SHOE DOG(シュードッグ)

制作 : 大田黒 奉之 
  • 東洋経済新報社
4.09
  • (113)
  • (129)
  • (52)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 1372
レビュー : 123
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492046173

作品紹介・あらすじ

●世界最強のブランドはいかにして生まれたか?
●創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話!
●日本がナイキを創り、日本がナイキを救った!?
 日本とナイキの意外な深いつながり!
●全米熱狂! 絶賛の声続々!
●待望の翻訳、ついに刊行!

父親から借りた50ドルを元手に、アディダス、プーマを超える
売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、ビジネスと人生のすべてを語る!

1962年晩秋、24歳のあるアメリカ人が日本に降り立った。
彼の名はフィル・ナイト。のちに世界最強のブランドの一つとなる、
ナイキの創業経営者だ。

オニツカという会社がつくるシューズ「タイガー」に惚れ込んでいた彼は、
神戸にあるオニツカのオフィスを訪れ、役員たちに売り込みをする。

自分に、タイガーをアメリカで売らせてほしいと。

スタンフォード大MBA卒のエリートでありながら、なぜあえて靴のビジネスを選んだのか?
しかもかつての敵国、日本の企業と組んでまで。

「日本のシューズをアメリカで売る」。

馬鹿げたアイディアにとりつかれた男の
人生を賭けた挑戦が、このとき始まった!

●著名人も絶賛!

ビル・ゲイツ称賛!
2016年おすすめの5冊に選出!

成功するビジネスのありようを、誠実に思い起こさせてくれる。
それは混沌と混乱に満ちた危険な旅であり、誤りと闘いと犠牲が常につきまとう。
ここまで赤裸々に自身の歩んだ道を語るCEOなど、ほとんどいないだろう。
フィル・ナイトが読者に何かを教えようとしたとは思えないが、
読者はすばらしい学びを得るはずだ。
彼はできうる限り正直に人生を語っている。驚愕の物語だ。
(マイクロソフト創業者)

2016年の最高の本。フィル・ナイトは天性のストーリー・テラーだ。
――ウォーレン・バフェット(伝説の投資家)

率直で、ユーモアがあり、スリルもあって文学的なこの本は、スポーツを愛する人、
そして伝記を愛するすべての人のための本だ。
――アンドレ・アガシ(元プロテニス・プレーヤー。ゴールデンスラム達成者)

ありえない夢を追いかけるすべての人への啓示。
――マイケル・スペンス(ノーベル賞受賞経済学者)

アントレプレナーシップについて読んだ本のなかで、最高の一冊。
――ファリード・ザカリア(ジャーナリスト)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ナイキの創業者フィル・ナイトの自伝。面白くて引き込まれる。
    世界旅行を思い立ち、後にその販売代理店としてビジネスを始めるオニツカ(現アシックス)に立ち寄った1962年から始まる。そこから株式を公開する1980年までの濃密な一年一年をそのときの心情を再現するようにさらに濃密に語る。伝説の経営者ではあるが、そこにはほとんど泥臭い物語しかない。危機は次から次へと訪れる。彼は悩む。そうすべきではなかったという後悔があふれている。決断をするということは、後悔をするということでもある。あのナイキでさえ成長企業としての在庫と資金調達の問題に振り回されている。ナイキへの印象が変わった。

    1962年に「ここがすべての始まりだ」と言ったアテネのアクロポリスの丘でパルテノン神殿の横に立つアテナ・ニケ(Nike)神殿。勝利を意味するこの言葉が後にナイキ(NIKE)という彼の会社の名前となる。ただしナイキという名前については彼は気に入っていなかったようで、当初はディメンション・シックスという名前を押していたという。
    あの有名なロゴが決まる場面についても合議を重ねた様が描かれている。35ドルでデザインされたナイキのロゴ。こちらもフィル・ナイトは最初は気に入っていなかったようだ。「とりあえず時間がないから、これにしよう」と言ったらしい。ナイキの死回向は、決して独断とセンスで決まってきたものではなかった。シューズに対する愛と、成功するという強い信念によってなされたものだ。

    「ナイキはシューズ以上の存在だ。私はもはやナイキを作った人間ではない。ナイキが私を作っているのだ」という。

    「臆病者が何かを始めたためしはなく、弱者は途中で息絶え、残ったのは私たちだけ。私たちだけだ」

    ----
    それにしても日商岩井のスメラギとイトーは恰好良すぎる。日商岩井がナイキを救ったのだ。

    「スメラギは、イトーの前で今にも土下座しそうな勢いで、自分が単独でやったことで、会社をだましていたと断言してくれた。「なぜそんなことをしたんだ」とイトーは聞いた。「ブルーリボンが大成功すると思ったからです」...フィル・ナイト氏とは何度もトレイル・ブレイザーズの試合に行きました。倉庫で荷造りも手伝いました。ナイキは私にとって我が子のようなものです。我が子の成長を見るのはいつだってうれしいものです。
    「それでは君がインボイスを隠したのは……つまり……彼らのことが好きだからというわけか」
    非常にバツが悪そうにスメラギは頭を下げた。「はい」と言った。「はい」と。」

    そしてイトーはナイキを苦しめていた地場の銀行に対してこのように告げる。
    「彼は直ちに本題に入った。忌々しい本題に。彼はホランドしか相手にしていなかったが「みなさん」と前置きした。「私の理解では、ブルーリボンとの取引を今後は拒否するそうですが」
    ホランドはうなずいた。「そのとおりです。ミスター・イトー」
    「それならば日商がブルーリボンの借金を返済します。全額」


    最後に「20代半ばの若者に言いたいのは、仕事や志す道を決めつけるなということだ。天職を追い求めてほしい。天職とはどういうものかわからずとも、探すのだ。天職を追い求めることによって、疲労にも耐えられ、失意をも燃料とし、これまで感じられなかった高揚感をえられる」と言う。そう言われたときに、自分の子供たちはどうだろうか、と思う歳になった。そして、自分は天職を探そうとしていただろうか、と。

    筆者や他の仲間の不器用な熱い思いが伝わり面白いが、それだけに自らに振り返って胸に刺さるものもある。

  • ナイキの創始者フィル・ナイトの自伝。日本とのつながり、NIKEの始まり、靴LOVEの人たち。面白く、読みやすかった。「競争のコツは忘れることだ」、「負け犬だけれど、力を合わせて勝つことができる」とか教訓にもなったな。「他人がより充実した人生を送る手助け」をするために前に前に進んで行った人なんだなあ。大きなことをする人はやはり止まらず熱い思いとともに進んでいくんだな、何があっても。

  • NIKEのイメージはAPPLEなどと同じような多くのイノベーションを産んだ特別なブランド価値を持つ企業だと思っていた。
    まさか会社の起源が日本企業の代理販売だとは思ってもみなかった。
    会社を0から立ち上げることは困難の連続でそれを一つひとつ愚直に乗り越えてきた著者は本当にすごい信念を持っているのだろう。
    そしてその信念はスポーツへの愛情と自分の会社への愛情と使命感によって形成させているからこそ判断基準をぶらさずに事業を拡大できたのだと思う。
    自分の好きなブランドの起源と成立ちを知れたことがすごく興味深く読みやすかった。

  • 各新聞の書評でも取り上げられている話題の書。ランニングをするので、ためらわずに書店で購入したが、ランニングの本というより、お金に苦労するビジネス立ち上げの本。17万部と突破したらしいが、ランニング好きの人が読むには、靴の説明は少なく、お金の話が多いのでちょっと退屈か。でも、「人間は誰でもアスリートである」というNIKEのブランドの信念は50年まえからあったこともわかるし、ランニングのために、いかに開発に苦労しているかもわかる。一方、日本のオニツカとの出会い、交渉、生産の話も書かれている。思えば、このNIKEはもちろん、最近見たスターウォーズも、Appleも日本との関わりがあり、なぜ、日本初で世界に出ていけないのか、この本でもかんがえることができると思う。

  • NIKE創業者のフィル・ナイトが、NIKEの前身ブルーリボン社を設立した時から、NIKEを上場するまでを描いた本。

    60年代、70年代当時ランニングすることは珍しく、変り者と思われていたらしい。
    今は、沢山の人が朝や夕方に、走っていることを考えると、たった50年ですごい変わったのだと驚いた。

    NIKEを語るうえで、日本は欠かせないのだということは少し聞いたことがあったが、ここまで切っても切れない深い関係だったことを知り、日本のすごさを改めて感じた。
    特に日商。地元の銀行すら引き受けなかったリスクをすべて引き取り支援してくれたということは、ビジネスでの成功に欠かせない要素だったと思った。

    自分がNIKEを初めて知ったのは、83年ころだとおもう。当時通っていたスイミングスクール、セントラルスポーツで広告が出ており、そこで買った。
    周りはNIKEを誰も持っていない、それどころか存在も知られていないが、凄くオシャレで機能的なシューズを履いていると言う優越感があったのかな。

    この本を読んで、自分はNIKEが好きなんだということが、再確認できた

    走り続けろ。立ち止まるな。目標に達成するまで、立ち止まるとこなど考えるな。何が起きても立ち止まるな。

  • NIKE創業者の話。
    よくある自慢話なんかじゃない。緊張感と焦燥感と不安と自分自身への期待と自負心と仲間への信頼と感謝とぞんざいさと……文章に書かれた生き様なのに、風圧を感じる。
    読んでよかった。おもしろかった。
    前に進む原動力は、コンプレックスなのかもしれないな。

  • 一気読み。フィルナイトの飾らない文体で、するすると読める。フィル・ナイトは歴史に自分の名を残したかったのだ。
    悩んだときには走れ!にはまったくもって同感だ。
    権力を打破しようとする人たち、世の中を変えようと思う人たちは、背後で常に目を光らせている連中がいることを忘れるな、と忠告もしてくれている。自由な起業家精神を良くは思わぬトロールは常にいて、妨害し、挫折させ、出る杭をうちたがる。それは昔から変わらない。
    断念することは、止まることではない。運の力も大きい。そして、勤勉はもちろん重要だが、いいチームも欠かせない。
    シンプルな助言だけれど、どれもフィル・ナイトの言葉だからこそ腑に落ちる。

  • 起業の初期は、ハッタリや勢いの契約やサービスローンチによって、始められていく。それらは信念に依拠しており、信念は資金の使い方や調達方法(上場するかどうか)などの決定の礎になってきた。信念をもって、エネルギッシュに、人を巻き込みながら、小さくスタートするのが、良いと学んだ。

  • ずっと読みたかった一冊。

    【ザッと内容】
    ナイキの創業者フィルナイトの自伝。どうやってフィルナイトがどのようにビジネスを始め、どのようにナイキを創業したのか苦悩や努力が事細かに記されている。
    元々はアシックス?の前身のタイガー社の靴を輸入してアメリカで販売するというビジネスをしていたフィル。タイガー社と段々不仲になっていったこともあり、自身のブランドを作る。それが世界を席巻するスポーツメーカー、ナイキに成長していく。

    【こんな人にオススメ】
    ・起業家
    ・ナイキに興味がある人

    【感想】
    長ぇ。半生を細かく記しすぎて、長ぇ。中盤タイガーから無下にされるシーンや最後の読者に対するメッセージは是非とも一読いただきたいが、そこに到達するまで何度も心が折れそうになった。気合いで読みきった一冊。
    色んなCEOが絶賛してたり、本屋でも注目作品として大々的に出されているが、文量の割には実が薄いと感じざるを得なかった。

    【刺さりワード】
    ・ビジネスとは利益の追求ではない。単に生きるのではなく、より充実した人生を送る手助けをすること
    ・20代半ばの人に伝えたい。仕事や志す道を決めつけるな。天職を追い求めてほしい。天職が何とは分からずとも探すのだ。天職を追い求めることで高揚感が得られる。

  • 綺麗ごとではない、企業やビジネスを成長させる上でのリアルで人間らしい苦労や葛藤が描かれている良書。日商岩井のファンになる。

全123件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

フィル・ナイト
ナイキ創業者
世界最高のスポーツ用品メーカー、ナイキの創業者。1938年生まれ。オレゴン州ポートランド出身。オレゴン大学卒業。大学時代は陸上チームに所属。中距離ランナーとして、伝説のコーチ、ビル・バウワーマンの指導を受ける(バウワーマンは後にナイキの共同創業者となる)。1年間のアメリカ陸軍勤務を経て、スタンフォード大学大学院に進学。MBA(経営学修士号)取得。
1962年、オレゴンの「ブルーリボン・スポーツ」社の代表として日本のシューズ・メーカーであるオニツカを訪れ、同社の靴をアメリカで売るビジネスを始める。その後独自ブランドの「ナイキ」を立ち上げ、社名もナイキと変更。創業メンバーたちとともに、スポーツ用品界の巨人、アディダスとプーマをしのぐ企業へと同社を育て上げる。1964年から2004年まで同社のCEO、その後2016年まで会長を務める。妻ペニーとオレゴンに暮らす。

「2017年 『SHOE DOG(シュードッグ)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

SHOE DOG(シュードッグ)のその他の作品

フィル・ナイトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
伊賀 泰代
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

SHOE DOG(シュードッグ)を本棚に登録しているひと

ツイートする