MBA生産性をあげる100の基本

  • 東洋経済新報社
3.38
  • (2)
  • (14)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 291
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492046203

作品紹介・あらすじ

ビジネススクールの2年間で学ぶ
武器としてのスキルセットが「1フレーズ」ですっきりわかる。
日々の仕事の生産性をあげるMBAのエッセンス。

01マインドセット 
02情報収集&データ分析 
03意思決定 
04伝える
05PDCAを回す 
06やり抜く
07仕組み化 
08人に任せる 
09アイデアを生み、ビジネスをつくる 
10学び続ける

答えのない世界を生き抜く「武器」になる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 題目ごとにトピックスがあり、端的に事例も含めノウハウが書いてある、非常に明快。
    全ての項目が深掘りできるので気になった部分は、個別で調べようと思えた。

  • MBA100の基本の姉妹書。まとめて読むとさらに有益。

  • ビジネス現場での生産性向上の参考になった。

  • 手法の辞書、というイメージ。100のTipsとその概略を簡潔に並べているので、読み物というよりは辞書として使うイメージ。
    この本を使いこなせるかどうかは、あなた次第。

  • 一部しか読んでませんが。

    実行力を高める上で重要な「やり抜く」力

    単に自分の実行力を高めるだけではなく、同僚やパートナーの実行力を高める必要がある。

    その一つに、エネルギー値のコントロールがある。

    自他のエネルギー値を高めるには、その業務の目的・社会的意義を理解すること、顧客からのFBを共有すること、どう使われるのかを共有すること、小さい成功体験を共有し、次のステップへ進めていくこと、同僚にFBをすること等が重要になる。

    また、別の本に相手を一人の人間として接することが重要と書かれていた。
    そうすることで、言い方が変わってくる。きみさんみたいなイメージ。


    やり抜く力を高めるために、自分も、他も、作業とならないよう、かつ、良い関係構築できるようしていきたい

  • ▼福岡県立大学附属図書館の所蔵はこちらです
    https://library.fukuoka-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=153576

  • 目新しい内容ではないが分類の仕方が斬新。知識の整理に役立つ内容だった。

  • 職場での生産性向上の一助になればと思い購入。よく分からない横文字が理解にしにくい面もあるが、一つ一つが一話完結形式になっているので読みやすい。
    リーダー論等、非常に参考になる部分も多かったが、全体として自己啓発的な内容となっており、生産性向上にすぐに直結するような内容ではなかった点では、期待していた内容とは異なった。
    前著の「MBA100の基本」とともに、デスクに置いてたまに読み返したい。

  • グロービスの本は何種類か読んだことがあり、いずれも実りが多かったことから、最新作かつ旬のテーマ「生産性」を扱う本書を購入。

    感想。
    期待値が高すぎたか。実り少ない。
    100のtipsに、シンプルな補足説明をつけるコンセプトに惹かれたんだが、100のフレーズ一つ一つが弱くて、なかなか惹かれるものに出会えず。

    備忘録。
    ・分析の醍醐味は実態を明らかにすること。something newのない分析に大きな価値はない。
    ・イシューアナリシスというフレームワークは初めて知りました。
    ・HOWのロジックツリー作成には、状況を具体的に想像するのが有効。
    ・人を動かすには、知らしめ、記憶に残し、行動を促すようなコミュニケーションが必要。
    ・ビジネスパーソンは、言わなかったことややらなかったこともメッセージになる。
    ・優秀でない上司への対処方法。上司の上司とコミュニケーションし、そこからプレッシャーをかけてもらう。期待値を下げてやり過ごす、自分でできる範囲で最大限の成果を出す。上司と正論で議論し、それを周りに知らしめる。
    ・良き根回しは、組織の摩擦を減らし、スピードをあげる。
    ・笑われるアイデアこそ価値がある。
    ・ワークライフインテグレーション。仕事とプライベートを高い次元で統合し、双方を充実させること。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

グロービス
1992年の設立来、「経営に関する『ヒト』『カネ』『チエ』の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業を展開している。

グロービスには以下の事業がある。
●グロービス経営大学院
・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
・英語(東京、オンライン)
●グロービス・マネジメント・スクール
●グロービス・コーポレート・エデュケーション
(法人向け人材育成サービス/日本・上海・シンガポール・タイ)
●グロービス・キャピタル・パートナーズ(ベンチャーキャピタル事業)
●グロービス出版(出版/電子出版事業)
●GLOBIS知見録/GLOBIS Insights(オウンドメディア、スマホアプリ)

「2019年 『MBAコンセプトのダークサイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

MBA生産性をあげる100の基本のその他の作品

グロービスの作品

MBA生産性をあげる100の基本を本棚に登録しているひと

ツイートする