernoteに入れてしまう
6.タスクを管理せず、資料を管理する
7.仕事の資料をワンタッチで呼び出せるようにしておく
8.「これは何に使うのか?」に答えてくれるのがノートブック
9.単層式タグを使う
10.Evernoteはアイデアを生き長らえさせるために使う

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • p108の原則。patheverみたいな移動記録。タスクは別管理。ノートのリマインダーは少量に。リメンバーザミルク?todoと連携。ノートブック名は、「これは何のためのものか」を示す。+状況評価、*関係性、~情報の出どころタイプをタグにする。タグの種類ごとに同じ接頭詞をつける。
    inboxを作る。いったん入れてそこから。
    ノートブック名はプロジェクト名と日付。
    チェックリストをエバーノートに。日ごと見直し+週振り返り。できない。そもそも難しい>チャンクダウン。時間帯が悪い>移動。p180表+チェックリストのつくり方。
    すべてのノート+更新日付で検索する。
    何故そのプロジェクトを始めたかを書いておく。

  • 整理方法のアイデアが参考になった。
    以下まとめ
    Feedly Pocketの連動でWebクリップを収集する
    写真に書き込む人が多い人はskitch
    プロジェクトごとにスタックを分ける
    アイデアとレファレンスとログ
    . + のようなサブ記号を使い、システマチックに分類
    GTD Getting Things Done 週間チェック表
    収集するー厳選したアイデアータスク化ー実行
    最終的に自分の考えを育てるためのノート
    これは何のためのアイデアが?と自問しながら整理すると良い

  • 荵?@縺カ繧翫?Evernote繝?け繝九ャ繧ッ譛ャ縲
    謨ー蟷エ縺カ繧翫↓縺薙?謇九?譛ャ繧定ェュ繧薙〒縺ソ繧九→縲√ユ繧ッ繝九ャ繧ッ逧?↑縺薙→縺後□縺??謨エ逅?&繧後※縺阪◆縺ェ縺」縺ヲ諢溘§縺?縲
    蜒輔b髣?峇縺ォEvernote縺ォ譬シ邏阪@縺セ縺上▲縺ヲ縺?k縺ョ縺ァ縺昴m縺昴m謨エ逅?@繧医≧縺九↑繝サ繝サ繝サ縺」縺ヲ縲∝ソ?ヲ√r諢溘§縺ェ縺?°繧画紛逅?@縺ヲ縺?↑縺?s縺?縺代←縲
    縺ィ縺ッ縺?∴Evernote縺ッ謨エ逅?○縺壹→繧ゅ?後←縺」縺九↓譬シ邏阪@縺ヲ縺?k縲阪▲縺ヲ螳牙ソ?─縺九i邏吶?繝シ繧ケ縺ョ繧ゅ?繧呈?シ邏阪@縺ヲ謐ィ縺ヲ繧峨l繧九▲縺ヲ蜉ケ閭ス縺悟、ァ縺阪>繧薙□縺代←縺ュ縲
    縺ィ縺?≧縺薙→縺ァ縲√%縺ョ譛ャ閾ェ菴薙?笘?縺、縺九↑縲

  • 会社に持っていったら、隣席の法務新人に、「漫画ですか?」と言われた。衝撃的な?表紙ではある。ジャケ買いしそうな?が、著者買いである。

  • Evernote の使い方に迷っている。そんな人に達人からのヒントが得られる、そんな存在です。

  • 2015年 64冊目です。

    自分もEvernoteを使ってますが、まだまだ使いこなせていません。
    Evernoteの使い方本ですが、最初に達人達の使い方事例の紹介。
    なるほど、使う人はちゃんと使って効果を上げているんだなと。
    後半は便利に使うための具体的なやり方を紹介しています。

    初めて使う人よりはちょっと使ってみて、もっとうまく使いたいを思っている方におすすめの一冊です。

  • -

  • 献本にて頂く。

  • エバーノートをこれから使おうとする人には何を書いてるかさっぱりわからない。

  • 他の人がevernoteをどう使っているかアイデアの紹介本。他の人のノートを見るのも楽しいが、IT技術をどう使いこなしているのかを眺めるのも楽しい。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。
1973年北海道旭川市生まれ。97年獨協大学卒業後、ドコモサービスで働く。2001年アヴィラ大学心理学科に留学。
同大学卒業後、04年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年に帰国。
帰国後は「効率化」と「心理学」を掛け合わせた「ライフハック心理学」を探求。執筆や講演を行う。
著書に、ベストセラーとなったハックシリーズ『スピードハックス』『チームハックス』(日本実業出版社)のほかに『先送りせずにすぐやる人に変わる方法』(中経出版)『一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方』(ソーテック社)など。また、共著に『iPhone情報整理術』(技術評論社)がある。
「シゴタノ!-仕事を楽しくする研究日誌」にて連載中。

「2018年 『やめられなくなる、小さな習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木正悟の作品

Evernote仕事術を本棚に登録しているひと

ツイートする