18歳からの格差論

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.77
  • (13)
  • (25)
  • (18)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 239
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (114ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492223710

作品紹介・あらすじ

日本の格差の有り様と原因に独自の角度から光を当て、「必要原理」にもとづく大胆な財政戦略を提唱する井手英策教授が、若い人たちのためにデータを駆使して訴えるまったく新しい啓蒙書。

【主な内容】
1「格差是正」に心が動かない僕たち
■格差を是正したいですか?
■税への抵抗が強い社会は、誰かのための負担をきらう「つめたい社会」
■貧困にあえぐ人びとを「見て見ぬふりする社会」を僕たちは生きている
■格差社会を作り出したのは誰?

2日本人の不安の根っこにせまる
「3つの罠」、そして「分断社会

■社会全体を覆っている「弱者へのつめたいまなざし」
■中間層が貧しくなり、弱者へのやさしさが失われた
■「自己責任社会」では、「成長の行きづまり」が「生活の行きづまり」になる
■お年寄りの利益が優先されるという「罠」――深刻な世代間対立が生まれている
■中間層が弱者を批判し、人びとが政府をののしり、お年寄りと若者が鋭く対立する

3分断社会・日本「失われた20年」、何がいけなかったのか?

■分断社会・日本
■池田勇人首相の思想――自分で働き、自分の足で立つことこそが重要
■小さな政府、貧弱な社会サービスこそ、高い貯蓄率を生んだ大きな原因
■低成長時代にえらばれた「勤労国家」が社会経済の変動に対応できなくなった
■規制緩和、グローバル化、人件費削減が加速
■賃金が下がりつづけ、デフレ経済に突入――家計貯蓄率もほぼゼロに
■勤労国家が破たん、生活のよりどころが見いだせない社会に

4中高所得層も納得して格差是正ができる「必要の政治」とは?

■「救いの手」は救済であると同時に、確実に、そして深く、人間を傷つける
■人間を信じられず、成長できない社会を望みますか?
■発想の大転換、思い切って中高所得層も受益者にする
■「必要の政治」によって格差是正を結果に変える
■理屈で説明のできない理不尽さとは、僕たちは闘わなければならない

5人間の違いではなく、人間の共通性に想いをはせてみませんか?

■「必要の政治」は「お金なんかで
人間を評価しない」という哲学
■「必要の政治」とは、受益感を高めながら租税抵抗を緩和するという戦略
■「バラマキだ!」と批判し思考を停止させる、そんな政治を終わらせる
■財政再建の理屈が優先され、増税の意味を知る貴重なチャンスを逃す
■分断線を消す、そして、自分の生き方を自分で決められる社会へ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「必要の政治」とは,受益感を高めながら租税抵抗を緩和するという戦略である。サービスを分厚くするために負担から逃げない。みんなの利益を守るために中間層と貧しい人たちがサービスの安易な引き下げに手を取り合って抵抗する,そんな政治。

  • 読みやすく、わかりやすい、経済的側面からの格差論。

    私たちの間に引かれている「分断線」。
    私たちの見方に影響を与える3つの罠。

    「救いの手」が人を傷つけるという側面。

    「政治」からの解決策の提案。

    経済とか、政治とかが苦手な私にとって、問題の概要をつかむのに適切な一冊でした。井手さんの他の本も読みたくなりました。

  • ・国政では、所得によらず、負担は一定割合で、再分配は一率にする
    ・地方自治体では、税を上げてその税収増加分で、教育・福祉への負担を減らす
    の2点の主張。もっともな話ですが、現在の国民の認識、政治家への不信感を考えたら無理だよねーってなってしまう。

    2016年当時の18歳目線で考えると、池田内閣がやったことについては書いてあったけれど、消費税導入の竹下内閣や、規制緩和の小泉内閣についてもあったほうがよかったかな、という気がする。

  •  少し浅い内容でしが、中高生が学び始めるにはいい入門書です。

  • 内容は以前に読んだ『幸福の増税論』のエッセンス。税金はみんなから集めてみんなに還元していく(もちろん必要なところには厚く)、つまり「弱者救済社会」よりも「分かち合い社会」のほうが社会全体が住みよくなると説いています。
    無党派層や支持なし層とは「ムダの削減か」「弱者救済か」選択肢を迫られ我慢を強いられ続ける中間層の静かな抵抗ではないかとの著者の指摘のとおり、分かち合い社会は分断社会からの脱却の処方箋です。

  • 18歳から何歳でも読む価値がある書籍。
    筆者の生い立ち経歴を見ると、筆者の社会に対する真摯で愛情を持って臨んでいる姿がそうぞうされ、感動しました。

  • 日本には大きな分断が横たわっている。これをなくすにはみんなを受益者にする。
    深く同意したけれど、実際にこういう社会に変えていくにはどうしたらいいのかな。
    経済を論じた文章で、著者の情熱?あたたかさ?を感じたのは今までになかった経験でした。

  • 『未来をはじめる』で薦められていたので。
    政治の勉強は青少年向けのものから…
    小難しいと思いっきり挫折しそうなので^^;

    『all for all』
    全員が受益者で全員が負担も分かち合う。
    うんうん、そうあるべきだと思うよ!
    税は高くてもサービスが充実してる方がいい!
    この前幸福度ランキングが発表され
    北欧の国々が上位だったのも
    やはりその政策に国民が納得しているからなんだろうと感じたもんなぁ。

  • 2018年144冊目。満足度★★★☆☆

  • 高負担高福祉ベーシックインカムの話。わりと見えにくいところに話が行く。税金上げても還元してないとか。これはこれでよく出来ている。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

井手 英策(イデ エイサク)
慶應義塾大学経済学部教授
1972年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。日本銀行金融研究所、東北学院大学、横浜国立大学を経て、現在、慶應義塾大学経済学部教授。専門は財政社会学。総務省、全国知事会、全国市長会、日本医師会、連合総研等の各種委員のほか、小田原市生活保護行政のあり方検討会座長、朝日新聞論壇委員、毎日新聞時論フォーラム委員なども歴任。著書に『幸福の増税論 財政はだれのために』(岩波書店)、『富山は日本のスウェーデン 変革する保守王国の謎を解く』(集英社)、『18歳からの格差論』(東洋経済新報社)ほか多数。2015年度大佛次郎論壇賞、2016年度慶應義塾賞を受賞。

「2019年 『いまこそ税と社会保障の話をしよう!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井手英策の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
米澤 穂信
三浦 しをん
伊賀 泰代
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

18歳からの格差論を本棚に登録しているひと

ツイートする
×