仕事文具

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.33
  • (3)
  • (17)
  • (23)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 261
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492045886

作品紹介・あらすじ

仕事の創造性を高め、あなたのパフォーマンスをアップさせる!
ロングセラーから最新の文具まで。ビジネスシーンで実際に使われることを切り口に、数多くのカラー写真とともに、あまり知られていないツールや、ひと味違った使い方などを紹介。取り上げるのは全235アイテム。アイディア発想やプレゼン、スケジュールや名刺の管理など、それぞれの仕事のシーンごとに厳選したアイテムの蘊蓄から具体的な使い方までを詳しく説明します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白くないとはいわないけれど、もう少しベクトルが絞れていればなぁという感じでした。
    文具については、雑誌とかムックで新製品が良く紹介されるので、製品紹介をこの値段で出されてもってところです。
    もっと具体的に仕事でどう使うかというところが紹介されていれば良かったんですけど。

  • 見慣れない文具って見ているだけで楽しい。

  • もう使ったことのあるものや、目新しいものまで文房具好きの心をくすぐる一冊。ペン立ては目から鱗だった。立てても横に置いても使えそうだし、化粧品入れにも良さそう。

  • 仕事で使える文房具を紹介している。
    知らない文房具が多く楽しかった。

  • 完全に趣味に走っている物もあり。まあ、これだけ買っちゃうと普通の人は散らかって終わりだろうな。考えてから買わないと。(笑)

  • 文具を持つのは趣味であって、実用性とかコスパとかじゃない、ってことをよく考えて読むべし。

  • 文房具が好きだ。文房具を見てるだけでテンションが上がる。
    大きな画像でしっかり商品が紹介されていて、本というよりカタログに近い。それでも何回も読み返しちゃう。なんで文房具ってこんなワクワクするんだろう…。

  • 仕事に役立つ文具に絞って掲載されたものはどれも著者のこだわりが感じられる一冊です

  • 安物ですが、鉛筆利用者なのです。なので、取り上げられていて嬉しいのです。

  • ちょこちょこ気になる文具があった。文具を使いこなせるとかっこいいだろうな。

全16件中 1 - 10件を表示

プロフィール

ステーショナリーディレクター、文具コンサルタント。
文具の展示会「ISOT」の事務局を経て、土橋正事務所を設立。
国内・海外の文具メーカーを対象に商品企画やPRのコンサルティング、ショップを対象に文具売り場のプロデュースを行っている。
文具ウェブマガジン(pen-info.jp)では、文具コラムをはじめ、海外の文具展示会レポートなど様々な情報発信を行っている。 新聞、雑誌などの文具特集にも多数参画している。
著書に「モノが少ないと快適に働ける」(東洋経済新報社)、「文具上手」「文具の流儀 ロングセラーとなりえた哲学」「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」(いずれも東京書籍)、「やっぱり欲しい文房具」(技術評論社)、共著に「ステーショナリー ハック!」(マガジンハウス)がある。

「2017年 『暮らしの文房具』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仕事文具のその他の作品

仕事文具 Kindle版 仕事文具 土橋正

土橋正の作品

仕事文具を本棚に登録しているひと

ツイートする