最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓

  • 東洋経済新報社
3.48
  • (44)
  • (124)
  • (116)
  • (35)
  • (9)
本棚登録 : 1377
レビュー : 141
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492045930

作品紹介・あらすじ

★学歴、頭のIQと仕事能力は関係ない! コレができなければ永遠に二流!

★一流のリーダーと、単なる二流のエリートを分ける「仕事のIQ」を高めよ
――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ「最重要スキル+習慣+考え方」77カ条!

★新人からベテランまで、すべての段階で差をつける「最強の働き方」を完全体系化
――普通の人でも天才・エリートに勝てる、誰でも実践できる「仕事の教科書」

【著者紹介】「東洋経済オンライン」超人気コラムニスト「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏が2年半かけて完全書き下ろし!
・プライベートエクイティ×公開株資産運用×投資銀行×コンサルティングで働き、海外トップMBAで学んだ知見と約20年の経験を1冊に凝縮
・「東洋経済オンライン」空前の超人気連載、年間3000万PV「グローバルエリートは見た!」の著者が世界中で書き綴った、渾身の1冊
・著作2冊『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』『一流の育て方』は合計21万部の大ベストセラー!
・ビジネス書嫌いの著者が贈る「ビジネス書×文芸書×エンターテインメント」の画期的融合

《本書の7大特色》
【1】世界中の上司に怒られた教訓を1冊に
・脱「上から目線のマッキンゼー・ビジネス書」――世界中の上司に怒られ、反省していることをまとめた1冊

【2】凄すぎる部下・同僚に学んだこと
・上司よりも、部下・同僚のほうが凄かった!優秀すぎる部下・同僚に学んだ最重要スキル+習慣+考え方

【3】「雲の上の理想」ではなく「坂の上の現実」
・浮世離れした精神論ではなく、新入社員から管理職・リーダーまで、キャリア段階別の実践的な成長方法

【4】汎用性が高く、誰にでもすぐ実践できる
・特殊な能力や学歴は一切不要!――マッキンゼー・ゴールドマンだろうが、地方の中小企業・役所だろうが、誰でも行動できる「超実践的」具体論

【5】優先順位の高い基本を、論理的・構造的に体系化
・奇をてらった目新しい小手先のテクニックではなく、優先順位の高い本質を1冊に凝縮
・普遍的で、何十年も使い続けられる「働き方の教科書」決定版

【6】レベルは高いが、敷居は低い――「ビジネス書×文芸書×エンターテインメント」の画期的融合!
・超一級の文芸書並みの表現力と、刺激的な文章!内容は深いのに、気軽に読めて爆笑が止まらない

【7】大切な人に贈りたい、ビジネス研修決定版
・上司が部下に教えたいこと、部下が上司に伝えたいことが1冊に凝縮!
・新入社員からベテラン、社会人から学生まで、年齢・性別を問わず、幅広い対象読者層

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても読みやすい。タイトルと内容は少々アンマッチであり、どちらかというとベースを引き上げるために読む本。働き方の基盤作りという感じだろうか。

  • 自分が得意なこと、やりたいこと、はどちらも明確に分かっている。ただそれをどう仕事として成立させていくか、どうやって自分で仕事を創り出していくか、というところがいまだ不明確ではっきりしないのが問題。このままだと、上から降ってくる仕事をただ淡々とこなしているだけのサラリーマン人生になってしまう。仕事を自分でつくり出すことについて真剣に考えなければならない、それこそが今の自分の課題だと強く認識した。
    それ以外は一般的なよく聞く話だが、読み物としてとてもおもしろく楽しいひとときだった。

  • 巷に溢れるキャリア関係の本と比較して真新しいことは書かれていないものの、世界中の友人や偉い人の言葉が散りばめられており、キャリアに関する悩みは世界のどこでも共通していることを再確認できる。
    好きなこととできること、社会から要請されることの交わる領域を天職とするべし。
    エクストラ・ワンマイルの工夫をすることが、一流と二流を分ける。
    この人の下で働けば数年後には市場から引っ張りだこになる、と思われるくらいに、上司は部下の成長を考えるべき。

  • しゃべり口調が面白い。挿絵も印象的で読んで記憶に残り行動に移すための仕掛けが考えられている。

  • 最初のこの本がどんなに素晴らしいか書いてあるくだりは、正直引いた。そんなこと書くぐらいだったら、さっさと始めろよと。
    でも、実例を、面白おかしくたとえでまとめるあたり、印象に残りやすいし、なんとなくわかった気になる。
    実践できるかどうかは読んだ人次第というところは、他の啓発本と同じ。
    でも、少しやる気にするところが良いかな。
    読んだ後は、再びまとめの部分を読み返すのが吉。

  • 冒頭で「この本は素晴らしい!」と言っているが、著者自身が言うほどではないかな、というのが第一感。

    ただ、仕事の基本が上手くまとめられていた。

  • この本の一番面白いのは
    二流のエリート
    のところやと思ってるのは僕だけではあるまいて(笑)
    二流のエリートのやりがちなことはホンマに自分も無意識でやってそうで怖い…
    とにかく整理整頓して次の人がわかるように引き継がないと何を言われるか分からんですよσ^_^;

    部下の価値を上げる
    これが出来ないと出世はないんやろなと
    僕と仕事したらエエことあるってみんなに思われるように頑張りますd(^_^o)

  • よくまとまっていて読みやすい。

  • ビジネスブックマラソンから転載。

    【世界のエリートに勝つ仕事術】


    土井が独立前に勤めていたアマゾンは、世界中のエリートが集まる、とんでもない職場でした。
    ハーバードやスタンフォードは当たり前、実務経験でも、マッキンゼーやアクセンチュアの出身者がゴロゴロいる、精鋭揃いの職場でした。
    特に、立ち上げ時は、やる気のあるのが集まってきますから、意欲も高い。
    在籍中、世界のアマゾンのトップ2.5%に入る成績を取ったことがありますが、今でもよく取れたものだと思います。
    エリート集団のなかで勝つには、目的意識と切れない集中力が重要。プラス、きっちり仕事術の基本を押さえることです。
    本日ご紹介する一冊は、まさにこの世界のエリートに勝つための働き方を、外資系金融機関、コンサルティングファームの出身者がまとめた一冊。
    著者は、ご存知、これまで2冊のベストセラーを持つ、ムーギー・キムさんです。
    これまでにも氏の本は読んでいますが、結論からいうと、本書が最高傑作です。
    文章の力強さ、ユーモア、そして本質を突いた内容は、ぜひ読んでいただきたいと思います。
    世界のエリートはどんな働き方をしているのか。
    さっそく、気になるポイントを見て行きましょう。
    ———————————————–
    誰かに会ったあとの「お会いできて光栄です」メールも、相手が送ってくる前にこちらから先制攻撃で送るのが基本だ。「お礼の賞味期限は短い」とは、よくいったものである
    「文章を短くすることへのこだわり」は仕事能力を大きく左右する
    仕事ができて信頼される人というのは、「この人に任せておけば、言ったことは正確に理解され、漏れなく実行してもらえる」という安心感を与えるものだ。伝説の経営者、ジャック・ウェルチが語る経営の基本は、情報の徹底した共有と、やると言ったことを実行することだが、議論が共有され、実行されるという安心感の基本にあるのが、「この人は聞き逃さず、きちんとメモをとっている」と思わせるメモとり力である
    一流のメモは常にピラミッド構造
    某Gで始まる世界的多国籍企業でも幹部養成トレーニングに「Executive Presence(重役っぽい雰囲気)の出し方」というセッションがあるが、そこでするのが何を隠そう、「落ち着いた声でゆっくりと自信満々に話す特訓」なのである
    会話でいちばん大切な基本は、まずもって相手の関心事を聴き出し、信頼関係を構築することだ。いまさら当たり前すぎて恐縮だが、相手のニーズを理解しないで進める話は、もはや完全な独り言で、コミュニケーションでも何でもないのである
    完璧なMECEよりも、感情を揺さぶる熱い魂を
    一流の人は自分自身にとってだけでなく、誰にとっても使いやすいように整理し、チーム全体の生産性を上げる
    自分に合ったいいものを長い間愛用するというのは、長期的な人間関係を大切にする一流の人に共通する行動パターン
    たかだか100円程度の差であろうと、「納得できない金は絶対に払わない」
    結局、収入の面でもやりがいの面でも若くして大成功と呼べるほど大稼ぎをしているのは、ほかの人が動く前に「アーリームーバー」としてリスクをとって飛び込んだ人たちである
    会社に「レガシー」を残す
    ひと肌脱ぎたくなるのは、「自分の面倒を見てくれた」という世話好きで面倒見のいい人
    部下を引き連れて辞められる人が大成する

  • 著者が数多くのビジネスパーソンから説教や激励をもとに、読者の段階に合わせた章構成で記された一冊。
    異本的なスキルから心構えまであるため、自分の段階に合わせて読むことができ、必要な部分だけでも抽出できるようになっており、著者の意図のとおりの内容です。

    基本的なことも多くあるので、社会人なりたての人が成長に合わせて読んでいけるといいかもしれません。

    学歴などがいいだけでなく、仕事ができるようになるためにはどうすべきか、改めて振り返ることができます。


    ▼頭脳が極めて優秀で仕事の基本もできていて生活習慣も整っているのに、一流のビジネスパーソンとして出世しない人の最大の特徴は「主体的なマインドセットの弱さ」
    ・主体的な心構え:「企業家精神(アントレプレナーシップ)」と「目線を高める」の2つ

    ▼自己実現への道
    ー「やりたいこと」×「できること」×「社会に要請されること」
    ・自分のモチベーションの源泉と「働く理由」に対する深い自己認識が、自己実現できるキャリアを持つための重要な基本

    ▼リーダーの役割はプレーヤーと異なり、ビジョンを示して、それを実現する「仕組み」をつくること

    ▼「自分の仕事よりも大切なことは何か」という自問は、過去のキャリアにとらわれずに自分に大切なことを追い求めるうえで、はずせない基本

    ▼人生は苦難に満ち溢れているいるのが基本形だ。しかしそれでも、私たちは数多くの機会に恵まれている。それでいて人生は極めて短く、この一瞬の花火を美しく輝かせずに後ろ向きでネガティブなことに時間を浪費していては、あまりにもったいない


    <目次>
    はじめに
    第1章 一流への道は一流の基本から――知らない秘策より、知っている基本の完成度
    第2章 一流の自己管理――一流への道は生活習慣から
    第3章 一流の心構え(マインドセット)――一流と二流の間にあるもの
    第4章 一流のリーダーシップ――まわりから支えられる人はココが違う
    第5章 一流の自己実現――自分を知り、自分を自由にする
    おわりに

全141件中 1 - 10件を表示

プロフィール

慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA(経営学修士)を取得。卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門、外資系コンサルティングファーム、外資資産運用会社での投資アナリストを歴任した後、香港に移り、アジア一帯のプライベートエクイティファンド投資に従事。フランス、シンガポール、中国での留学を経て、大手バイアウトファンドに勤務。現在はシンガポールを拠点に、世界中のベンチャー企業の投資・支援を行なっている。英語・中国語・韓国語・日本語を操る。日本で最も影響力のあるベストセラー・ビジネス作家としても知られ、著書『世界中のエリートの働き方を一冊にまとめてみた』『最強の働き方』(ともに東洋経済新報社)、『一流の育て方』(ダイヤモンド社)はすべてベストセラーとなり、6カ国語で展開、50万部を突破している。日本最大級のビジネスオンラインメディア、東洋経済オンラインでの人気連載は、合計8000万PVを獲得するなど、圧倒的な人気を誇り、国内でもメディア、企業向けに多数の講演をこなしている。

「2018年 『世界レベルの名医の「本音」を全部まとめてみた 最強の健康法 病気にならない最先端科学編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓のその他の作品

ムーギー・キムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
リンダ グラット...
伊賀 泰代
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印

最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓を本棚に登録しているひと

ツイートする