「好き嫌い」と才能

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.80
  • (12)
  • (29)
  • (15)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 236
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492533826

作品紹介・あらすじ

仕事の最強論理は「努力の娯楽化」!
20万部突破のロングセラー経営書『ストーリーとしての競争戦略』の著者が19人の経営者・プロフェッショナルに迫る「好きこそものの上手なれ」の内実。登場する経営者・プロフェッショナル:宮内義彦、玉塚元一、為末大、磯崎憲一郎、高岡浩三、鎌田和彦、高島宏平、中竹竜二、野口 実、篠田真貴子、仲暁子、広木隆、大山健太郎、常見陽平、中川淳一郎、杉本哲哉、丸山茂雄、木川眞、米倉誠一郎。巻末には、著者自身へのロングインタビューを収録。


才能の源泉に は、その人に固有の「好き嫌い」がある。とにかく好きなので、誰からも強制されなくても努力をする。それは傍目には「努力」でも、本人にしたら「娯楽」に等しい。努力をしているのではなく、没頭しているのである。そのうちにやたらに上手くなる。人に必要とされ、人の役に立つことが実感できる。すると、ますますそれが好きになる。「自分」が消えて、「仕事」が主語になる。ますますうまくなる。さらに成果が出る。この好循環を繰り返すうちに、好きなことが仕事として世の中と折り合いがつき、才能が開花する。才能は特定分野のスキルを超えたところにある。(「まえがき」より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好きこそものの上手なれ。
    努力の娯楽化。

  • 「仕事においていちばん大切なのは,人から頼りにされることだと僕はおもうのです」

    労働市場では,良し悪しとか,何ができるかというスキルの話になってしまう.「頼りになる」という尺度は経歴書では表しにくいけど,いったん仕事が始まれば,リアルな状況で頼りになるかならないか.

    で,頼りになる,っていうの,スキルがあるだけじゃなくて,その仕事にのめり込んで楽しんでやってるかどうか.つまりその仕事を好きでやってる,どうかにかえってくる.

    各界の経営者,プロフェッショナルの好き嫌い,エキサイティングでした.

  • 好きなことを仕事にするのではなく、苦痛と感じないことを仕事にするといいってこと。他人から見て「努力している」人は、実は努力を努力と感じていない。なぜなら本人にとって苦痛でも何でもないことだから。

  • 好きこそものの上手なれとはうまく言ったもの。

  • 好きなことをしている人がうまくいくという考え方。
    色々な人の好き嫌いを聞いている。
    好きがわからない場合は嫌いをやらずに消去法で。
    糸井重里事務所の篠田さんのように日常の具体的なことを一段抽象化するのは得意。
    異論を唱える義務。

  • 自由に好き嫌いを語れることが素晴らしい。

  • 好きを仕事に。
    僕の信念です。
    やっぱり、好きなことやりたい。

  • 経営者の動因を形成するのは何か。それは、つまるところその人の「好き嫌い」であるように思う。「良し悪し」ではない。

    2016.7.18 p50まで読了
    2016.7.24 p114まで読了
    ネスプレッソのエピソード、コメント途中

  • 楠木建さんの本はハズレがないね。相手の思いを引き出すテクニックは素晴らしい。内容も濃くてためになるものばかりだった。

  • 著名人、経営者との対談で、好き嫌いをキーワードとした経営論?
    面白い。

    中竹竜二さんのが特に面白い。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一橋ビジネススクール教授。専攻は競争戦略。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。一橋大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授などを経て、2010年から現職。著書に『ストーリーとしての競争戦略』(東洋経済新報社)、『経営センスの論理』(新潮新書)などがある。

「2018年 『世界を動かすイノベーターの条件 非常識に発想し、実現できるのはなぜか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「好き嫌い」と才能のその他の作品

「好き嫌い」と才能 Kindle版 「好き嫌い」と才能 楠木建

楠木建の作品

「好き嫌い」と才能を本棚に登録しているひと

ツイートする