「はだかの王様」の経済学

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.40
  • (1)
  • (7)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 62
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492371053

作品紹介・あらすじ

荘子から現代ゲーム論までを貫くマルクス疎外論の社会図式。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ビジネス
    お金

  • マルクスの資本論を読みたかったので、まずは概念等を理解したく選んだ一冊。これを読んでマルクス経済も何も経済概念もしっかり理解しなくてはならないことが判明。とにかく、分かりやすい。読書から離れていた人でマルクスを学び直したい、という人にはオススメしたい。

  • これは好著。経済に疎い私でも難なく読めて、それでいて示唆的。

    本書では「はだかの王様」の構造が最初に紹介される。
    これは、「みんな『アレッ?』と思ってるけど言えない。なぜなら、それを言ったら
    自分が損な目に遭うかもしれないから。こうして実体のない『権力』etc...が
    あたかも本物のように振舞い始めて、人々の行動を規定(疎外!)する」というもの。

    この枠組みに基づき、著者は明快に「貨幣」や「資本主義」などについて説明していく。
    随所で童話などを例示に使うのも好感が持てるし、とにかく一貫してこの構造に
    準拠していくので、常に思考がガイドされているようなある種の安心感がある。
    物語性があるからなのか、経済書を読んでいるという気は全くしなかった(これが
    良いことなのか悪いことなのかは判らないけど)。

    マルクスの先見の明(とばかりは言えないけど)に驚くとともに、
    現代社会の行く末についても考えさせられる一冊。
    ただし、本書が現在の「経済学」においてどのように布置されるのかはよく判らない。
    案外、別領域の人たちのほうが面白がるような類の書籍なのかなぁという気もする。
    でも実にいい。

  • 『はだかの王様の経済学』は戦慄すべき本である (by.山形浩生)
    http://cruel.org/other/matsuo/matsuo.html

  • マルクス経済学を再度学ぶには最適な本だと思います。マルクスが説いていた社会と現在の資本主義社会との繋がり、実現し崩壊した社会主義との相違点などが良く分かりました。なかなか難しく完全に理解したとは言いがたいですが、勉強になりました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

一九六四年石川県に生まれる。一九八七年金沢大学経済学部卒業。一九九二年、神戸大学大学院経済学研究科博士課程後期課程修了。経済学博士。
久留米大学経済学部教授を経て、二〇〇八年立命館大学経済学部教授。
現代社会が抱える現実的な問題に強くコミットしつつ、高度な理論性を備えた実力は学界のみならず、近年メディアでも注目されている。
著書に『近代の復権』(晃洋書房)、『「はだかの王様」の経済学』(東洋経済新報社)、『不況は人災です! みんなで元気になる経済学・入門』(筑摩書房)、『ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼』(PHP新書)、『この経済政策が民主主義を救う』(大月書店)、『反緊縮宣言』(共著・編、亜紀書房)、『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう』(共著、亜紀書房)、『新しい左翼入門』(講談社現代新書)等がある。

「2020年 『左翼の逆襲 社会破壊に屈しないための経済学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松尾匡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ドン・タプスコッ...
チップ・ハース
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×