コロナ後に生き残る会社 食える仕事 稼げる働き方

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.47
  • (7)
  • (18)
  • (23)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 210
感想 : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492261163

作品紹介・あらすじ

コロナショックを見据え6月に完全書き下ろし!
最新情報・分析が満載!

【会社】「弱肉強食の時代」が加速――世界的「コロナ大恐慌」の衝撃
・「移動蒸発→需要蒸発→蒸発雇用」、世界の「牽引役」不在
・リーマンショックを超える景気悪化はこれから
・消える会社、業種は? 日本企業がとるべき4戦略は?

【仕事】「プロしか食えない時代」の到来――あなたの仕事は消失? 残る?
・米国では5人に1人が失業、トヨタは5割を中途採用に
・AI?コロナで「無用な人」と「引く手あまたの人」の二極化に
・自己診断!あなたの「代替可能性?付加価値」は?

【働き方】「レスの時代」がやってくる―― 「生産性?創造性」を最大化する秘訣
・「通勤レス」「対面レス」「出張レス」がいっきに加速
・どこでも稼げる人の共通点、チームワーク・育成のコツ
・時間の使い方、能力の磨き方、自己管理の方法は?

コロナ後の「会社」「仕事」「働き方」の変化が1冊でわかる!


この本で「変化の本質」を知り、 
生き残り、稼ぎ続ける人になれ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 先が全く読めない不安定、不透明な環境(VUCA)で企業はどう生き残っていくべきか。

    以下、気になったフレーズ

    コロナショックはプロの時代をもたらす。
    専門性をもったプロのみが活躍する世界になる。

    日本企業が再生のためにとるべき戦略
    ①サバイバル戦略
    ②生産性戦略
    ③成長戦略
    ④人材戦略

    方策① 人員の適正化、ダウンサイジング
         ex本社3割の人員は余剰
    方策② コストの「変動費化」
         固定費の圧縮
    方策③ 目先のビジネスチャンスをものにする
         顧客の変化を見逃さない

    両利きの経営
     既存事業の深耕・新規事業の探索を同時に

    新規事業の探索 を阻むもの
     オーバーアナリシス(過剰な分析)
     オーバープランニング(過剰な計画)
     オーバーコンプライアンス(過剰な法律的縛り)

    社内コミュニケーション術

    ・3タイプに分けて考える
     ①言われなくてもやる人 
       自己管理力が高い
     ②言われたらやる人   
       完全に自立していないので、オンラインとオフラインを併用する
     ③言われてもやらない人
       本来会社にいてはいけない人

    ・経験値の高い人と低い人を組ませる「メンタリング」
     仕事ができる人は在宅で仕事をし、仕事ができない人がオフィスにいると人が育たない。
     独り立ちできていない人は、分断されて、育たない課題がでてくる。

    ・「ムダ話」や「雑談」をするための、インフォーマル・コミュニケーションの「場」をつくる

    ・オフラインで人間の「機微情報」を見て、伝える


    オンライン化やリモートワークの最大のリスクは
     つながっているつもり
     見えているつもり
     わたかっているつもり

    現場に行かなければ感じられないもの、人と対面で会わなければ見えてこないものは確実にある
    「三現主義」(現地・現物・現実)
    五感で感じるリアリズムは、デジタルで代替することはできない。

    掛け持ち業務や、副業で
    新たな場でチャレンジすることができる


    コロナ後の人材評価
     ①自己管理できる人
     ②指示待ちではない人
     ③自己研さんを続けられる人
     ④会社にしがみつかない人

  • コロナ後の経済環境について「法人」と「労働者」の視点から解説している。

    タイムリーな内容であり、その出版までのスピードは評価出来るが、内容の体系化があまり出来ていない印象を受ける。

    内容としては「新しい発想」というより「既知の再確認」が主である。コロナ前からあるぼんやり遠い未来の話が、急に現実的な近い未来となったのは、共感できる。

    以下は要点

    【環境】
    ◯コロナは「歴史的大転換点」
    ・「出口が見えないトンネル」ではなく「出口がないトンネル」。出口は自分で掘らなければならない。

    ◯「70%エコノミー」「雇用蒸発」
    ・コロナ特需は限定的で蒸発した巨大な需要は補えない。
    ・資産価値の減少だけではなく、幅広くCFの影響がある。

    ◯「真面目な茹でガエル」は死滅する
    ・勝ち組と負け組の格差拡大
    ・経営者だけでなく、社員も変わらないければ「お払い箱」になる

    【会社】
    ◯サバイバル戦略
    ・人員のダウンサイジング
    ・固定費の変動費化(正社員ではなく派遣、本業以外のアウトソーシング)
    ・いまこそ「内需(既存市場)開拓」

    ◯生産戦略
    ・オンライン、リモートを主に
    ・業務の棚卸(効率化ではなく廃止)

    ◯成長戦略
    ・新規事業は「アジャイル方式」で
    ・若手をリーダーに
    ・M&Aで時間を買う

    ◯人材戦略
    ・人事制度で「新たなレールを敷く」事が出来る人を評価する
     →ミッションとリザルトで評価する
    ・市場価値が高い人を年俸制(成功報酬)で採用すれば結果的に安い
     →特に地方や中小中堅はやるべき
    ・「ナレッジワーカー」(現場改善出来る人)の評価を高め手放さない
     →本部の「働かないおじさん」を排除

    【仕事】
    ◯「プロフェッショナル」になれる分野を探す(長期的に必要or応用ができる事)
     →中途半端なゼネラリストは不要
    ・「食える仕事」は「代替可能性」と「付加価値の大きさ」の二軸で分類する
    ・「真面目に働けば豊かになる」は遠い昔の話

    ◯「プロ」への視点
    ・社内価値ではなく市場価値
    ・プロセスではなく結果
    ・相対ではなく絶対
    ・他律ではなく自律
    ・コントローラブルに集中

    【働き方】
    ◯生産性についてドイツとの違い
    ・「インプット」と「アウトプット」の差が生産性だが、日本は「インプット」の最小化が得意、ドイツは逆(車が良い例)
     →どうすれば高く売れるかの視点

    ◯経験値の高い人と低い人を組ませ、アドバイスする「メンタリング」が重要に

    ◯リモート、オンラインの注意点
    ・「インフォーマルコミュニケーション」の場を作る
    ・定期的に対面するから、リモートやオンラインが活きる

    ◯個を尊重する
    ・転勤レス、通勤レス、残業レスなど

  • 2週間で書き上げた本とのことだが、すでに会社員ではない私にとっては、コロナに関係なく、当たり前の事をもっともらしく書いているだけという印象の本。読者をバカにするなと思いつつ、この本になるほどと思った人がいたなら、その人は「真面目な茹でガエル」さんかも。

  • リモートワークは、業務ではなく人で見るという考え方は共感できた。
    自己管理能力が高い人が向いている。
    アウトプットが高いプロを目指したい!

  • こちらの電子書籍を閲覧するには以下のURLをクリック!
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000096088

    学外から読む(リモートアクセス)には、事前に学内Wi-fiにつないだ状態でユーザー認証アカウントの登録をする必要があります。
    登録方法は、以下URLをご確認ください。
    https://bit.ly/3xlYA79


    *学内での登録がまだできていない方*
    事前手続き不要の“共通認証ID/認証パスワード”(有効期限2022年3月末まで。本学学生・生徒、教職員に限る。)が利用できます。
    学園図書館HPからMyLibraryにログインのうえ“認証ID/認証PW”をご確認ください。

  • 皆が考えている知識や情報を取りまとめた本。そう理解して読むならば役立つだろう。
    まああまり目新しさはない。

  • 今後の人材戦略にも触れており、まとまってて読みやすかった。参考になった

  • いわゆる耳読書で聴いたのだが、大事なところをメモにとってまとめておけばよかった。納得できる部分も多かった。読み直したいと思う。

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/743866

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

遠藤 功(エンドウ イサオ)
株式会社シナ・コーポレーション代表取締役
早稲田大学商学部卒業。米国ボストンカレッジ経営学修士(MBA)。三菱電機、複数の外資系戦略コンサルティング会社を経て、現職。2006年から2016年まで早稲田大学ビジネススクール教授を務めた。2020年6月末にローランド・ベルガー会長を退任。同年7月より「無所属」の独立コンサルタントとして活動している。多くの企業で社外取締役、経営顧問を務め、次世代リーダー育成の企業研修にも携わっている。
株式会社良品計画社外取締役。SOMPOホールディングス株式会社社外取締役。株式会社ネクステージ社外取締役。株式会社ドリーム・アーツ社外取締役。株式会社マザーハウス社外取締役。
15万部を超えるロングセラーである『現場力を鍛える』『見える化』(いずれも東洋経済新報社)をはじめ、『現場論』『生きている会社 死んでいる会社』(いずれも東洋経済新報社)『新幹線お掃除の天使たち』(あさ出版)『ガリガリ君の秘密』(日経ビジネス人文庫)など、ベストセラー書籍多数。

「2022年 『「カルチャー」を経営のど真ん中に据える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠藤功の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
デールカーネギ...
ひろゆき
ジェームス W....
稲盛和夫
チャールズ・A....
アンデシュ・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×