僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

著者 : 池上彰 佐藤優
  • 東洋経済新報社 (2016年12月16日発売)
3.95
  • (113)
  • (175)
  • (102)
  • (13)
  • (2)
  • 本棚登録 :1446
  • レビュー :171
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492045916

作品紹介

【遂に出た!2人が毎日やっている「最強の読み方」最新の全スキルが1冊に!】 
【予約殺到!事前注文多数!発売前から、もう7万部突破!】

★池上彰氏、佐藤優氏は毎日「何を」「どう」読んでいるのか?
★どうすれば、彼らのように「自分の力で世の中を読み解ける」のか?
★「新聞1紙5分」「月平均300冊の読書」はどうすれば可能か?
★「スマホ」「アイパッド」「新聞電子版」「dマガジン」はどう使いこなすか?

■2人の「アイフォン&アイパッド画面」もカラー写真で公開(巻頭カラー16ページ)
■「研究室」「仕事場の本棚」「仕事アイテム」「愛用グッズ」の写真も完全公開

「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」をどう読めばいいのか?
そこから「知識と教養」をいっきに身につける秘訣とは?

みんなが知りたかった「2人の知の源泉」が、いま明らかに!

《本書の5大特色》
【1】2人の「読み方の最新全スキル」が1冊に
■これだけ読めば、全ノウハウがわかる

【2】「普通の人ができる方法」をやさしく具体的に解説
■今日からできる!これなら続けられる!「超実践的な技法」を紹介

【3】「重要ポイント」がひと目でわかり、読みやすく、記憶にも残る
■「70の極意+総まとめ」「重要箇所は色付き」だから、わかりやすく、読んだら忘れない

【4】とにかく内容が具体的――「おすすめサイト全一覧」から「新聞・雑誌リスト」「おすすめ本」まで紹介
■「何を、どう読めばいいの?」知りたい情報・答えが、すべてこの1冊に

【5】2人の仕事グッズも完全公開!見るだけで参考になる!
■「巻末カラー」16ページ!「特別付録」は3つも収録! 巻末では「人から情報を得る技法」まで解説! ここだけでも面白すぎる!

「知の源泉」をここまで公開したのは本書が初!
2人の「共通点」と「違い」が面白い!

この本で、自分なりの「最強の読み方」を身につけよう!

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「池上彰×佐藤優」の対談本は欠かさず読んでいるが、今までとは異色の、howto系の本である。

    情報の得方や咀嚼方法がこなれ、かつ、一般の人にも実践できる体で書かれており、非常にお勧めできる内容となっている。特に、ネットや雑誌の活用方法は今まであまり語られることが多くなかったので、ここだけでも参考になる。

    これらの本は実践しなければ意味がないので、さっそくできるところから行ってみることにする。

  • 身銭切ったのに積ん読にしてしまう私は
    図書館で期限に縛られて頑張る傾向にある気がしてる(^◇^;)

    見出しに目を通すだけでもいいなら
    見るニュースを増やすことができそう!

    「失敗の本質」は前から気になってたので今度読んでみよう。
    「組織の不条理」も気になる。

    外務省サイトの外交歴史や日本との関係、ハフィントンポスト、ニューズウィーク日本版、learning EnglishのWorld In the newsは今度読んチェックしてみる。

    クラウドには保存するに値する情報かどうかきちんと吟味、精査する。そしてきちんと目を通して頭の中に叩き込んでからってのは耳が痛いですね(^◇^;)一回全部捨てようかな…とりあえず保存は卒業します。

    基礎知識を浸透させるのは本当に大変。だけどやっぱりここを頑張らないとですね。

    たしかにタネ本ってあるなぁ。すでに読んじゃってることが多いから気にしてなかったけど、そこを抑える意識をこれからしてみよう。
    関連本より内容薄かったらやめる、はじめにとおわりには読むはやってるなぁ。時間もったいないもんね。でも読むの本当にやめていいかな?というのをおわりにで判断している。
    真ん中部分を見れば本の実力がわかるというのは目から鱗だった。

    ファンダメンタリスト 根本主義者

    古典知らずに国を語るな、論理的な思考力を身につけるために難解な本と格闘する、なるほど。精神現象学、存在と時間、善の研究、チェックしてみよう。

    通俗化の良書⇨阿刀田高、分かりやすい表現の技術、分かりやすい説明の技術、講談社ブルーバックス

    裏紙挟んでメモに使うのめっちゃやる!!
    私はそれをブクログに写してたんだけど、そのメモファイリングするだけでよかったのか笑

    京大式カード

    本の内容を反芻するのを怠ると記憶の定着が少なくなっちゃって何だっけ?ってなっちゃうんだよね…反省です。

    読もうと思って忘れてた本
    ⇨カラマーゾフの兄弟

    質のいいミステリーを読んで騙されて、再読して伏線を回収するのはだまされない訓練となる。心理描写や社会の仕組みの勉強にも。松本清張。ダヴィンチコード。

    土台をしっかり。誰かに質問されて答えられる使える知識に。小学生の教科書で基礎知識は大体揃う。

    気になったもの
    ⇨システム英単語、総合英語forest、スタディサプリ

    今新人なので食事には顔を出し、初々しく質問しまくってます笑 教えてくれる人を見つけてべったり中笑
    時間が惜しい時は切っちゃうこともあるんだけど、なるべく何度目かの話でもちゃんと聞くようにしてたんだけど、それで良かったぽいね笑

    欲しい情報は他所から聞き出す。なるほどね。

    アフターフォロー⇨信頼⇨紹介

    猖獗 しょうけつ

  • 「知の巨人」佐藤優さんと「解説のプロ」池上彰さんによる共著。とても具体的でわかりやすく、かつ忙しいいビジネスパーソンにも配慮して意見を述べてくれている。本屋に行けばこの2人の本だらけ。。。理由がわかった気がする。

  • 2著者の知的活動の極意がつまっている。素人が真似できる意識、習慣も多い。

  • 年始休みにバローの本屋で見つけて即買いしました。
    色々情報が溢れる中で、どのソースを利用するのが良いのか?わからず、新聞・ネット・書籍・雑誌のいずれも中途半端な情報収集になってたからです。
    本書を読んで、新年早々下記を実践していきたいです。
    ・新聞を読む時間を確保する
    ・一紙に頼るのではなく、政治的ポジションが異なるソース、海外のソースといった異なるポートフォリオを構成する
    ・スマホだネットだといってるが、所詮2次or3次がニュースの殆どであり、全て新聞や書籍から来ている
    ・情報は新聞から、知識は書籍から得る
    ・読書量を積むためには、酒を飲む時間はない

    お二人が実践されている目的論、方法論なので説得力あります。

  • これは良著。
    新聞、雑誌、ネット、書籍、教科書・学習参考書の読み方、使い方について記載されている。
    「本の情報は安い」「迷ったら買う」のはよく分かるのだが、置き場所を食うし保管の手間が掛かるので躊躇ってしまう。
    貧乏性で隅から隅まで読んでしまう癖があるので、改めようと思う。時間は貴重だから。
    ネットは非常に効率が悪いというのは正にその通りだと思う。ほぼ時間の無駄だと思うので距離を置くようにしている。ネットを見る時間で本を読んだ方が絶対に良い。

  • 新聞は2紙読め

  • 正直この2人はストイック過ぎて真似できないとこも多いです。
    情報がすぐに手に入る現代にどう情報を得るか、どう処理すればいいかを日本の情報トップの2人が解説してます。
    まず2人共何を使って情報を得てるのかは新聞です。
    池上氏は紙の新聞。佐藤氏はタブレットで新聞を読んでます。
    時間は朝の20分で気になるタイトルの記事に印をつけ、夜の1時間でその記事をじっくり読む。
    理解できないことはその分野の本を読んで理解できるようにするという流れのようです。
    新聞も1社じゃダメみたいです。
    最低2社以上読まないと新聞会社によって取り上げる記事やひいきに書く記事があり、情報が偏ってしまいます。
    この2人は6社くらい読んでるみたいです。w
    もちろんこの2人は情報が仕事みたいなものなので、ここまでできるかもしれないですが一般人の諸事情も配慮して話してるのでわかりやすかったです。
    本何を読めばいいの?という人はまず新聞を読むのがよさそうですね。
    新聞読んでわからないことは本を読む。
    この本わかりやすかった。
    池上さんさすが。

  • 面白い…と同時にあぁ…と自身の力なさを痛感してしまう。それが仕事の彼らと比較することが間違っているのでしょうけど。一般のビジネスパーソンはツラいですね(笑)。
    ネット断ちは本当にそう思う。いや、便利だし役に立つことも多いのだけど非効率極まりない。池上氏、佐藤氏でも誘惑に負けるのだから。況してやSNSやスマホゲームなんて…。
    教科書、参考書は確かに今になって気になる。佐藤氏企画・編集・解説の「いっきに学び直す…」シリーズはまだ読み切れていないので、今度いっきに…!
    読まなきゃいけない本がまた増えましたね(笑)。

  • 「自分なり」の読み方が、今の日本でどの程度「競争力があるか」を想像するためによい本、と思います。

    主にシニア世代の人からは、新聞を読め、辞書を引け、週刊誌も読め、飲みにケーションも大事にしろ、とお説教されることが多いものです。
    反面、若い世代を見れば、ネット情報を眺めるだけで「自分しか知らない情報」を得ているような顔をしている人が目につきます。

    どちらも「自分なり」を改善するお手本にならないので、現状、「巨人」とされているお二人の意見は必ず参考になるでしょう。

    一方で、新しいメディアとのつきあい方、考え方はどうしても保守的なので、その部分はもっと弾力的に貪欲に「自分なり」を発動していかないと、置いていかれるかもしれません。

全171件中 1 - 10件を表示

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意のその他の作品

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
宮下 奈都
瀧本 哲史
三谷 宏治
西 加奈子
恩田 陸
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意はこんな本です

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意を本棚に登録しているひと

ツイートする