まんがでわかる LIFE SHIFT

  • 東洋経済新報社
3.45
  • (38)
  • (83)
  • (124)
  • (24)
  • (6)
本棚登録 : 971
レビュー : 123
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492223871

作品紹介・あらすじ

今こそ、自分の人生を生きよう!
「100年人生」の一大ムーブメントを巻き起こした30万部のベストセラー、待望のまんが化。

長生きなんてしたくない。今が楽しければよく、将来に漠然とした不安を抱く大学生の美咲。
真面目に仕事ばかりし、遊ぶことは罪だと思っている父。
お金を稼ぐことが男の価値とイコールだと思い、家庭のことまで気が回らない兄。

「ライフシフト」を実践し、自分らしく生きる留学生のエルザに出会った日から、
美咲の家族を巻きこんで、美咲の日常が、人生が、少しずつ変わり始める。

長生きなんてしなくない、が
「200年でも生きたい」に変わる。

あなたらしい人生を生きるヒントが見つかる、勇気の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 近年、一流と言われる大企業でも45歳以上を対象にリストラが次々に行われている。
    高度経済成長時代の「年功序列で定年まで同じ会社に勤める」という働き方はとっくに崩れている。

    年金支給開始年齢は65歳から70歳になろうとしている。しかも支給額は下げられようとしている。
    20歳くらいの人はこれから50年は働かなくてはならない時代だ。

    現在のトップ企業は、過去の成功遺産で成り立っている所が多く、経営維持のために枯れた事業を切り捨てることに頭を悩ませている。
    今は安定しているように見えるトヨタやソニーですら、50年後(いや20年後?)に存在しているかどうか怪しい。
    今後は5年から10年くらいを目安に、働き方を常に見直す習慣をつけた方がいいだろう。

    100歳まで生きるとなると、70歳になった時点でまだ30年もある。長い年月だ。
    年を重ねるほど無形財産が重要になってきそうだ。

    このブクログでの緩い繋がりも大事な無形財産の一つだろう。
    他人の本棚を覗いてみたりレビューを読むことで、新たな興味が芽生えることが多々ある。
    本書の言うとおり、生涯を通して「変身」していく覚悟を持って生活していこう!

  • 【感想】
    話題の書「LIFE SHIFT」の漫画版。
    些か内容が薄かったが、あの書物を読むのは時間が掛かるので、要点まとめるためには良かったかも。

    最近「人生100年」というワードをよく耳にする。
    本当に自分がそこまで永く生きれるのかどうか定かではないが、普通にしていれば寿命が長くなるのは当然として、漫然と日々を過ごしていたら駄目だろうなと思う。

    永い人生。
    本書ではデメリットを中心に書かれているが、個人的には素晴らしい事だと思う。
    確かに、レールに乗ってうまくいく人生じゃなくなるのは労を要する事になっていくだろう。
    でも、人生のどの局面でもリカバリーが効くっていうのは、とても大きなメリットじゃないかなと個人的には思う。
    永く生きれば、それだけ幸福な事も増えるだろうしね。

    定年まで根を詰めて働くだけではなく、キャリアや資産形成は勿論、プライベートも充実させるために今からどのような準備をしていくのか?
    答えなんてその時々で変わってくるだろうが、常に考えて自身をバージョンアップしていこう。
    そしてその作業を苦痛に感じず、楽しんで取り組んでいかないと。


    「正しい答えなんてない。自分の決めたことこそが正しいのヨ」


    自分が決めた事が正解になるように、今後もバージョンアップを計っていこう。


    【まとめ】
    1. 2007年生まれの子どもの半数が、日本では107歳まで生きうる。また、寿命は10年ごとに平均2〜3年のペースで上昇している。

    2. 100年時代に突入すると、これまでのように「60代まで働けば引退」で済まなくなる。
    また公的年金はあてにできず、引退後の全てを賄うほどの金額を貯めるのも難しい。
    必然と、80代まで働くことが求められる世代になっている!

    3. 人生の新しいロールモデルが「マルチステージの人生」。
    20代から60代という時期を、仕事一辺倒、キャリアアップ一筋で過ごさない。
    自分をすり減らすような仕事の仕方は避け、仕事・学び・遊びのバランスを取りつつ、柔軟に人生を組み立てていく!

    4. 無形資産は3つに分かれる
    ①生産性資産
    →稼ぐためのスキルや知識、仕事の仲間や評判のこと。
    環境の変化に合わせて常に更新していかないとダメ!!

    ②活力資産
    →バランスのとれた生活や家族との良好な関係。肉体的・精神的な健康のこと。

    ③変身資産
    →マルチステージを生き抜くため社会の変化に柔軟に対応し、人生の途中で何度でも移行を成功させる意志と能力。


    【引用】
    ライフシフト
    →100歳時代でも生き抜く力を手に入れる事

    p18
    2007年生まれの子どもの半数が、日本では107歳まで生きうる。
    また、寿命は10年ごとに平均2〜3年のペースで上昇している。

    長寿化に対する不安を減らし、その恩恵を最大限に浴するにはどうしたらいいのか?


    p40
    ・従来の3ステージの人生
    1.教育を受ける
    2.就職して仕事をする
    3.引退を迎える

    しかし、100年時代に突入すると、これまでのように「60代まで働けば引退」で済まなくなる。
    また公的年金はあてにできず、引退後の全てを賄うほどの金額を貯めるのも難しい。

    80代まで働くことが求められる世代になっている!


    p54
    そうした生き方を可能にする新しいモデルが「マルチステージの人生」!

    20代から60代という時期を、仕事一辺倒、キャリアアップ一筋で過ごさない。
    自分をすり減らすような仕事の仕方は避け、仕事・学び・遊びのバランスを取りつつ、柔軟に人生を組み立てていく!


    p71
    ・有形資産と無形資産
    有形資産は貯蓄や土地、家などお金で表せるもの。
    無形資産は金銭には換算できない、家族や友人との良好な関係のこと。

    ・無形資産は3つに分かれる
    1.生産性資産
    →稼ぐためのスキルや知識、仕事の仲間や評判のこと。
    環境の変化に合わせて常に更新していかないとダメ!!

    2.活力資産
    →バランスのとれた生活や家族との良好な関係。肉体的・精神的な健康のこと。

    3.変身資産
    →マルチステージを生き抜くため社会の変化に柔軟に対応し、人生の途中で何度でも移行を成功させる意志と能力。


    p152
    ・100歳になった自分が、今の自分をどう見るのか?
    「正しい答えなんてない。自分の決めたことこそが正しいのヨ」

  • 人生100年時代。
    これだけでインパクトがある。

    確かに昔と今のお爺さんってイメージが違う。
    長く生きるチャンスをどう過ごすか。
    とても面白いテーマ。

    3ステージからマルチステージへ。
    65歳から100歳まで35年、時間もそうだし、生活費も計算してみると凄いことになる。
    自分らしく暮らすには、準備がいることがよくわかる。

    有形資産だけでなく、無形資産という価値。
    よい人生を送るための新しい価値観。
    長寿化は高齢化ではないという、超高齢化社会という言葉の先をいっているお話。

    ただ今までの日本的な考え方からすると、まだまだ抵抗感がある考え方。でも100歳の自分が後悔しないために、何を選択して、チャンスが訪れる時に飛び付けるかは自分しだい。

    新しい考え方へのシフトは、多くの人が、この本の登場人物が感じた不安を同じように感じると思う。

    ワクワクだけでなく、実際にそれを実行した時のそれに寄り添う内容でとても腹落ちしました。

  • ライフシフトを漫画で端的に読むことができる本。
    人生100年時代をどうとらえ、どう生きるか。
    自分にとっては、向き合うべきだけど、まだ向き合いたくないような重たさのあるテーマだったが、爽やかなタッチの絵と、サクサクと進む展開で、読みやすかった。

    人とのご縁は大切にしていこうと思った。

  • 漫画なのでさらっと読めた。
    現状にちっとも満足していないのに、変えたいと思いながら変えてこなかった自分を殴りたい。
    必要なのは、来年、再来年の未来を考えることではない。
    これからは100年生きる人生設計をしないとね。

    実は、2019年から、月一回程度「なごやか読書会」という読書会を開催しています。主催者側に回ると、当日までに本を読むだけではなく、SNSでの集客やホームページ作成、SEO対策なども必要になってきます。仕事では全く使わない知識だから、全て独学。もともと勉強は嫌いではなく、好奇心旺盛で何でもやってみたいタイプなので、新しい学びがあるたびに、新しい人と出会うたびに、楽しいなと思います。
    仕事も趣味も、一度きりの人生なら、めいいっぱい楽しまなきゃね!

    以下、本書から学び得たこと。

    2つ3つのキャリアを持ち、生涯を通して再創造を繰り返すことで、人生の選択肢を広げて生き抜く。

    「無形資産」を作る。
    ①生産性資産・・・主に仕事に役立つ知識やスキル
    ②活力資産・・・健康や、良好な家族・友人関係
    ③変身資産・・・変化に応じて自分を変えていく力

    これからの生き方
    ①エクスプローラー・・・人生を旅して自分と世界を再発見する。日常生活から離れ旅をしたり、新しい人と出会ったり して、既存の価値観から抜け出し、自分についての理解を深めていく。
    ②インディペンデント・プロデューサー・・・組織に雇われずに自分で仕事を生み出す。やりがいや人とのつながりを重視しながら、試行錯誤をスピーディーに繰り返して学びをどんどん深めていく。
    ③ポートフォリオ・ワーカー・・・異なる種類の活動を同時に行う。経験や知識を活かして、いろんな自分を楽しむ。

    「自分が決めたことが正しい」と信じる。

  • ・遊び・学び・仕事の境目がなくなるマルチステージの人生になる
    ・自分らしさにつながる多様な活動が大切。自分への投資が必要。
    ・目に見えない無形資産(スキル、仲間、ネットワークなど)への投資も必要

  • 自分らしく生きるとはどういうことか?イメージして行動する
    無形資産
    ・生産性資産(スキル、知識、仲間)
    ・活力資産(心身の健康)
    ・変身資産(新しいステージへの移行を成功させる意志と能力)
    変身資産を高めるには
    ①自分について理解し、将来の可能性を知ること
    ②幅広いネットワーク
    ③積極的な新しい経験
    結局は、自分自身を変えたいという気持ち次第

    *感想
    章の間にあまり用語の説明はなく、漫画としてサラッと読める。
    問題提起本なので、本書に答えはなく、そういう時代かと理解して終わる。

  • 人生100年時代に向けて生き方を変えていく必要性が書かれています。
    今まで当たり前だった教育→仕事→引退の3ステージから、複数の仕事を掛け持ちしたり、一定期間旅に出たり、ボランティアをやってみたりとマルチステージへ移行していきます。

    そんな時代に重要になってくるのが、スキルや知識を磨くことや、人との良好な関係性作り、積極的に自分を変化させていく姿勢だと学びました。

    しかし一番重要なことは、どうありたいか、どういう人生にしたいかを明確にすることだと書かれています。
    自分はどこでも求める結果を自分で作り出せる自由と、大切な人を守れる程の稼げる力を高め続け、身の周りの社会にプラスの影響を与え続ける生き方をすると決めています。

    これからの時代の流れを踏まえても、今の努力の方向性は間違いないと、改めて革新が深まりました。

    どの時代、環境、仕組みでも結果を出せる自分になるため、自分を変化させ続けます!

  • ありがちなストーリー展開だけど、わかりやすい内容でいいと思います。結末も「読者に委ねる」的な終わり方で、本の持つエッセンスが活きてると思う。
    とりあえず、エッセンスが知りたいなという人にはオススメでは?しっかり読みたい人は最初から、本家を選ぶことをおすすめします。

  • 読みやすさ★★★★★
    学べる★
    紹介したい★
    一気読み★★★★★
    読み返したい★

    ヒット作のためメディアでの紹介も多く、おおよその概略はわかったつもりで読み飛ばしていた作品の漫画版。
    おそらくオリジナルよりかなりストーリー性重視と思われる。
    平均寿命が100歳(を超えていく)というエビデンスが提示されている今、これまでの既成概念~教育→仕事→引退~は通用しなくなり、多様な選択をしていかなければならない。
    いずれも典型的日本人を描いた登場キャラクターの年齢に応じ、就活学生、家庭持ち転職会社員、定年前会社員、それぞれの目線を通して人生戦略の建て直し「LIFE SHIFT」を考察できる。
    働き方改革、副業ブーム、老後2000万円問題を考えるうえで火付け役となった作品では。
    漫画なので読みやすく感情移入もしやすいため、ビジネス書などをあまり読まない人向き。個人的には新たに得る知識はなく、オリジナルが読みたいとも思えなかった。

全123件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1977年生まれ。漫画家、漫画原作者。2006年ヤングジャンプ『カードカタストルフィー』で原作デビュー。『学習まんが 日本の歴史』(集英社)や『マンガでやさしくわかるアドラー心理学』(日本能率協会)『まんがでわかる LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』(東洋経済新報社)『まんがでわかる 伝え方が9割』(ダイヤモンド社)などを手掛ける。

「2021年 『マンガでわかる はじめての海外FX』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星井博文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
スペンサー ジョ...
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

まんがでわかる LIFE SHIFTを本棚に登録しているひと

ツイートする
×