ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ

  • 東洋経済新報社
4.00
  • (22)
  • (21)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 362
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492533482

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 合意形成を進めるには、「仕込み」と「さばき」を身につける

  • 「仕込み」と「さばき」など、ファシリテーションのプロセスに適切な名前を付けながら説明した良書

  • 単なるノウハウやプロセスではなく、ファシリテーションに臨むマインドや考え方が記述されている。また、ファシリテータが議論の準備段階と本番ですべきことが構造化されており、すっと頭で理解できる。
    フレームワークやホワイトボードの使い方といったノウハウ本よりまず読んで頂きたい1冊。

  • ファシリテーションだけでなく、問題発見から解決までのプロセスについても整理が行われており、参考になった。
    内容も濃く、多くのヒントが散りばめられているので、
    ファシリテーションや仕事の進め方で躓いた時は本書を読み返したい。

  • ファシリテーションという議論のさばき、進行を教科書のようにまとめた本。
    もファシリテーション自体が個人の能力や経験によるところが大きいと思っていた。
    本を読んで学んだところでデキルようになるかと言えば微妙。
    ファシリテーションを知るという意味で一読すべき本だと思う。

  • とかく「時間の無駄」などと揶揄されがちな会議や打ち合わせを適切に進行し、「今、決めるべきこと」を「きっちり決める」営みにするために、ファシリテーターに求められる役割やすべきことをまとめた指南書。

    著者は、参加者の発言を引き出し、整理して結論に導くといった、一般的に考えられるファシリテーターのテクニックを「さばき」と呼ぶが、実は会議前の準備である「仕込み」こそが会議を成功に導く”肝”であり、議論の出発点と到達点、参加者の状況、議論すべき論点の3つをしっかりと掘り下げ、明確化しておくことで、より生産性の高い会議が可能になるとして、その要点を体系的に解説している。

    高度な論理思考力とコミュニケーション力を併せ持ったファシリテーターは、「優れた司会役」だけでなく、参加者全員の知とやる気を引き出し、相互理解を深める役割をも担うことになる。一朝一夕にマスターできるスキルではなく、また多忙な実務の中でいつでも十分な「仕込み」を行うことは難しいが、地道に継続することが組織の活性化と成長にもつながる意義深い使命であることが理解できる。

  • 組織の思考力を活性化させるスキルとして「ファシリテーション」という言葉を良く耳にします。

    一般的に、ファシリテーションは会議進行の技法と認識されることが多いですが、それはファシリテーションのひとつの側面にすぎません。顧客や市場が求めるモノが多様化し、変化のスピードが速くなってきた昨今のビジネス環境において、ファシリテーションは組織の変革をリードするためのリーダーシップを具現化する必須スキルと言えます。

    本書では、ファシリテーションの技術を以下のように分解し解説しています。
    ・議論の出発点と到達点を具体的に定義し、
    ・広く深く論点を洗い出す「仕込み」を行う。
    ・実際の議論の場で論点を適切な状態に保ちつつ、
    ・参加者の発言を質問で導く「さばき」を行う。

    これらは、ただ単に会議を仕切るための表面的なテクニックではありません。組織の意思決定を適切に導くための思考方法そのものであることが分かります。

    各章の冒頭で実際の議論の場で陥りがちな事例を紹介し、章の終わりにまとめを示すなど、理解を助けるための工夫もなされています。

    本書を読むほどに、いかにファシリテーションというスキルが難易度の高いものであるかを思い知らされることと思います。それだけに身に付けるだけの価値があるのではないでしょうか。

  • 要は議論をまとめるためには事前の仕込みが必要。仕込みとは、現状とゴール設定、論点の明確化。論点は洗い出し、絞り込み、深めることで、話すべき論点と話すべきでない論点を整理しておく。

    進め方はメンバーの状態を見て決める。目的共有、論点の明確化、議論。

    グループ会での情報共有で、論点を明確にして仕切る。相手に合わせて。

  • 三葛館一般 336.3||GL

    チームやグループの中でリーダーシップを発揮するには、メンバーを「引き出し、決めさせ、自ら動くことを助ける」というスタイルに転換させる「ファシリテーション」のスキルが必要と言われています。チームやメンバーの合意形成を進めるための「仕込み」と「さばき」について、すべきことが具体的にわかりやすく書かれています。
    教員はもちろん、職場の管理者、クラブやサークル、ボランティアなどでリーダーの役割を担う学生にも、自身の状況に置き換えながらファシリテーションが学べるおススメのテキストです。

    目次------------------------------------
    はじめに
    chapter01 ファシリテーション―変革リーダーのコアスキル
    partI 仕込み―あるべき議論の姿を設計する
    chapter02 議論の大きな骨格をつかむ
    chapter03 参加者の状況を把握する
    chapter04 「論点」を広く洗い出し、絞り、深める
    chapter05 合意形成・問題解決のステップでファシリテーションを実践する
    partⅡ さばき―議論を活性化し、思考を導く
    chapter06 発言を引き出し、理解する
    chapter07 発言を深く理解する
    chapter08 議論を方向づけ、結論づける
    chapter09 対立をマネジメントする
    chapter10 感情に働きかける
    chapter11 ファシリテーションは「合気道」
    ----------------------------------------
    (もも)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=79424

  • ファシリテーションの入門編としておすすめ。

全34件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

グロービス
グロービス
1992年の設立来、「経営に関する『ヒト』『カネ』『チエ』の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業を展開している。

グロービスには以下の事業がある。
●グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、オンライン)
●グロービス・マネジメント・スクール
●グロービス・コーポレート・エデュケーション
 (法人向け人材育成サービス/日本・上海・シンガポール・タイ)
●グロービス・キャピタル・パートナーズ(ベンチャーキャピタル事業)
●グロービス出版(出版/電子出版事業)
●GLOBIS知見録/GLOBIS Insights(オウンドメディア、スマホアプリ)

その他の事業: 
●一般社団法人G1(カンファレンス運営)
●一般財団法人KIBOW(震災復興支援活動、社会的インパクト投資)

「2017年 『MBA生産性をあげる100の基本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップのその他の作品

グロービスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
伊賀 泰代
デイル ドーテン
エリック・リース
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする