10年後に食える仕事、食えない仕事

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.46
  • (76)
  • (202)
  • (224)
  • (74)
  • (7)
本棚登録 : 1798
レビュー : 271
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492261033

作品紹介・あらすじ

グローバル化で職の72%は価値を失う!くいっぱぐれるな!これが日本人だからこそ有利な仕事。カラー図版であらゆる職を4分類。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「はじめに」には、次のようにある。

    《グローバル化がいくら進もうが、日本人の仕事として日本に残る仕事は、必ず残り続ける。逆に、グローバル化で減る仕事、賃金相場が限界まで下がり続ける仕事、丸ごとなくなる仕事がたくさん出てくるのも事実だ。だから、自分がどの領域で稼ぐのかを考え、仕事を選び、能力を高めていかねばならない。本書はその航路図となるものを目指して執筆した。》

     10年前には世界の頂点に立っていた日本の半導体業界が惨憺たる状況になっていたり、家電大手が軒並み危機に陥っていたりと、栄枯盛衰目まぐるしい日本のビジネス界――。
     では、10年後にはどの仕事が凋落し、どの仕事が安泰なのか? 『企業ミシュラン』シリーズの執筆者で、独立系ニュースサイト「MyNewsJapan」のオーナー兼編集長でもある著者が、豊富な企業取材経験をふまえてその見取り図を提示する本だ。

     著者はあらゆる職業を、以下の4つの象限に大別する。

    ①重力の世界――グローバル化の波に直撃され、最低水準給与に収斂されていく仕事。名前は「重力に引っぱられるように給与が下がっていく」という意味
    ②無国籍ジャングル――「日本人であること」が意味をもたず、世界の有能な人材との戦いを強いられる弱肉強食の仕事
    ③ジャパンプレミアム――日本人にしかできない、低賃金の途上国にアウトソーシングできない仕事
    ④グローカル――日本人の強みを生かしつつ、グローバル化にも対応できる仕事。「グローカル」とは「グローバル」と「ローカル」の合成語

     そのうえで、どの仕事が10年後のどの領域にあたるのかが、具体的なエピソードやデータをふまえてわかりやすく解説されていく。

     「10年後に食えない仕事」にあたるのは①の「重力の世界」で、低付加価値なブルーカラー職種の多くがここに入る。この領域の仕事は、低賃金の途上国にどんどんアウトソーシングされるか、外国人労働者に置き換わっていく。
     日本人の7割以上がこの領域の仕事に就いているとのことで、その人たちは10年後には職を失うか、ぎりぎりの低賃金に甘んじることになるという。

     よくまとまっている本だし、仕事の将来性の大まかな見取り図としては役に立つ。
     ただ、本書で「10年後に食える・食えない」の判断軸になっているのは、グローバル化という軸でしかない。いくつか判断軸があるうちの一つであり、本書だけを参考に若者が仕事を選ぶのは危険だ。

     たとえば、私がやっているフリーライターという仕事は、本書の分類でいけば「ジャパンプレミアム」にあたるだろう。日本語で記事や本を書く仕事を、原稿料の安いミャンマー人のライターにアウトソーシングする、というわけにはいかないからだ。
     その意味でグローバル化の荒波とは無縁だが、かといって、「フリーライターは10年後も安泰」とはとても言えない。むしろ、業界そのものの消長という判断軸から見れば、「10年後に食えない仕事」の筆頭にあげられそうだ(笑)。

     また、著者は「不動産業界は、総じて、グローカル職の総合体といってよい」と書くのだが、それは“不動産業界の仕事は外国人に置き換えにくい”というだけのことで、「10年後も安泰」という話ではあるまい。
     むしろ、私のシロウト考えでは、不動産業界の10年後はかなりヤバイだろう。日本の空き家率がどんどん上昇しているのに、(目先の利益を優先してか)いまなおマンションが続々と建っているし、しかも少子高齢化で不動産需要は右肩下がりなのだから……。

     そのように、著者の言う「10年後に食える・食えない」の判断には、首をかしげる点も少なくない。
     とはいえ、「重力の世界」に属する仕事群に未来がないことは同感だし、日本人の仕事に対するグローバル化の影響を概観した本としては上出来だ。

  • この本は必ず皆さん読んで下さい。必須です。
    そして最優先で読んでみて下さい!!
    今後の自らの、更には子供達の仕事の選択を考える上で必須の本です。
    そして自らの就いている仕事がどのような立場にグローバルな世界の中でおかれているのか? これを理解できます。
    だからこそ、お金について学ぶ必要性を再認識もできますからね。
    自分の立場においてはこの本は様々なヒントを新たに 得る事もできました。。
    ちょうど今書いている日記のシリーズとも関係する内容です。
    子供の将来の選択の上でも非常に大切な考えを学べます!!

  • 職業の分類に関して細かいところで疑問はあったが、大まかな内容は納得できた。今後の対策に関して、もう少し詳述されていてほしかった。

  •  「生きがいを持っての社会参加」とまで「仕事」というものを神聖視するつもりはないが、本書の表題の「10年後に食える仕事と食えない仕事」というテーマは、なんとも身も蓋もない「品のなさ」を感じてしまう。
     しかし、「仕事」というものの風景が現在ではだいぶ変わってきていることも実感していることもあり、本書を手にとってみた。
     「フラット化する世界」でわかりやすく考察している「グローバル経済が世界を変えている現実」は確かにあるが、本書で主張するようにそれが明日にでもすべてにわたって世界を変えるのだろうかという疑問を持った。
     「日本から消える計算事務員」として「日本IBMが経理、人事、給与、福利厚生にかかわる計算事務業務とそれを支える情報システムや、その保守管理業務を、まるごとセットで大連に移してしまって、コストを半減させませんかというえげつないコンサルティングを行い、成果をあげている」という。 
     確かそういう事実はあるだろうし、「コールセンター」の多くが人件費の安い中国などに移転している事実もあるとは思うが、マクロ経済書等を読むと、日本の潜在成長率は極めて低いままであり、日本の産業界がすべて上記のコスト削減を行っているようには到底思えない。
     いずれは「世界はフラット化」するだろうが、現在の世界を見るとまだまだ相当長期間の時間がかかるというのが順当なところなのではないだろうか。
     本書を読んで、それぞれが「学習してキャリアアップ」を図ろうとすることは良い事とは思うが、本書の価値観を共有すると「周りはみんな敵」という情けない人間になりはしないかと、ちょっと懸念をもった。
     本書は、現実の一面のみを切り取り強調している懸念が残る、残念な本であると思う。

  • 世界には飢えている人が沢山いることをよく考えなさい。

    という昔ながらのお説教が現実味を増して蘇る本。
    しかし、もはや、このお説教が促す考え方は、「食べものを粗末にするとバチが当たる」ではない。
    もっと刺激的で、「グローバル化が進むと日本人の多くも食えない可能性がある」だ。

    グローバル化した社会では、ハングリー精神旺盛な人たちと競争の影響は避けられない。特に、ガチで競争する職種は食えなくなるよ、とこの本は教える。ちなみに、この本では、移民受け入れがほぼ前提にあることは注意しておいたほうがいい。

    とは言え、社会人がこれを読んでも、転職などの抜本的な対策を取ることは不可能な人のほうが多数だろう。それに、この本の内容も、なぜ10年後って予想するの?とか、職種を分類しただけで日本人の7割ってなぜ?とか、基本的なところにさえ疑問符がつく眉唾もの。大収斂のトレンドを起点に妄想しただけの本に見える。

    ただし、この本をきっかけに、きたる不況に備えることにするのはありだと思う。例えば、
    - 仕事でスキルアップを目指す
    - 資格をとる勉強
    - あんまりお金を使わない人生の楽しみ方を探す(おすすめ本: 「フロー体験 喜びの現象学」「世界にひとつだけの幸せ」)
    - 健康を維持。病気の予防(特に歯は要注意。保険が効かなくなるかも)
    - 家族や友達と仲良くする。
    - 不安に対処する方法を学ぶ(認知行動療法)
    - 自分の行動を修正する方法を学ぶ(動機づけ理論の本、自己管理の本をよむ)
    - 自分の内発的動機をさぐる
    - 自伝を読んで、人生を考える
    etc.

  • イマイチ。ネタ本として流し読みが良いでしょう。
    生き残れる職業、淘汰される職業を4つのカテゴリーに分類するという考え方は興味深いけれど、「なぜこのエリアにこの職業が?」と思うものが多々見られ、それぞれの職業について理解できているか疑わしい。
    「誰にでもできる仕事に未来がなく、他人と換えがきかない仕事は生き残れる」というのは、海外の安い労働力の参入に関係なく、昔からそうだと思うけど。
    ただ、就きたい職業の将来性を常に意識するのは良いことだと思うので、星2ということで。

  • うん、わかってるけどねっていう話。
    ただ、自分の職業はどの位置にあるかチェックしました。

  • イマイチな本。視点として面白いのは「日本人メリット」を説いた2章のみ。それを受けた、個人レベルでのキャリア開発・国レベルでの政策提言ともに不発。前者はシュリンクする日本マーケットにしがみつく方向(公務員など)に向いており目線が低い。後者は5つ列挙されているものが、取ってつけた寄せ集めの感が否めない。「フラット化する世界」と「ブルーオーシャン戦略」の2つから着想を得たのだろうが、そこからの考察に深みがない。

  • とても興味深い内容。覚えておきたい主張をピックアップした。
    グローバル化が進んでいる現在、10年後にも生き残れるよう日本人メリットの高い仕事をして生き残ろうという考え。日本人メリットが高い職業とは
    ・独自カルチャー依存(芸能、アニメ)
    ・チームワーク&サービス(道徳心、サービス精神)
    ・信用&コミュニケーション(高価商品扱い)
    ・ハイレベルな日本語(弁護士、医師、記者)
    ・国による参入規制(公務員、議員)

    日本人でないと身につけられない特殊性を生かしつつ、グローカル職業を目指せ。グローカルとは
    ・日本人の強みを生かしつつ、高付加価値のスキルを持つ
    ・日本市場向けの高度専門職
    ・高度な日本語、日本人の人的ネットワーク

    「自分の子供の出来が悪かったら公務員になるように仕向ける」

  • 【仕事】身を引き締めるのに最適な一冊。国際化の流れを踏まえて、今後日本国内の仕事環境がどのように変化しているのかを網羅的に考察している。無国籍ジャングル、重力の世界、ジャパンプレミアム、そしてグローカル。スキルタイプと日本人のメリットの2軸でこの4パターンに仕事は分類できるのだとか。10年後を見据えて目指すべきなのはグローカルだと著者は主張している。日本人のメリットを生かしつつ、スキルを高めていくことで生き残りをかけていくのが基本的な戦略となるが、やはりここで出てくるのがサービス業である。日本人特有の気遣い・気配りは世界全体で考えてもかなりの差があるように思う。他の職種はどのクラスタに属するのか、自分が将来就きたい仕事はどこに分類されているのか少し気になる場合は一読してみても良いかもしれない。日本人の7割は危機感を持て。本書でこの言葉がでてくる箇所があるが、その通りだと思う。自分の進むべき道を検討する一つの材料として、この本はいいかと。

  • おもしろい。そして焦ってしまう。
    もはやのんびりしてる場合じゃない・・のね・・

  • 期待して買ったのに少し残念。
    以下理由。

    【フレーム】
    ・仕事を4つに分ける。
     縦軸:知識型⇔技能型
     横軸:日本の特性が出しにくい多国籍市場⇔日本の中で日本人の特性が生かせる仕事。
    ①多国籍市場∧技能型(重力世界)→将来賃金がとてもやすくなる。
    ②多国籍市場∧知識型(ジャングル)→実力、運が必要。
    ③日本市場∧技能型(日本プレミアム)→日本市場でサービス特価
    ④日本市場∧知識型(グローカル)→日本市場で高度専門化、日本人の信頼を得るので安泰。

    【がっかり】
    ・そもそも日本市場が少子高齢化でもう安泰ではない。
    ・看護師(知り合いにいるので)は日本人の信頼がもっとも必要なのに日本 プレミアムでなく重力世界になっていた。

    【提案】
    ※前提は世界市場(→世界と戦うなら安泰な領域なし)。
    ・縦軸は多国籍でのライバルの多さ、
     横軸は日本市場はもうダメなので、
     世界市場規模が大きいか少ないかで分ける。

    ①ライバル多い∧世界市場規模小さい
      →賃金低下
    ②ライバル少ない∧世界市場規模小さい
      →安いが安定賃金、まれに高賃金
    ③ライバル多い∧世界市場規模大きい
      →みな中低賃金
    ④ライバル少ない∧世界市場規模小さい
      →高賃金

    →弁護士、税理士等はだがライバルは少ないが世界市場では小さい。国際弁護士、CAPならライバル少ない∧世界市場も大きい。

  • ノマドなライフのための本、第4弾です。
    ノマドとは直接は関係ないのですが、
    フリーランスとして独立した際、
    選んだ業種でお金がきちんと稼げるかどうかの
    半分は決まってしまうといっても過言ではありません。

    そのような時代背景の中、10年後どんな仕事が
    生き残り、どんな仕事が搾取されてしまうのかを
    大胆に予想した本。
    昔から、中国人・インド人でもできる仕事はNG、
    コンピューターでもできる仕事はNGと言われていますが、
    全くその通りで、著者は外国人でも出来る単純作業ではなく、
    日本人特有の強みが活かせる分野で、
    技能ではなく知能で勝負が出来る分野の
    仕事に就くことを勧めています。

    これらの説明を行うために、
    4つの象限に仕事を分けているのですが、
    その分け方がとても綺麗な軸で分けられていて、
    スムーズに著者の主張が理解できるようになっています。
    ノマドには関係なくとも、
    自分の仕事がいまどの位置にいるのかだけでも
    確認する価値のある本だと思います。

  • 就活中なので、仕事選びの軸を考える時にすごく参考になりました。
    「情報産業は場所を選ばないから、世界のどこにいても仕事ができる。」と考えて就活をしていたのですが、世界中の天才・秀才たちとの絶対的な勉強量の差や、現状の自分の英語力を勘案して危ないキャリアパス形成をしていたことに気づきました。(この本でいう、無国籍ジャングルor重力の世界)

    ただ、東洋経済にこの本の特集が組まれてたから、そっち読めば自分には事足りたかなって思います。

  • 一億人を切るまではまだ相当の年数が残っており、内需はあるから容易に外国人に浸食されない仕事がいいというのが本書の主張のようで、個人的な感覚とこの大前提がずれるが、高度な日本語に加えてそこそこの英語とそれなりの論理的思考(数学とかしっかりした文章を読み書きする力、教養に近い)があると容易には外国人には浸食されない分野は実感としてあると思う。それでも、未来が安泰だとは思えないし、定年すぎても食えるかというと疑問。この本は主張が合っているか間違っているかを議論するよりも、安易な海外で勝負しよう的発想を疑って改良するためのヒントにはなった。確かに、無国籍ジャングルに飛び込む前に、少し有利な戦いができる場所はないかと考えるのはいいと思う。

  • ●グローバル化の波と無縁の者もたくさんいる。現状では公務員(教師、消防、警察、各役所の職員…)がそうだし、民間でもJR各社など主要な鉄道系の正社員、また個別企業でいえば、東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドのような、サービス業の分野で、競合がおらず圧倒的なブランドを築いている企業の正社員は、IT化もグローバル化もどんと来い、という感じである

    ●日本独自のカルチャーで育った人材(つまり、お笑い芸人や、アニメ・ゲームの開発者)は、外国人に代替されるとは考えにくい

    ●「顧客サービス力」が強みとなるのは、産業としては、旅館やホテル、航空会社、テーマパークなど

    ●ハウスメーカーや自動車ディーラーの営業担当者は、やはり日本人の仕事として残り続ける

    ●少額の医療・生命保険や投資信託などの金融商品になると、対面販売からネット販売への移行スピードは速まり、若い顧客層から対面販売が不要になっていく

    ●裁判官は、国家公務員特別職なので、国籍条項によって100%日本人だ

    ●単純な事務作業については、国籍が関係なくなる

    ●低価格ソルジャー営業は「重力の世界」

    ●介護の仕事に日本人メリットがない

    ●金融とITはレバレッジが利きやすいため、デキる人の価値は暴騰しやすい

    ●「カネ」「情報」「モノ」が国境を越えやすいのに対し、「ヒト」と「土地」は、国境を越えにくい

    ●現地のマーケットに精通したグローカルのマッケッターは、グローバル化して資本が外資になろうと関係なく、活躍の場は消えないどころか、重宝される

    ●記者という職業は、「信用&コミュニケーション」「ハイレベルな日本語」という2つの障壁に守られており、外国人による代替がほとんど不可能

  • 【資本主義の定理】
    日本人にとってどういう仕事が今後残っていき、どういう仕事が消えていくかを説いた本です。

    東京に来て思うことは外国人が多いことです。特に中国人。中華料理屋の店員、居酒屋の店員などはかなりの割合で中国人です。コンビニなども中国人あるいは韓国人が増えています。牛丼系もチカラ飯は中国人です。今まで日本人がアルバイトで働いていた職業に中国、韓国の人たちが従事している状況です。
    こういう状況であらためて考えてみると、「今自分のやっている仕事は日本人でなければならないのか」という疑問にぶち当たりました。
    簡単に答えを出すと「日本人の必要はない」ということになります。中国、韓国あるいはインドの人でもいいのです。ただ、国内向けの営業となると、日本人のほうが有利でしょう。
    しかし、資本主義の原理として安い労働力にどんどん移行していくために、今後メーカの生産は海外に移転し、国内需要も減少することは目に見えています。それに伴い、国内営業もパイとしては小さくなっていくことになるでしょう。

    雇われる側にいると、どうしてもきられるリスクを回避することはできません。

  • グローバル化時代の職業マップとして、縦軸にスキルタイプ、横軸に日本人メリットと考え、4つのゾーン(左上が無国籍ジャングル、左下が重力の世界、右上がグローカル、右下がジャパンプレミアム)を想定して、それぞれにあてはまる職業を解説している。
    重力の世界で生き残るのは難しい。

  • グローカルをまずは目指さないとね

  • 仕事がカテゴリごとに分類されている。

    (本屋でチョイ読み)

  • 持ちつ持たれつ、三方よしよし、お互い様の いいおい仕事で世界が回りたいもんです。みんな食えーる。

  • この本が発行されてもう6年経つが、10年に近づいている割に、日本の世の中そこまで変わってないな、という感想。

    日本の7割の仕事は、安価な外国人労働力、IT化と戦いながら奪われていく…という過激に危機感を煽る内容になっていたが、どちらかというと世の中が変わった動機は、日本の人口減少による労働力不足と、適切な中堅ができる人材がいないために生産性を上げて活用を高めないといけないという背景のほうが色濃かったと思う。

    ちなみにこの本の中に何度か出てくるグローバル化した会社に在籍しているが、実際にはグローバル化の中で新しいポジションが増え、国内外問わずに優秀な人は優秀だから機会は与えられており、外国人にリプレイスされている訳ではない。
    また、結局社風という壁は常に存在していて、それは外資内資関係なく、そのスクリーニングに耐えうる人材の上での適材適所になるので、日本の多くの企業は簡単に日本人から仕事をリプレイスできないのでは?という話が抜けている。

    結局それで日本の内需をきちんと取りながら、グローバル化で戦える大手が沢山ある現状、作者が言うほど暗い未来にはなっていない。
    でも、常にチャレンジするハングリー精神を持つ人材で自分は居たいなあと思う。

  • 情報が偏っている気がするのと、少し強引なカテゴライズに疑問を感じた。
    良く言えば、うまくまとまりすぎていて、結果に至った根拠の説明が薄い。
    この本の目的は、「結果」を紹介することだと思うので、そういう構成になるのは理解できるが、私は違和感を感じた。

    勉強になったこととしては、自分の職種はかなり希少性が高いことだ。今後転職するにしても、今の仕事と同じくらい専門性が高く、日本人しかできない仕事に就くべきだろう。すなわち、これからずっと勉強による専門性の向上を続ける必要がある。(そういったレールに初めから乗れたのはいいが、疲れるなw)
    あと、日本の技術力を高めるためにも、研究者をもっと優遇すべきだと読んでいて思った。
    それから、普通に英語が話せるようにならないと、いろんな意味で損をすると思った。

  • 読みやすくて良いんだけど何かが足りない感。10年後に食える仕事、そうでない仕事というテーマであれば仕方ないのかな。結局頼れるのは自分だけ。就活中の学生は参考に読んでみても良いかも。自分の今の仕事?10年後にはどうなってるかわからないでしょうね(笑)。
    あんまり関係ないけど、そもそもグローバル化ってそんなに必要なのかな?なんて考えたり。
    本書の「重力の世界」(グローバルの最低給与水準に収斂される)、「無国籍ジャングル」(世界70億人との仁義なき戦い)は、なるほどって感じかな。もちろん全てがそうとは思えないけど。
    キャリアを見直すには良い本だと思う。いろいろ感じることはあるけど、個人的にはやっぱ公務員だと思う。その他では、味噌・醤油、日本酒メーカー、伝統的なカルチャーを扱う職業などか。
    政府の力に期待したいけど10年後を考えればどこも厳しいと思う。で、どうにかなるさ!かな(巻末「おわりに」にあるスペイン人の根拠のない展望)。
    (過去の読書記録登録のため評価なし)

  • 少し考えれば自明の内容。

  • 薄い、中身が薄すぎる。
    根本的には海外との競争で技術がいらない仕事はどんどんとなくなっていく。というのを書く業種について話していく本。
    それだけのことを繰り返し述べているだけ。深掘りがない。


    仕事を日本人メリット、スキルタイプの2軸で比較する。
    日本人メリットが大きい仕事は海外の労働移行に耐えられる。
    少ない仕事はスキルタイプにより、海外と戦っていく仕事と、労働賃のやすさに負ける仕事に分けられる。

  • 縲御シ∵・ュ繝溘す繝・繝ゥ繝ウ縲阪′髱「逋ス縺МyNewsJapan縺ョ貂。驍峨&繧薙?譛ャ縲
    菴輔□縺矩匍閻舌〒荳句刀縺ェ繧ソ繧、繝医Ν縺?縺代←縲∽クュ蜻ウ縺ッ閾ウ縺」縺ヲ逵溘▲蠖薙?
    闡苓???繧ケ繧ュ繝ォ繧ソ繧、繝励′遏・隴倬寔邏?噪縺区橿閭ス髮?エ?噪縺九?∵律譛ャ莠コ繝。繝ェ繝?ヨ縺悟、ァ縺阪>縺句ー上&縺?°縺ァ縲
    4雎。髯舌?繧ー繝ェ繝?ラ繧呈緒縺上?らャャ?題ア。髯舌′繧ー繝ュ繝シ繧ォ繝ォ縲∫ャャ?定ア。髯舌′辟。蝗ス邀阪ず繝」繝ウ繧ー繝ォ縲∫ャャ?楢ア。髯舌′驥榊鴨縺ョ荳也阜?域怙謔ェ?峨?∫ャャ?碑ア。髯舌′繧ク繝」繝代Φ繝励Ξ繝溘い繝?縺?縲ゅ%縺薙〒隨ャ?題ア。髯舌→隨ャ?碑ア。髯舌r繝悶Ν繝シ繧ェ繝シ繧キ繝」繝ウ縲∫ャャ?定ア。髯舌r繧ク繝」繝ウ繧ー繝ォ縲∫ャャ?楢ア。髯舌r繝ャ繝?ラ繧ェ繝シ繧キ繝」繝ウ縺ィ縺励※縺?k縲
    邏榊セ玲─縺後≠繧翫?∽ク?豌励↓隱ュ繧薙□縲
    縺輔※縲∽ソコ縺ッ縺ゥ縺薙□繧阪≧縲ゅ▲縺ヲ縺?≧縺九?√◎繧ゅ◎繧ゆソコ縺ッ縺薙≧縺?≧縺薙→縺ォ蜈ィ縺乗э繧剃サ九&縺ェ縺?¢縺ゥ縲

  • 日本人メリットのある仕事の優位性が紹介されている。
    この本は2012年だが、すでに6年経っている現在でもまだ残っている職業はある。いくら日本語でしか書けないからと言って、記者や作家が食っていける仕事は思えないだが…。

    職業というか、会社の規模にも寄るんではないかと思うし、将来有望株の仕事でも激務はあるから、個々人しだい。

  • 就活中に読んだ本。
    未来に関する働き方の本ってたくさんあると思うけど、その中でこの本は日本人にしかできない仕事(「ジャパンプレミアム」と表現)にフォーカスしてるところがおもしろい。

  • 日本人ならではの強みも大事。

全271件中 1 - 30件を表示

渡邉正裕の作品

10年後に食える仕事、食えない仕事を本棚に登録しているひと

ツイートする