カルティエ 最強のブランド創造経営: 巨大ラグジュアリー複合企業「リシュモン」に学ぶ感性価値の高め方

制作 : 長沢 伸也 
  • 東洋経済新報社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492503249

作品紹介・あらすじ

衰退しつつあった老舗や山奥の地場産業は
いかにして世界的企業グループに変身したのか?  

「歴史」「人」「土地」「技術」をブランド資源に変える戦略と方法論。


日本のものづくり企業はGAFAよりリシュモンに学べ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 選書番号:590

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

長沢 伸也(ナガサワ シンヤ)
早稲田大学ラグジュアリーブランディング研究所所長
早稲田大学ビジネススクール(大学院経営管理研究科)教授、早稲田大学ラグジュアリーブランディング研究所長。工学博士(早稲田大学)。1955年生まれ。1980年同大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士前期課程修了。1995年立命館大学経営学部教授などを経て、2003年より現職。専門はラグジュアリーブランディング論。著書に『ルイ・ヴィトンの法則』『シャネルの戦略』『グッチの戦略』、訳書に『ラグジュアリー戦略』『ファッション&ラグジュアリー企業のマネジメント』(以上、東洋経済新報社)など。

「2021年 『カルティエ 最強のブランド創造経営』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長沢伸也の作品

カルティエ 最強のブランド創造経営: 巨大ラグジュアリー複合企業「リシュモン」に学ぶ感性価値の高め方を本棚に登録しているひと

ツイートする
×