10年後に食える仕事、食えない仕事

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.46
  • (76)
  • (202)
  • (224)
  • (74)
  • (7)
本棚登録 : 1795
レビュー : 271
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492261033

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おそらくグローバル化を意識している人が読んだら、「やっぱ、日本の雇用ってそーなんのかー」と思う本。
    グローバル化を意識している人は、おそらく、日本人であることのメリットが活かせながら海外で働く、そんな職を探しているだろうし、本書でもオススメされてました。ただ、その職の事例が少ないのが非常にざんねんでした。

  • 日本人だからこそ活きる仕事もあれば、単純労働はどんどん海外と競争せざるを得なくなる。

  • 今後仕事がなくなり日本人が働くにはどうするかが分かる本。絶対に読むべき本。

  • 加速するグローバル化にどう対処するか…。世界経済の悪化に悩む現在、日本人の仕事選びについての解決策が述べられています。就職活動中の学生から不安を感じているビジネスマンまでぜひご一読ください。

  • 仕事を4種類に区分。図を使って分かりやすく説明。まず区分の仕方に疑問だが、面白い本。

  • 中国のさらに1/20の賃金水準にあるミャンマー
    日本の温泉旅館接客態度や顧客サービスにものすごく満足して帰って行く。でも帰国して自分たちも同じことをしようとゎ思わない。
    ゴールドマンが
    ポット出で日本語を学んだ外国人がやろうとしても出来ない。言葉のニュアンスは10代までにしか身につかない。
    韓国は2004年に単純労働に従事する外国人の合法的受け入れを開始した。
    看護師と介護福祉士はフィリピン、インドネシアに。日本の資格試験。やる気がない日本人よりもモチベが高く、約7割が高い満足度。
    外国は、売る側の方が偉い。
    文句を言われたら対応すれば良い、勝手にホテルの部屋に入ってくる。インド式5つ星グルガオンのホテルで部屋にはいれず一時間待たされた。ミスしても徹底的にドライに交渉、謝らず一歩も引かない。共産党支配やカースト制度といった歴史的に根付く両国のカルチャーは一朝一夕には変わり様がない。いずれも高付加価値のサービス職としては失格で向いてない。
    中国人はすぐに差不多だいたい同じという。日本人ならではのきめ細かい作業が苦手。
    寿司職人。味噌汁の味がどんどん変わり、3日しか持たない。半年経った今も教え続けなきゃいけない。腰を据えてきめ細かい作業を丁寧にやるという発想に欠けている。簡単に儲かるからとか。
    個人が目の前のカネにしか興味がないから基礎技術が組織として蓄積されない。三ヶ月後にはよりよい条件の会社に転職しようとしているからすぐ辞めるチームワークなんか苦手。個対個はライオン、群れたらネズミになる。アシスト出来ない国民性。任せても持ち逃げされたり、一緒に警備員も盗みをしている。
    フランス人やスペイン人もいかに仕事をしないで生きるかを考えている。
    味覚にゎ臨界期があって3歳から中学生くらいで成長止まって固まっちゃう。似たものは作れても同じものは日本人にしかつくれない。
    日本人が自分では自分の強みに気づけないからわざわざ米国から世界一抜け目のない投資会社が目利きを聞かせてやってきたのである。笑

  • 職業のブルーオーシャン戦略。

    一言で言えば職業のブルーオーシャン戦略。横軸は日本人メリットの大小で、縦軸は技能集約的スキルか知識集約的スキルで4つに分類。就いてはいけない仕事は日本人メリットが小さく技能集約的な仕事。たとえばレジ打ち。単に分類しただけではあまり参考にならないかもしれない。

  • さらっと読めます。
    アウトソーシング (BPO=business process outsourcing)ってキーワードを意識してみるとイメージが付けやすいかも

    元IBMの方、元なのでIBMのBPOに対してキツメのコメント
    また、受託地域の文化・風土面のコメントが多々あり

    BPOを単に”契約したから後はよろしく!!”って
    勘違いした事のある方は読んでみては

  • 斜め読み。知識型、日本人メリットの二つの軸から各職業がグローバル化から受ける影響と見通しを分析していくといったお話。
    仰る通りではあるのでしょうが、インターネットをはじめとしたテクノロジーがもらたすフリーミアム、自動化の観点が抜けているのではないかと感じた。10年、20年以内に我々の仕事を脅かす相手は、人間だけとは限らないかも。

  • グローバルな視点から、10年後にも期待できる仕事と期待できそうにない仕事を分類しているちょっと変わった一冊です。仕事、というものを考えるときに、どうしても目先の3年をイメージしがちですが、こんな風に俯瞰的に職業を考えてみるもの一つおもしろいかもしれません。

    (発達科学部 3回)

全271件中 91 - 100件を表示

渡邉正裕の作品

ツイートする