ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ

  • 東洋経済新報社
4.00
  • (22)
  • (21)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 364
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492533482

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著書の先生の授業を受講して、テンションが上がって購入(ただ、受けた授業のテーマはこれとは違うのだが…)。
    当然と言えば当然であるが、過去に受けた「ファシリテーション&ネゴシエーション」の復習のような内容。

    ノウハウ本なので、いきなり全てやるのは難しく、自分の気になったところをピックアップ。
    「仕込み」と本番の「さばき」の二章立てなのだが、自分がファシリテーションをした場面を思い出しながら読むと、どうも今の自分には「仕込み」に課題があるらしい。

    ・「仕込み」=議論の出発点と到達点を明確にする、参加者の状況を把握する、議論すべき論点を洗い出し・絞り・深める

    ・参加者の把握は、話されるテーマから、何を知っているのか、どのような考えを持っているのかを考えるのがポイント

    ・論点とは「その意見や主張がどういった問いに答えているのか」ということ

    ・いろいろあるが、絶対に忘れてはいけないのは、「議論の到達点」と「重要な論点とその関係」

    ちなみに、先生曰く、帯裏にキーフレーズが隠れており、電子版より本を買った方がよいとのことです。

  • 合意を得るだけでなくコミットメントを引き出すところまで視野に入れていたところが共感できた。判断基準の違いは、社会で多様な人と関わる中でよくあることだが、あるべき姿に立ち返ることで、優先順位をつけて議論できると感じた。

  • 参加者の「腹落ちをつくる」という言葉が良い。ファシリテーションの奥深さを感じた。

  • ファシリテーションという議論のさばき、進行を教科書のようにまとめた本。
    もファシリテーション自体が個人の能力や経験によるところが大きいと思っていた。
    本を読んで学んだところでデキルようになるかと言えば微妙。
    ファシリテーションを知るという意味で一読すべき本だと思う。

  • 要は議論をまとめるためには事前の仕込みが必要。仕込みとは、現状とゴール設定、論点の明確化。論点は洗い出し、絞り込み、深めることで、話すべき論点と話すべきでない論点を整理しておく。

    進め方はメンバーの状態を見て決める。目的共有、論点の明確化、議論。

    グループ会での情報共有で、論点を明確にして仕切る。相手に合わせて。

著者プロフィール

グロービス
グロービス
1992年の設立来、「経営に関する『ヒト』『カネ』『チエ』の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業を展開している。

グロービスには以下の事業がある。
●グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、オンライン)
●グロービス・マネジメント・スクール
●グロービス・コーポレート・エデュケーション
 (法人向け人材育成サービス/日本・上海・シンガポール・タイ)
●グロービス・キャピタル・パートナーズ(ベンチャーキャピタル事業)
●グロービス出版(出版/電子出版事業)
●GLOBIS知見録/GLOBIS Insights(オウンドメディア、スマホアプリ)

その他の事業: 
●一般社団法人G1(カンファレンス運営)
●一般財団法人KIBOW(震災復興支援活動、社会的インパクト投資)

「2017年 『MBA生産性をあげる100の基本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップのその他の作品

グロービスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
伊賀 泰代
クリス・アンダー...
佐々木 圭一
ジェームス W....
デール カーネギ...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする