魂の退社

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.64
  • (50)
  • (83)
  • (102)
  • (12)
  • (5)
本棚登録 : 837
レビュー : 121
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492045947

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本では会社がかなり国の雑事を請け負っているから、会社に所属していないというのは、大変なんだね。

    経済的にも精神的にも依存から自立へ。
    独りで暮らすにはどうすれば良いのか教えてもらえる。
    色々、頷きながら読んでしまった。

  • ・元大手新聞社に新卒〜50歳まで勤務
    ・本流ではないデスクで頑張るも島流し(高松)
    ・金欲生活から無欲生活へ
    ・会社生活を手放して、気づいた会社国家

    最近、気になって読んだ本。思いついて会社を辞めた訳ではなく、色々な経験の蓄積と試行錯誤があって辞めたんだなと。元新聞記者なだけに文体がとっても読みやすくて、さっと読めた。

    日本て本当に会社国家だよなーと。改めて思った。

    ただ、人脈とか貯金とか健康とかに自信ないと、完全に退社って難しいなあ。自分の健康が危なくなった時、自分に介護が必要になってしまった時、国としてのセーフティネットが足りない気がしてしまう。

    自分の身の周りに必要ない家財が多いのは納得。

  • 最近炎上した稲垣えみ子による朝日新聞社退職前後を綴った自伝。

    で、どんな人なんだろーと思ったら、やっぱり突っ込みどころ満載(w
    けど憎めない感じではあります。

    とりあえず時系列順に羅列すると、以下のとおり。

    ・バブルの恩恵を受けて以前は物質・金銭まみれの生活をしてた。
    ・うどん県に転勤(左遷)したのを機に、自然の良さに目覚める。
    ・東京に戻ってきて社内改革的な運動をして、徐々に頭角を現す。
    ・ミニマリストになった経緯は、東日本大震災の脱原発がきっかけ。
     エアコンは使わず、冷蔵庫と洗濯機も捨てた。
    ・ミニマリスト的なコラムが評判を呼ぶようになり、独立を決意。
    ・独立したら、それまでいかに会社に守られてたかを痛感。
     携帯を個人で契約したら難しくて3日寝込んだ(爆)

    まぁ、ミニマリストになる経緯は「かつてやんちゃしてた不良があるとき神に目覚めた」みたいなありがち話ではあるのだけど、やっぱり振り切ってるから面白い("funny"と"interesting"両方の意味で)。

  • 気になっていたので会社で借りて読みました。
    朝日新聞の記者が、50歳で会社を辞めて無職になって
    辞めるまでの葛藤と、辞めてからの生活について綴られた本。

    とても面白かった。
    そして胸に突き刺さるものがあった。
    ただこの本を読んで私がどう変わるかはまだわからない。会社に依存しているし、お金に執着しているし、自分の人生に確かに恐れていてそれを振り払うように日々頑張ってる。でもその全ての不安から逃れられるかもしれない手段の1つ、会社を辞める生き方を私はきっとできない。
    もちろん稲垣さんも会社をやめろと言っているわけではなくて、会社に依存することなく自分の好きなものを見つけて依存度を少なくすることでもっと自由に物事が言えて、本来の仕事の楽しさ、すなわち人を喜ばせる、人のために何かをすることを取り戻そう。と言っている。

    この本を読むと、
    本当つくづく日本は会社社会だなと思う。
    会社に属していないと人間として認められないような感覚にまで思えてくる。

    うーん、どういう生き方がいいんだろう。

  • 稲垣さんとは、立場も年齢も違いますが、タイムリーなタイトルだったので思わず手に取りました。
    中は、かなり本音ベースで面白く書かれてあり、読みやすかったです。
    そして、私も退職金に税金がかかるとは知らなかった。
    でも、後で調べたら、かなり控除措置はあるようですね。

    個人的に面白かった章は、『飛ばされるという財産』。
    会社人生の折り返し後に予期しない人事異動で高松へ『飛ばされた』筆者が、思わぬ人生の楽しみを見つけていくところ。
    決まり切ったレール以外の偶然の出会いが人をかんどうさせて、何かに気づかせることがある、という素敵な教訓を得ました。

  • ブラック企業を退職した経験があるので失業保険、国民健康保険については確かにね〜(^◇^;)って思うw
    給料が貰えてない状態だったので、その後は労基でのあれこれが待ってました(笑)
    お金が会社と社員を繋げてるということだけど、私の場合それさえなかった。自由の時間もこれからの人生についても考える余裕がなかったのでもう少し早くこの本に出会えていればもっと気楽な考え方ができたかなとw
    実際辞めてみると確かに貯金は減る一方だけどスゴイ開放感(笑)
    ただ、私にはここまで無欲というかあったら便利な物を切り離す勇気はまだ湧かないので次は程々に働いて今後を考えたいと思います。
    物が溢れて便利な世の中だけど突き詰めて行くと欲望には際限がなくて少し怖いなぁ。

  • 女アフロが50歳で朝日新聞社を退社した。第二の人生を有意義に過ごす為に。

    日本は会社社会ということが良く理解できる。会社という信用があるから、不動産を借りられ、カードを作れ、医療費負担が軽減され、年金も多く貰える。

    とは言うものの、会社には縛られず自分の成長できる場として活用し、会社に依存しない人生を歩みたいと思った。

  • 情熱大陸で見てこの人知った。今流行りですね…文章はさすが面白いです。他の本も読みたくて予約中。

  • 2017年54冊目。

    ー50歳、夫なし、子なし、そして無職。
    しかし、私は今、希望でいっぱいである。

    なんて力強く、輝かしい帯だろう!
    世間体で言ったら中年独身女、しかも無職ときたら目も当てられない、なんて思われがちですが、そんなくだらない考えをふきとばす筆者の生き様そのものを言い得た素晴らしい一文。

    帯もさることながら中身もめちゃくちゃおもしろい。
    文体も軽やかで非常に読みやすく、随所でクスッと笑える要素あり。

    筆者の飄々とした生き方は見ていてこちらが気持ち良い。

    会社に所属することととは。を考えさせられる一冊。

  • 朝日新聞の記者として働き、ある日、思い立ってアフロヘアに挑戦し、モテ期が到来した著者。それから、人生や会社やお金に思うところがあり、50歳で仕事を辞めた著者。

    その経緯や著者の感じたこと、実践したことが素直に書かれた、今の日本での幸せや生き方について考えさせてくれる一冊。

    著者の言葉を借りると、「すべての人に、改めて会社で働くことについて考える」きっかけを与えてくれる本。

    辞めるまでの思い(会社≠仕事、会社≠人生)も辞めてからの思い(会社なしで生きるにあたっての新発見)も等身大の驚きや喜びがあって、読んでいて心踊る。

    「もし会社を辞めたら」レポのような著者の体当たり的な感じが読みやすく面白い。

    一方で日本の社会や仕組みに関しての怖さや困惑を著者と一緒に実感できるので、政治などの大きな問題にも興味が湧いた。

    問題は山積みでも楽しそうな著者の生き方、捉え方が大好き。

    文体もサッパリとしていて、ユーモラスでわかりやすい。ニヤニヤしてしまう。

    節電やミニマリスト的な考え方も共感するので、楽しかったが、部屋の暗闇に慣れるまで電気をつけないというくだりは忍者みたいだなーと笑ってしまった。

    自分がだらーっとなったり、心の火が消えそうになった時、また読みたい。

全121件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

稲垣えみ子(いながき えみこ)
1965年、愛知県生まれ。一橋大学社会学部卒。朝日新聞社入社。大阪本社社会部、週刊朝日編集部などを経て論説委員、編集委員をつとめ、2016年1月 退社。夫なし、子なし、冷蔵庫なし。仕事したりしなかったりの、フリーランスな日々を送る。その生活ぶりを紹介したテレビ番組『情熱大陸』が話題に。日本酒好き。著書に『魂の退社』『寂しい生活』(共に東洋経済新報社)ほか。
『もうレシピ本はいらない』で「料理レシピ本大賞 in Japan 2018」料理部門:エッセイ賞を受賞。

魂の退社のその他の作品

稲垣えみ子の作品

ツイートする