食品の裏側2 実態編: やっぱり大好き食品添加物

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.66
  • (11)
  • (42)
  • (26)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 356
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492223369

作品紹介・あらすじ

かつて「歩く添加物辞典」「食品添加物の神様」と呼ばれていた男が、
自分の売った添加物でつくられたミートボールを自分の娘が頬張る姿に衝撃を受け、
つとめていた食品添加物商社を退社し、一冊の本を書いたのが2005年のことでした。

その一冊の本、『食品の裏側』は日本社会に大きな衝撃を与え、60万部のベストセラーとなったのです。

そしてあれから9年・・・。著者の安部司氏が、新たな祈りを込めて書き下ろしたのが、この『食品の裏側2 実態編』です。

安部司氏はなぜ第2弾を書いたのか。
それはこの9年間で食品を巡る実態が改善されるどころか、さらに深刻化しているからです。

今作ではコンビニ弁当など日常的に大量消費されている食品を題材に、
食品添加物の驚くべき実態、表示方法の唖然とするような真相を詳細に解き明かすほか、
遺伝子組み換え技術や、ポストハーベスト農薬問題にも切り込み、食品の安全と安心について前作以上に深く掘り下げます。

巻末には特別付録として、食品のラベル表示から添加物の中身を確認できるように、索引機能付きの用語集を掲載しました。
具体的な対処法、対応策などについて多くのページを割いているのも今作の特徴です。

私たちは生活と健康のベースとなる「食」とどう向かい合っていくべきなのか。
それを真剣に考えさせてくれる現代日本人にとって必読の書です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第一弾より先にこちらを読んだ。ただ添加物が悪いという話ではなく、流通や消費者の嗜好に合わせてどんな役割をさせているのか、ラベルの例などから詳しく解説している。消費者として何を気をつけるべきか、あまり押し付けがましくない論調で(でも主張としてしっかりと)書かれていたので受け入れやすい。

  • 食べ物だけではなく 口紅で積もり積もってアレルギーが発症するなんて こわい
    コルニチール色素。前に〇〇〜バックスで これがストロベリー飲料に使われていたのを知って驚いたことがある

  • こちらは1とは違って辞書的要素が強い本だとすれば思います。
    実際に販売されている加工食品を取り上げ表示ラベルをひとつひとつ解説しています。

    勉強したい方向けかと思います。

  • 個人的に非常に勉強になりました・・
    食べ物は生命維持の基本、何を食べるかで長期的に身体や精神に多大な影響を及ぼすのは明白
    何を口にしてるかは情報として知っていて当然だが、それを知るツールがなかったため本書は画期的。1作目読んでないので必ず読もうと思う
    中国の食の安全をバカにしてる日本人、でも日本でも同様の実態が存在してることに気づかされる。 欧米では規制がある添加物も、日本ではたいてい基準さえないという情けなさ・・ 厚労省や消費者庁の力量が疑わられる
    将来的には自然選択で添加物をうまく消化できる世代が現れてくるかもしれないが、犠牲を前提にした政策は今の時代にそぐわない考え方。
    発ガン性の可能性については特に注意を払うべき。塩分・油分・糖分、明らかに摂取しすぎで生活習慣病に直結してくる。
    化学的な素養も身につくため非常に読んでいて面白かった。アジアで生産されてるたんぱく加水分解物、バクテリアの遺伝子組換でつくるアミノ酸類、日持ちさせるためのPH調整剤や保存料、清涼飲料水でおなじみの酸味料、キサンタンガムに代表される増粘多糖類、重曹みたいなふくらし粉ベーキングパウダー、子供の頃から嫌いだった着色料・・・非常に勉強になる。香料や甘味料、乳化剤などもおなじみの原料名。濃縮還元のジュースの意味も、カロリーオフの意味も存じ上げておりませんでした

  • 過去作の『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』や『なにを食べたらいいの?』と比べると煽情的な書き方でなくなっているため、全体的に丁寧になったように感じます。

    食品添加物は便利すぎるので、摂らないという選択を取ることは不可能です。とはいえ、それはそれとしてメリットとデメリットと説明した後に、添加物をできるだけ摂らない生活を勧めている本書には共感が持てます。

    食の工業化と添加物の怖さが分かる本です。

    https://www.kakimemo.com/book-report-abe-tsukasa-shokuhin-no-uragawa-2/

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=334787

  • 食品添加物のメリットとデメリットを知り、それと健康を測りにかけて選択してくださいよということが伝わってくる本でした。



    「野菜ジュースの実態」
    よく1日分350gが摂れると書いてあるけど、これは絞った原料の野菜の重さが計算上350gてことだけ。
    実際この1本で350g分の栄養素が摂れるという訳ではない。
    しかも作る工程で失われる栄養成分もある他、繊維質はほぼない。

  • 食品添加物や食料、飲食業界全体の裏側を記した本。特に巻末の添加物一覧はためになるし、ついでに詳しい添加物一覧の本も読もうと思うまでになった。乳製品の箇所は個人的にすぐに活用した。食料品を、買う上で参考にしようと思う。

  • 学び…

    安全性のはっきりしない添加物は避ける

    食品の安全は歴史のなかにしかない
    安全性試験は、2世代で確認されているが、3世代まで見るべきともされる
    人間の3世代は100年。100年食べているものは、和食。


    コンビニ弁当を筆頭に、日本の食べ物は廃棄が多い。アメリカより多い。もったいないという気持ちがなくなっている。

    形のいびつな野菜などを嫌う傾向にある日本の消費者。

    有機野菜がうれるには、無選別、不定貫、無指定

  • 売られている、あらゆる食品に添加物がたっぷり入っていることが分かって、恐ろしくなった。しかし、そもそも消費者が安くて簡単に食べられるものを求めているから、食品産業もそういうものを作るようになったのだと思うので、そういうものを作り、売ってほしくなければ、私たち消費者も変わっていかなければいけないと思った。

    怖い話だけではなく、安全な食品を取り扱っている団体の名前も載っていたので、今後買い物をするときの参考にしたい。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

安部司(アベ ツカサ)
安部 司(あべ つかさ)
1951年福岡県生まれ。山口大学文理学部化学科卒。
総合商社食品課に勤務後、無添加食品の開発・推進、伝統食品や有機農産物の販売促進などに携わり、現在に至る。
熊本県有機農業研究会JAS判定員。経済産業省水質第1種公害防止管理者。
工業所有権 食品製造特許4件取得。
食品添加物の現状、食生活の危機を訴えた『食品の裏側』(東洋経済新報社)は60万部を突破するベストセラーとなり、大きな反響を得た。
その他の著書に『なにを食べたらいいの?』(新潮社)、『「安心な食品」の見分け方 どっちがいいか、徹底ガイド』(祥伝社)がある。

「2014年 『食品の裏側2 実態編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安部司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 優
佐々木 圭一
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

食品の裏側2 実態編: やっぱり大好き食品添加物を本棚に登録しているひと

ツイートする
×