世界一訪れたい日本のつくりかた

  • 東洋経済新報社
3.87
  • (24)
  • (46)
  • (26)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 467
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492502907

作品紹介・あらすじ

【観光業を大進化させたベストセラー『新・観光立国論』著者の“最新”提言!】

過去数年で、日本は「観光の後進国」から「発展途上国」になりました。
さまざまな実績が出始めており、街で外国人観光客を見かける機会も増えました。

しかし、日本の潜在能力を考えると、まだまだこんなものではありません。
日本は、やるべきことをやりさえすれば、「世界第5位の観光大国」になれる潜在能力があります。

本書では、日本が「6000万人の外国人観光客」を招致できる
真の「観光先進国」になるためにとるべき方策を、あますところなく解説します。


■どう分析するか?
→フランス人よりもドイツ人を呼ぶべき理由
→観光収入の9割は「これ」で決まる
→日本の「地の利」が最強な理由

■何を整備するか?
→「サービス」の概念を根本から改めよう
→日本人だけが気づいていない「観光資源」とは
→カジノは最強の「集金システム」である

■いかに発信するか?
→「翻訳」はもう止めよう
→外国人には「意味不明」な写真とは
→「&Tokyo」がダメなわけ 他

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • オックスフォード卒、元ゴールドマン・サックスのアナリストで、今は文化財の修理・施工を行う会社の社長を務めながら国の観光政策等にも携わっている著者による、日本のインバウンド観光客拡大に向けた提言の書。
    今はコロナ禍で観光どころではなく、特にインバウンドに至ってはいつになるのか…という状況ですが、夜が明ける前に少しお勉強しておこうかな、ということで読了。
    ただ、「観光ほど不測の事態に強く、安定成長が期待できる産業はない」という本著内のフレーズはちょっと虚しく響きましたね。。

    著者は「日本の観光資源は説明を受けるとその良さが伝わり、その奥深さに驚き、感動がわいてきます。」と言い、だからこそそれをちゃんと伝える努力をすべきだ、と主張しており、その例として、「日本の森林は定期的に自然災害に見舞われることで、強い種を一方的に強くしない新陳代謝が行われている。」という見解を国立公園のパークレンジャーから聞いて深く納得した経験を挙げています。
    その対象として文化財は説明不足だし、自然については説明しようとする努力がそもそも行われていないのでは?という懸念があるようです。
    このくだりを読んで個人的に感じたこととして、確かに、日本の場合は、出された芸術/景観を受け手が「匠の目」で見て「ひょっとすると、この意匠はこういう意図では?/背景では?」と見抜いた人がエラい、という傾向があるのではと。
    だからこそ、「最初に1から10まで言っちゃむしろ興醒めする」という感覚がどこかにあって、それが解説を妨げていたんじゃという気もしますが、もはや日本でも鬼滅の刃のようにしっかり説明されたコンテンツが尊ばれる時代です。転換する良いタイミングなのかもしれません。

    あと、細かなところで著者の意見に同意できなかった点が2つほど。
    「日本の街並みは美しいとは言い難い」というのは、ヨーロッパの均整のとれた街並みとの比較なのでしょうが、個人的には、高さの揃っていないスカイラインやゴチャゴチャ伸びた電線、入り組んだ路地なんてのは、別の価値観における美しさががあって、そういったものに触れることこそ観光とも言えるのではないかと。
    (まぁ、それをちゃんと解説・発信していないというのはあるでしょうが…)
    あと、「航空交通インフラ」の記載で、日本は他の観光大国に比べてやや低い順位だと出てますが、これってどうなのか。
    機材数/離陸数が少ないという指摘には、日本は大型機が多いからと返せるし、そもそも高速鉄道がこれだけ発達した国に対して航空だけあげつらわれても、と思います。空港の密度が薄い、と言っても、もはや1県に1空港は必ずある中でこれ以上増やすのは自殺行為にも思えます。

    とは言え、本著に書かれているほとんどの記述は、「まぁそりゃそうだよなぁ」というもの。ちょっと頑張れば改善できるものがほとんどです。(逆に、驚くような抜本的提言はなく、日本の方向性自体はそこまで間違っていないという証左なのでしょうか)
    良いインフラ(ソフト含む)を整え、世界ともっと良いコミュニケーションができるようになる絵が浮かぶ1冊でした。

  • 観光に携わるものとして必読。
    修学旅行、林間学校などのマスのイメージが未だ観光にはある。
    日本人ではないネイティブにも分かりやすい表現など相手の立場に立つ必要がある。
    とりあえず作ればいいから、分かってもらえるよう気をつけて考えていきたい。
    やはり稼ぐことは大事。

  • 日本をこよなく愛してくれている外国人や、文化や芸術に造詣の深い海外の方など、日本政府はサポートジャパンとして協力をお願いしもっと活躍していただける場を提供すればいいのにと思います。その最右翼が、アトキンソンさんです。経歴を見れば、既に日本政府観光局特別顧問(2017~)として活躍されているようですが、2017年の本書の提言からはIRカジノリゾートだけがつまみ食いされている感じがしてしまうのは私だけでしょうか?
    最近の官庁がらみの案件は、既得権益や箱物といった昭和の遺物が幅を利かせている色合いが以前よりも強くなっている気がします。莫大な予算が使えるプロジェクトには真剣だが、金を使わないが効果的なアイディアが軽視されるのでは困ります。
    本書でも、金をあまりかけないアイディアがたくさんあります。例えば、外国人観光客に日本の課題を解決してもらうボランティア観光という提言です。ともすれば、何かをしてもらうと費用が掛かるという常識に反して、自然保護活動をしている経験豊富な人たちに来日を呼びかけるという発想は斬新です。そのためには、受け入れ態勢の整備や来日活動目的などを含めた魅力あるプレゼンが必要ですが、世界には自分の時間とカネをかけてでも貢献したいと思う篤志家が少なからずいるわけで、お互いにウィンウィンの関係であれば持続性も期待できそうです。
    また、観光上客を呼び込みたいのなら、5つ星ホテルのグローバルな視点で整備充実を図れ、というのももっともです。(そもそも、タイには110軒あるが、日本には28軒しかない)
    また、税金におんぶにだっこの文化財保護についても、文化財自身が管理維持費を稼げるようなサイクル確立が必要だというのも当然です。せっかくの世界遺産が、「でかい負債」ではダジャレにもなりません。こうした体質にしてしまうのも、省庁の権益確保のための補助金という制度が、逆に自治体の自助努力のインセンティブの芽を摘んでしまう結果になっているのは残念です。
    現在、武漢ウィルスが猛威を振るい、先日WHOがパンデミック宣言を出して、世界的に観光どころではなくなりましたが、いつか必ず終息して、観光業も復活するわけですので、閑散時だからこそいろいろ準備しておくという将来を見据えた複眼思考も必要です。
    頑張れ、日本!

  • ▶︎ 日本の自然資産のポテンシャルを理解
    ▶︎ 文化と自然の掛け合わせ


    - 世界では、基幹産業に(「石油」「化学製品」に次ぐ)
    - 世界のGDPの1割
    - 世界の総輸出の7%
    - 雇用の1/11
    - アウトバウンドの興成比率
    - 欧州  :50%、減少傾向
    - アジア :25%、伸び率高い
    - アメリカ:15%、減少傾向
    - 観光予算の約半分が宿泊費と食費
    - 2016年時点で、訪日客の割合は、中国と韓国で50%、アジアで85%。
    - 日本の地の利:
    - もっともお金を使う欧州が遠い(遠いと長期滞在してお金を落とす)
    - もっとも成長率が高いアジアが近い
    - 長崎の潜在市場を洗い出す
    - 地域内観光:8割
    - 遠方観光 :2割
    - シェアは10%くらいが限度っぽい
    - 満足度を上げてリピーターを増やせ
    - 自然観光は若い人を呼びやすい
    - 説明があると、自然観光の感動度合いもます
    - フィッシング・ツーリズム

  • 「平成の観光業は、日本人のマス向けに作った観光インフラをアジアのマスに使ってもらうというモデルで発展してきた」

  • 著者のデービット・アトキンソンは凄い経歴の方だ。元ゴールドマン・サックスにして、現在は国宝、重要文化財の補修を手掛ける会社の取締役社長。日本政府観光局特別顧問なども務めている。

    そんな方が様々な統計データを用いて、日本の観光を本気で考える。

    昭和的な観光を続けてはダメだという強いメッセージを感じた。
    そして、ハイレベルな5つ星ホテルを増やそうと発信している。カジノありきのIR事業も推進している。
    もちろん統計データでロジカルに語ってくる。

    日本の観光はものすごい産業になりそうだ。

  • 我が国の観光政策に少なからず影響を与えたと思われる『新・観光立国論』の続編ともいえる本で、日本に通暁したイギリス人アナリストの著者が、日本の観光業の可能性と課題をデータに基づき分析し、日本を「世界一訪れたい国」にするための具体的な方法論を提示している。
    『新・観光立国論』と主張がかぶるところが多いし、データの解釈に一部腑に落ちないところ(World Economic Forumの国際競争力ランキングに基づく日本の観光業のボトルネックの指摘など)があったり、データに基づかない主張(中国人の爆買いの多くが輸入品であるという指摘)が散見されたり、気になるところはあったが、「ドイツ人など「上客」をターゲットにすべき」、「「横並び」をやめて、客の「満足度」を高めるために何をすべきか考えるべき」、「自然を活かしたアクティビティを充実させるべき」、「情報はネイティブにつくってもらい、必ず「So what?テスト」をすべき」、「「世界標準のサービス」を取り入れた「高級ホテル」を増やすべき」、「文化やスポーツの「観光業化」に力を入れるべき」といった提示されている処方箋は一理あると感じることばかりで、観光政策担当者や観光業関係者が一読する価値のある本だと感じた。本書で主張されているIR推進論も納得のいくものだった。

  • <学生コメント>
    おもてなし」や「治安の良さ」で外国人観光客が急増しているのではない!イギリス人著者の視点から日本の観光産業における「誤解」とインバウンドを継続的にするためのヒントを時にシニカルに、非常にわかりやすく解説してある本です。

  • 遠い国からの観光客が沢山金を使う。イギリス人、ドイツ人を狙え。
    安価な大量動員を前提とした昭和の観光業から、高額の消費をする海外観光客を満足させるレベルの高いサービスへの転換
    見せるだけの文化による集客は限界。観光客の事前学習を前提としない丁寧な説明が必要。
    自然による集客は、長期滞在型の観光客を招くのに最適。そのために長期滞在を前提とした宿泊施設が必要
    高級ホテルが足りない
    日本人の人件費は、今や高くない。
    もっと訓練された人を沢山使って、長期滞在客の宿泊客の多様な要求に答えられるサービスを。
    文化も、スポーツも、産業化が必要。

  • 観光産業は、世界では2015年に全GDPの10%を突破し、自動車産業を上回る規模に成長した。日本の観光客も10年足らずで3倍になったが、自然・気候・文化・食の全てを持つ日本のポテンシャルはまだまだ活かされていない。昭和パターンを脱し、より稼げるように作り変えていくべき。

    データが豊富で説得力がある。ほんとに、これからの産業は観光だって思いました。

全42件中 1 - 10件を表示

デービッドアトキンソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブラッド・ストー...
フィル・ナイト
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

世界一訪れたい日本のつくりかたを本棚に登録しているひと

ツイートする
×