「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.45
  • (17)
  • (17)
  • (33)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 654
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492046395

作品紹介・あらすじ

15万部ベストセラー『東大読書』、待望の続編!
今度のテーマは、偏差値35でもできた「誰にでも伝わる文章」の書き方!

★本書の特徴★
マネするだけで「誰にでも伝わる」文章が誰でも書けるようになる!
メール、レポート、企画書、SNS…あらゆる場面で一生使える!!

★本書で身につく「作文」5大テクニック
・「言いたいこと」がまっすぐ伝わるあとがき作り
・「文章の流れ」がクリアになる目次作り
・「読者を引き込む文章」が書ける質問トラップ作り
・「説得力ある文章」が書ける一人ディベート
・「スマートな文章」が書ける枝葉切り

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 筆者は現役の東大生。
    東大の国語の問題を解くために必要なスキルは、作文スキルとして役に立つ。

    東大に受かる人はどのような作文を意識しているか、という観点で書かれた本。

    要旨は
    ・文章の目的を決める。

    ・目的に沿った『主張の型』を決める。
     「感情型」、「共有型」、「要望型」、「継承型」
     →読者にどうなって欲しいのか。

    ・読者との距離感によって、どのように読者を導くかのルート『文章の型』を決める。
     「同格型」「因果型」「対比型」

    ・読者との距離を確かめる
     上下横 → 横の位置が読者が一番理解する

    ・文章が論理でつながっていること。


    要素として、なるほどと思うことも多く、内容的には確かだと思う。

    ただ、プロの書いたビジネス本と比較すると、意外と分かりづらいところも多い。
    それは、簡潔にまとまっていない、筆者独自の用語(それとも受験用語?)が自分にはしっくりこなかった、(「譲歩」と「つっこみ」によるインパクトを作るという点)。それが、すっと理解しにくい部分なのかもしれない。
    作文の本なので、少しそこに興ざめを感じた。

  • 西岡壱誠さん「東大作文」読了。会社の上司から借りた一冊。偏差値35から東大に入学した著者の文章の書き方紹介本。作文が苦手なよっしーには、伝える相手や場面に応じた書き方を教えてもらえて良かったです。文章はこちらからの一方通行ではなく、双方向で考えるのが良いとのこと。いかに相手に興味を持ってもらうか、相手との距離を近づける工夫などが紹介されていました。会社のプレゼンでも「短い言葉で分かりやすく」と言われているので参考になりました。少しでもテクニックを自分に取り入れて仕事に活かしたいと思います。

  • やっぱり、ただの東大生が書いただけの本で、ありきたりなことしか書いていない。。。

    ・文章といえども双方向に
    ・短くまとめられないことは、長く説明しても説明できない
    ・頭が良い書き手であればあるほど「読者も頭が良い(のでわかってくれる)病」にかかる

    など。
    しょーもな。

  • ‪文章書くのが苦手ってありませんか?私はありました。その悩みを解消する本がありました。その内容は読者を意識するということ。当然って思うかも。けれど、読者がどうなって欲しいか考えてなかった。共感なのか?警報なのか?私は伝えることのみ考えてた。なので読者がどうなって欲しいのか意識したい‬

  • たまたまプレゼンが近く、いくつものヒントを貰えた。
    逆から辿る大切さは目から鱗だった。
    また、読者は著者が思うほど頭が良くない!と言うのも笑えたし納得だ。

  • 筆者は、「双方向的」な作文を提唱している。作文を読む相手も能動的に読める文章が良い作文というわけだ。一番印象的だったのは、「枝葉切り」のテクニックである。自分の書いた文章を読み、この一文の役割は何か、浮いている、不必要な文はないか、推敲することで、必要なことだけが書いてある作文を書くことができる。営業日報やブックレビュー作成の際に、一文一文を意識して書くようになった。社会人、学生におすすめです。

  • 作文は特別な事ではなく日常的な行為であること。
    そして作文に限らずアウトプットは、相手の事を考えて行わないといけない事。

    最近、説明力の低下を感じている自分にとって、改めて気づかせてくれました。

  • 結論から言うと「能動的に本を読む」という読み方です。  一方向的に、著者の考えを「ふーん、そうなんだ」と受け入れるのではなく、読み手も能動的になって、「本当にそうなの?」「これってどういうこと?」とツッコミを入れながら文章を読むのです。  そうやって文章を読むことで、「自分の頭で考える」という訓練ができるようになり、読む力も地頭も同時に鍛えることに成功したのです。

    自分が一方向的に書くのをやめて、相手も能動的になれるような、双方向的な文章を書く」ことで、伝わる文章を書くことができ、また地頭も鍛えることができるようになるのです。

    相手に伝わらない作文というのは、相手のことを考えない「一方向的」な文章です。  逆に、相手に自分の意図が伝わる作文というのは、「双方向的(インタラクティブ)」という魔法がかかっています。  自分の考えをしっかり表明しつつも、相手のことまで推し量りながら文章を書くのです。自分から相手への矢印だけでなく、相手から自分への矢印も想定している。

    人によっていろんな答えがあると思いますが、逆に「これをはじめにやっておかないと失敗する」という行為があります。  それは、「あとがき作り」です。最後を先に決めておかないと、実は作文することができないんです。

    実は古今東西、すべての作文には共通項があります。みなさん、何だかわかりますか?  それは、「最後に自分の言いたいことを持ってくる」ということです。

    最後に「要するに何が言いたかったのか」をまとめて終わるというのが、作文における絶対の原則なんです。

    「最後」 =「言いたいこと」の原則は重要

    なぜ「最後」 =「言いたいこと」でなければならないのか。これには 2つの理由があります。   1つは、読み手側の理由です。実は人間は、誰しも最後に言っていることのほうが頭に残りやすい
    人間の印象は、実際の時間より、「最後がどうだったか」で決まってくる
    最初でも途中でもなく、「最後」で言わないと、読者の印象に残りにくい。

    実は、最後に言いたいことを持ってくるほうが、圧倒的に文章が書きやすいのです。

    「目的地」が見えていたほうが、読者に伝わりやすい文章になります。

    「目的地」が見えていたほうが、読者に伝わりやすい文章になります。

    「目的地」が見えていたほうが、読者に伝わりやすい文章になります。

    東大は、この「論理の貫通」をめちゃくちゃ重視する大学です。

    結局何が言いたいのか」が明確じゃないと、どんなに言葉を尽くして説明しても、どんなに身振り手振りを使って話をしても、「なんとなく」しか相手に伝わらないんです。

    「このノートがどんな目的で書かれているのか」「結論として何を覚えればいいのか」がすごく明確に書かれている。だからこそ、時間を無駄にせずに重要なことだけを吸収できる。そういうノート作りができる東大生が非常に多いのです。

    実は「主張」になるには、 2つの条件があります。   1つ目は「未知のものであること」、 2つ目は「短くまとまっていること」。

    主張とは、相手や世の中に対して「これを言いたい!」という自分の意見のことです。

    世の中のみんなが知っているような既知の情報ではなく、思いもよらない未知の情報だからこそ、聞く意味が生まれ、主張する価値が生じます。

    未知」の部分があるからこそ、読者も文章を読んでくれる。「何だよこれ、もう全部知ってるよ!」と思われるようなものは、たぶん読者は面白くは感じません。「これ知らなかった!」「なるほど、こういうことなのか!」と思えるような何かがあるからこそ、読者も文章を読んでくれるのです。

    主張が長いと情報が多くなってしまい、重要な部分・本当に相手に伝えたい部分が見えにくくなってしまう

    難しくて一言で言えないことを相手に理解してもらうことは不可能です。自分の中で嚙み砕いて、自分でも「難しい」と感じていない、一言で言い表せるほどに明確なものでないと、理解してもらえない

    自分が感じたことを言いたいときには、この「感情型」で伝えましょう。

    相手に何かを知ってほしい・理解してほしいときに書くのが「共有型」です。

    何かを買ってほしい!」「こうしてほしい!」と相手に対してお願いしたいことがある場合に書くのが「要望型」

    多くの人が当たり前に思っていることに対して一石を投じたり、多くの人が知らないことを言って意識を変えてもらいたい場合などに書くのが「警鐘型」です。

    「これ」と決めた主張の型に沿って「主張作り」をしないと、主張がブレて相手に伝わらなくなってしまう

    「目的作り」は、その「言いたいこと」を伝えた相手にどうなってほしいのかを考えるというものです。

    報告書で書くのは「報告」ではありません。「共有」です。「共」の字が入っているからわかると思いますが、「双方向的」なものなんです。

    「主張作り」は、「自分が言いたいことを明確化すること」でした。それに対して「目的作り」は、「相手にどうなってほしいかを明確化すること」なんです。

    ・①「主張作り」で選んだ型を確認する
    ・②次の図に沿って、「目的」と「手段」を確認する。
    【感情型】 →「理解」「共感」
    【共有型】 →「理解」「納得」
    【要望型】 →「変化」「共感」
    【警鐘型】 →「変化」「納得」
    ・③「主張作り」で作った付箋を見ながら、「目的」と「手段」を言葉にして付箋にまとめる

    ・目的 ①:変化(アウトプット)
    「主張作り」では「お願い」と表現していたものです。「相手に何か変わってほしい」という目的です。
    ・目的 ②:理解(インプット)  
    「主張作り」でも「理解」と表現していましたね。「相手に知ってほしい」という目的です。「この文章を読んだ人に、文章の内容をわかってもらう」という状態が理想です。

    ・手段 ①:納得(論理的に訴える)  
    「主張作り」では「客観的」と表現していたものです。「相手に納得感を与える」ことを指します。「この文章を読んだ人が、『たしかにそのとおりだ』と納得する」状態が理想です。
    ・手段 ②:共感(感情に訴える)  
    「主張作り」では「主観的」と表現していたものです。「相手に共感してもらう」ことを指します。「この文章を読んだ人が、『それ、すごくよくわかるな』と共感する」状態が理想です。

    「目的作り」の 2つのポイント
    ・ポイント 1:「共感」にはかならず「自分の感情」を入れよう!  共感は、相手に感情的に訴えることだと説明しました。なので、主張にあまり「自分の感情」が入っていなかったら、ここで付け足してみましょう。
    ・ポイント 2:「変化」は、かならず「変化前」と「変化後」を意識しよう!

    一言で説明すると、「つながり」です。「論や文章・話のつながり」が論理であり、「物事のつなげ方」が「論理的思考力」です。
    相手に伝わる論理的な文章を書きたかったら、「つながり」を意識する必要がある

    王道の 3つの型 
    ・①同格型
    主張を何度も言い換えながら繰り返し語ることで相手にわかってもらうのが「同格型」です。  たとえば、まずは「こんなことが言えるんです!」と主張を言い、その主張の理由や具体例、その主張の詳しい説明などを述べていきます。そして最後に、「ということで、やっぱりこうなんです!」ともう一度主張を言う……という方式です。  最初と最後に同じ主張を述べるので、プレゼンの世界では「サンドイッチフォーマット」とも呼ばれます。
    ・②因果型
    原因になる事実を並べていき、最後に「ということで、こうなんです!」と結果である自分の主張を持ってくるのが「因果型」
    ・③対比型
    2つ以上の対立する概念、 2つ以上ある選択肢を述べます。「肉と魚」「きのこ派かたけのこ派か」「ソース派か醬油派か」「愛か金か」など、対比できる事例がはじめに述べられるのです。  その後、双方の具体的な説明と具体的な例が述べられ、比較した後で、主張が出現します。「というわけで肉がいいです」と一方の肩を持つ場合もあれば、「みんな違ってみんないいと思います」など新しい概念、 2つが融合した提案などが主張されることもあります。  比較することで一方をわかりやすくしたり、議論がどこで分かれているのかを整理するなど、 3つの型の中でいちばん論理的な型です。

    迷ったときは Ⅰを選びましょう。なぜなら、 Ⅰがいちばん作文しやすいからです。ストレートに何度も自分の主張をぶつけることで理解してもらう形ですから、難しく考えなくていいのです。
    より深く相手に理解してもらいたい場合や、相手に行動させるところまでやってもらいたい場合は Ⅲを選んでみましょう。

    いったいどうして「双方向性」が大事で、「相手 →自分」の矢印が大切なのか。  それは、あなたの文章を読む人を、「読者」から「記者」にするためです。  作文を読んだ相手に、あなたの言いたいことを深く理解してもらい、あなたの作文で相手を変えたいと思うのであれば、目指すべきは読む人を「読者」から「記者」に変貌させることなのです。

    ただ読者になっている人は「相槌もメモも取らない人」です。逆に、あなたの話に興味を示し、相槌やメモ、時には質問までしてくれる人は、読者ではなく記者。「読んでいる」のではなく「取材している」のと同じなのです。  目指すべきは、相手に「読書」をしてもらうのではなく「取材」をしてもらうこと。相手を記者にする作文こそが必要なのです。

    ・読者を「記者」にする 2ステップ
    1  まず、相手に「説得力があるな」と思ってもらう
    2  次に、相手に「会話したい」と思ってもらう

    断言するというのは、リスクを取ること。リスクを取るということは、責任感を持つということ。  責任ある文章は、説得力がある。

    「ツッコミ作り」のやり方は簡単です。
    1主張の付箋をもう一度見直す
    2 その主張に対して、以下で説明する 3つのツッコミをしてみる
    3 作ったツッコミを、 1枚ずつ付箋に書いて残しておく

    ・①証明できる?  例:ホントにそうなの?  なぜそう言えるの?  それが本当に正しいかどうか、証明することができるか?  という問いです。主張の根拠を問うツッコミですね。
    ・②反例・例外はある?  ツッコミ例:この場合はどうなの?  これには当てはまらなくない?  それが当てはまらない場合もあるのではないか?  というツッコミです。主張を別の事実と比べてツッコむの
    ・③弱点はある?
     最後は「ダメなポイントはないの?」です。主張を認めた上で、それが 1 0 0パーセント完璧な主張なのかを問うのです。

     譲歩とは、「たしかにこういうこともある。でも、……」と、自分の非や自分の主張の穴を相手に見せる行為です。これって文章において、どういう役割のものなんでしょうか。  はっきり申し上げますが、「譲歩」は自分の考えを主張する上において、何の意味もない行為です。

    「弁論にあえて穴を作っておく」ことこそが重要なのだとか。  話の中に、「それ、ホントに正しいの?」「証拠はあるの?」とツッコまれそうなポイントを作っておき、それに対する反論をあらかじめ用意しておく。そして、弁論が終わった後の質問の時間で、あえて人からその質問を引き出し、自信満々でその反論を述べるのだそうです。

    「質問トラップ」とは、こういう「あえて相手からのツッコミを想定した文を作る」というものです。こちらとしては、相手がそう質問することはわかった上で会話をしているので、言うならば「トラップ」です。

    「問いかけ作り」は、次の 3ステップでできます。 ①「譲歩作り」「インパクト作り」の付箋を用意する ②文章のはじめと、「譲歩」「インパクト文」を使うタイミングで、以下の型に当てはめて問いかけを作る。 ③ 4 0 0 ~ 5 0 0字に一度、問いかけが挟まっていればクリア

    最初のタイミングで、「みなさん、これ知ってますか?」「これって疑問に思ったことありませんか?」と問いかける型です。会話に入れない友だちを入れてあげるイメージの言葉なので、主に文章の最初で使われます。

    相手が疑問に思いそうなこと、つまり「ツッコミ」を、先にこちらで封殺するというものです。「今、こう思った人いたでしょ!」というやつですね。  これは、「 1人ディベート」の「ツッコミ作り」で考えたことを「  」に入れて、「『〇〇』って思った人いたでしょ?」という形に直せばそれだけで完成です。

    「インパクト文」や「譲歩」の前に選択式の問題を出すのが、この「正解はどれ?」型です。  「 Aと B、どちらだと思いますか?」と問いかけておき、その後で「 Bだと思った人も多いと思いますが、実は Aなんです!」と持ってくることで、譲歩やインパクト文の効果を倍増させることができます。

    「ポジション作り」は、次の 2ステップ
    ①「主張」と「目的」の付箋を取り出す ②自分が、次の 4つのうちどのポジションにいるのかを考える

    Ⅰ「横」を選んだら、自分の「主張に対する自分の思い」を書く。
    Ⅱ「上」を選んだら、「横」に立てる経験を探し、書いてみる。
    Ⅲ「下」を選んだら、自分が「下」だと表明した上で、「主張に対する自分の思い」を書く。
    Ⅳ「外」を選んだら、「上」「横」「下」のどれかに自分の立ち位置を定めてみる。 →「横」「上」「下」なら、 ⅠⅡⅢへ。

    「相手の立場に立つ」というのは、言い換えると「相手との共通点を探す」ということでもあります。  「自分も昔はこうだったんだ」という過去との共通点でもいいですし、「こういうことをしがちなのは自分もそうだ」という、相手と共通する自分の弱みを出してもいいです。

    「外」というのは客観的に距離を取って見ている状態です。ですが、何度も申し上げているとおり、距離が遠かったら誰にも伝わらないのです。まずは相手と近づかなくてはならない。相手を見定めて、それから語るようにしなければならないのです。  まずは自分が近づかないと、自己紹介なんてできない。知識を持っているなら「上」でいいです。まったく知識を知らない、何の関係もないことを話すのなら「下」でいいです。対等に話しかけたいのなら「横」でいいです。

    どれかを選んで、かならず「外」から「内」に入ってから話すようにしましょう。今まで「外」から語っていた人は、ぜひ試してみてください。たったこれだけのことで、文章は劇的に改善されますよ。

    最後に養老孟司先生のこの言葉で締めさせていただければと思います。  
    「他人は互いにわかり合えないものです。わかり合えないからこそ、言葉があるのです」

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/523256

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

西岡 壱誠(ニシオカ イッセイ)
現役東大生
1996年生まれ。偏差値35から東大を目指すも、現役・一浪と、2年連続で不合格。崖っぷちの状況で開発した「思考法」「読書術」「作文術」で偏差値70、東大模試で全国4位になり、東大合格を果たす。
そのノウハウを全国の学生や学校の教師たちに伝えるため、在学中の2020年に株式会社カルペ・ディエム(https://carpe-di-em.jp/)を設立、代表に就任。全国6つの高校で「リアルドラゴン桜プロジェクト」を実施、高校生に思考法・勉強法を教えているほか、教師には指導法のコンサルティングを行っている。静岡県沼津市の誠恵高校では理事長付学習特別顧問を務める。また、YouTubeチャンネル「スマホ学園」を運営、約7000人の登録者に勉強の楽しさを伝えている。
著書『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』(いずれも東洋経済新報社)はシリーズ累計30万部のベストセラーになった。

「2020年 『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西岡壱誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文を本棚に登録しているひと

ツイートする
×