10年後に食える仕事、食えない仕事

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.46
  • (76)
  • (202)
  • (224)
  • (74)
  • (7)
本棚登録 : 1798
レビュー : 271
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492261033

作品紹介・あらすじ

グローバル化で職の72%は価値を失う!くいっぱぐれるな!これが日本人だからこそ有利な仕事。カラー図版であらゆる職を4分類。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「はじめに」には、次のようにある。

    《グローバル化がいくら進もうが、日本人の仕事として日本に残る仕事は、必ず残り続ける。逆に、グローバル化で減る仕事、賃金相場が限界まで下がり続ける仕事、丸ごとなくなる仕事がたくさん出てくるのも事実だ。だから、自分がどの領域で稼ぐのかを考え、仕事を選び、能力を高めていかねばならない。本書はその航路図となるものを目指して執筆した。》

     10年前には世界の頂点に立っていた日本の半導体業界が惨憺たる状況になっていたり、家電大手が軒並み危機に陥っていたりと、栄枯盛衰目まぐるしい日本のビジネス界――。
     では、10年後にはどの仕事が凋落し、どの仕事が安泰なのか? 『企業ミシュラン』シリーズの執筆者で、独立系ニュースサイト「MyNewsJapan」のオーナー兼編集長でもある著者が、豊富な企業取材経験をふまえてその見取り図を提示する本だ。

     著者はあらゆる職業を、以下の4つの象限に大別する。

    ①重力の世界――グローバル化の波に直撃され、最低水準給与に収斂されていく仕事。名前は「重力に引っぱられるように給与が下がっていく」という意味
    ②無国籍ジャングル――「日本人であること」が意味をもたず、世界の有能な人材との戦いを強いられる弱肉強食の仕事
    ③ジャパンプレミアム――日本人にしかできない、低賃金の途上国にアウトソーシングできない仕事
    ④グローカル――日本人の強みを生かしつつ、グローバル化にも対応できる仕事。「グローカル」とは「グローバル」と「ローカル」の合成語

     そのうえで、どの仕事が10年後のどの領域にあたるのかが、具体的なエピソードやデータをふまえてわかりやすく解説されていく。

     「10年後に食えない仕事」にあたるのは①の「重力の世界」で、低付加価値なブルーカラー職種の多くがここに入る。この領域の仕事は、低賃金の途上国にどんどんアウトソーシングされるか、外国人労働者に置き換わっていく。
     日本人の7割以上がこの領域の仕事に就いているとのことで、その人たちは10年後には職を失うか、ぎりぎりの低賃金に甘んじることになるという。

     よくまとまっている本だし、仕事の将来性の大まかな見取り図としては役に立つ。
     ただ、本書で「10年後に食える・食えない」の判断軸になっているのは、グローバル化という軸でしかない。いくつか判断軸があるうちの一つであり、本書だけを参考に若者が仕事を選ぶのは危険だ。

     たとえば、私がやっているフリーライターという仕事は、本書の分類でいけば「ジャパンプレミアム」にあたるだろう。日本語で記事や本を書く仕事を、原稿料の安いミャンマー人のライターにアウトソーシングする、というわけにはいかないからだ。
     その意味でグローバル化の荒波とは無縁だが、かといって、「フリーライターは10年後も安泰」とはとても言えない。むしろ、業界そのものの消長という判断軸から見れば、「10年後に食えない仕事」の筆頭にあげられそうだ(笑)。

     また、著者は「不動産業界は、総じて、グローカル職の総合体といってよい」と書くのだが、それは“不動産業界の仕事は外国人に置き換えにくい”というだけのことで、「10年後も安泰」という話ではあるまい。
     むしろ、私のシロウト考えでは、不動産業界の10年後はかなりヤバイだろう。日本の空き家率がどんどん上昇しているのに、(目先の利益を優先してか)いまなおマンションが続々と建っているし、しかも少子高齢化で不動産需要は右肩下がりなのだから……。

     そのように、著者の言う「10年後に食える・食えない」の判断には、首をかしげる点も少なくない。
     とはいえ、「重力の世界」に属する仕事群に未来がないことは同感だし、日本人の仕事に対するグローバル化の影響を概観した本としては上出来だ。

  • この本は必ず皆さん読んで下さい。必須です。
    そして最優先で読んでみて下さい!!
    今後の自らの、更には子供達の仕事の選択を考える上で必須の本です。
    そして自らの就いている仕事がどのような立場にグローバルな世界の中でおかれているのか? これを理解できます。
    だからこそ、お金について学ぶ必要性を再認識もできますからね。
    自分の立場においてはこの本は様々なヒントを新たに 得る事もできました。。
    ちょうど今書いている日記のシリーズとも関係する内容です。
    子供の将来の選択の上でも非常に大切な考えを学べます!!

  • 職業の分類に関して細かいところで疑問はあったが、大まかな内容は納得できた。今後の対策に関して、もう少し詳述されていてほしかった。

  •  「生きがいを持っての社会参加」とまで「仕事」というものを神聖視するつもりはないが、本書の表題の「10年後に食える仕事と食えない仕事」というテーマは、なんとも身も蓋もない「品のなさ」を感じてしまう。
     しかし、「仕事」というものの風景が現在ではだいぶ変わってきていることも実感していることもあり、本書を手にとってみた。
     「フラット化する世界」でわかりやすく考察している「グローバル経済が世界を変えている現実」は確かにあるが、本書で主張するようにそれが明日にでもすべてにわたって世界を変えるのだろうかという疑問を持った。
     「日本から消える計算事務員」として「日本IBMが経理、人事、給与、福利厚生にかかわる計算事務業務とそれを支える情報システムや、その保守管理業務を、まるごとセットで大連に移してしまって、コストを半減させませんかというえげつないコンサルティングを行い、成果をあげている」という。 
     確かそういう事実はあるだろうし、「コールセンター」の多くが人件費の安い中国などに移転している事実もあるとは思うが、マクロ経済書等を読むと、日本の潜在成長率は極めて低いままであり、日本の産業界がすべて上記のコスト削減を行っているようには到底思えない。
     いずれは「世界はフラット化」するだろうが、現在の世界を見るとまだまだ相当長期間の時間がかかるというのが順当なところなのではないだろうか。
     本書を読んで、それぞれが「学習してキャリアアップ」を図ろうとすることは良い事とは思うが、本書の価値観を共有すると「周りはみんな敵」という情けない人間になりはしないかと、ちょっと懸念をもった。
     本書は、現実の一面のみを切り取り強調している懸念が残る、残念な本であると思う。

  • 世界には飢えている人が沢山いることをよく考えなさい。

    という昔ながらのお説教が現実味を増して蘇る本。
    しかし、もはや、このお説教が促す考え方は、「食べものを粗末にするとバチが当たる」ではない。
    もっと刺激的で、「グローバル化が進むと日本人の多くも食えない可能性がある」だ。

    グローバル化した社会では、ハングリー精神旺盛な人たちと競争の影響は避けられない。特に、ガチで競争する職種は食えなくなるよ、とこの本は教える。ちなみに、この本では、移民受け入れがほぼ前提にあることは注意しておいたほうがいい。

    とは言え、社会人がこれを読んでも、転職などの抜本的な対策を取ることは不可能な人のほうが多数だろう。それに、この本の内容も、なぜ10年後って予想するの?とか、職種を分類しただけで日本人の7割ってなぜ?とか、基本的なところにさえ疑問符がつく眉唾もの。大収斂のトレンドを起点に妄想しただけの本に見える。

    ただし、この本をきっかけに、きたる不況に備えることにするのはありだと思う。例えば、
    - 仕事でスキルアップを目指す
    - 資格をとる勉強
    - あんまりお金を使わない人生の楽しみ方を探す(おすすめ本: 「フロー体験 喜びの現象学」「世界にひとつだけの幸せ」)
    - 健康を維持。病気の予防(特に歯は要注意。保険が効かなくなるかも)
    - 家族や友達と仲良くする。
    - 不安に対処する方法を学ぶ(認知行動療法)
    - 自分の行動を修正する方法を学ぶ(動機づけ理論の本、自己管理の本をよむ)
    - 自分の内発的動機をさぐる
    - 自伝を読んで、人生を考える
    etc.

  • イマイチ。ネタ本として流し読みが良いでしょう。
    生き残れる職業、淘汰される職業を4つのカテゴリーに分類するという考え方は興味深いけれど、「なぜこのエリアにこの職業が?」と思うものが多々見られ、それぞれの職業について理解できているか疑わしい。
    「誰にでもできる仕事に未来がなく、他人と換えがきかない仕事は生き残れる」というのは、海外の安い労働力の参入に関係なく、昔からそうだと思うけど。
    ただ、就きたい職業の将来性を常に意識するのは良いことだと思うので、星2ということで。

  • うん、わかってるけどねっていう話。
    ただ、自分の職業はどの位置にあるかチェックしました。

  • イマイチな本。視点として面白いのは「日本人メリット」を説いた2章のみ。それを受けた、個人レベルでのキャリア開発・国レベルでの政策提言ともに不発。前者はシュリンクする日本マーケットにしがみつく方向(公務員など)に向いており目線が低い。後者は5つ列挙されているものが、取ってつけた寄せ集めの感が否めない。「フラット化する世界」と「ブルーオーシャン戦略」の2つから着想を得たのだろうが、そこからの考察に深みがない。

  • とても興味深い内容。覚えておきたい主張をピックアップした。
    グローバル化が進んでいる現在、10年後にも生き残れるよう日本人メリットの高い仕事をして生き残ろうという考え。日本人メリットが高い職業とは
    ・独自カルチャー依存(芸能、アニメ)
    ・チームワーク&サービス(道徳心、サービス精神)
    ・信用&コミュニケーション(高価商品扱い)
    ・ハイレベルな日本語(弁護士、医師、記者)
    ・国による参入規制(公務員、議員)

    日本人でないと身につけられない特殊性を生かしつつ、グローカル職業を目指せ。グローカルとは
    ・日本人の強みを生かしつつ、高付加価値のスキルを持つ
    ・日本市場向けの高度専門職
    ・高度な日本語、日本人の人的ネットワーク

    「自分の子供の出来が悪かったら公務員になるように仕向ける」

  • 【仕事】身を引き締めるのに最適な一冊。国際化の流れを踏まえて、今後日本国内の仕事環境がどのように変化しているのかを網羅的に考察している。無国籍ジャングル、重力の世界、ジャパンプレミアム、そしてグローカル。スキルタイプと日本人のメリットの2軸でこの4パターンに仕事は分類できるのだとか。10年後を見据えて目指すべきなのはグローカルだと著者は主張している。日本人のメリットを生かしつつ、スキルを高めていくことで生き残りをかけていくのが基本的な戦略となるが、やはりここで出てくるのがサービス業である。日本人特有の気遣い・気配りは世界全体で考えてもかなりの差があるように思う。他の職種はどのクラスタに属するのか、自分が将来就きたい仕事はどこに分類されているのか少し気になる場合は一読してみても良いかもしれない。日本人の7割は危機感を持て。本書でこの言葉がでてくる箇所があるが、その通りだと思う。自分の進むべき道を検討する一つの材料として、この本はいいかと。

全271件中 1 - 10件を表示

渡邉正裕の作品

10年後に食える仕事、食えない仕事を本棚に登録しているひと

ツイートする