LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

  • 東洋経済新報社
3.92
  • (234)
  • (311)
  • (194)
  • (37)
  • (10)
本棚登録 : 3531
レビュー : 371
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492533871

作品紹介・あらすじ

誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。
働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。
目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。

世界で活躍するビジネス思想家が示す、新しい人生のビジョン。

みんなが足並みをそろえて教育、勤労、引退という
3つのステージを生きた時代は終わった。

では、どのように生き方、働き方を変えていくべきか。
その一つの答えが本書にある。

100歳時代の戦略的人生設計書。

《本書の主な内容》

●人生はより長く、健康になる。
●エクスプローラー、インディペンデント・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカーという新しいステージが出現する。
●40年の労働で老後の20年をカバーできても、35年をカバーするのはしんどい。
●テレビの前やゴルフコースで過ごすには、35年はあまりに長い。老後=人生のおまけという考えを捨てよう。
●企業年金、国の年金だけをあてにして生きることは難しくなる。
●お金(有形資産)も大事だが、見えない資産(無形資産)も大事。
●スキル、知識、仲間、評判、健康、生活、友人関係、アイデンティティ、人的ネットワーク、オープンな姿勢が大事。
●大学卒業後、すぐに就職を考えるのは危険。自分を見きわめ、選択肢を広げることを考えるべき。
●結婚相手を選ぶ際は慎重に。
●労働市場に存在する職種は、これから数十年で大きく入れ替わる。
●100歳になった自分がいまの自分をどう見るかを考える。
●個人と企業の間で、産業革命に匹敵するほどの激しい争いが起きる。
●共働きの本当のリスクは、消費水準を下げられないこと。
●金融商品を買うときは、パンフレットの細部に気をつけ、手数料をチェックする。
●レクリエーション(余暇)ではなく、リ・クリエーション(自己の再創造)に時間を使おう。
●男女の役割分担が変わる。質の高いパートナー関係が必要になる。
●数十年単位での役割の調整が必要。高度な信頼関係と徹底した計画が不可欠。
●他の世代と一緒に生き、交流する機会がどんどん増えていく。
●各人のアイデンティティが変わっていく。
●教育機関=学びの提供、企業=多様な人生への対応、政府=格差への対応、という課題がこれから生じてくる。

《世界を代表する知識人が称賛!》
明快でタイムリー、オリジナルで書きぶりも素晴らしく、そしてとても恐ろしい。
ニーアル・ファーガソン(『劣化国家』著者)

より健康で長寿になる私たちの人生に関する迫真のケーススタディ。
私たちの知っている世界とはまったく別の未来がくるだろう。
ダロン・アセモグル(『国家はなぜ衰退するのか』著者)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私たちの世代は、平均寿命が100歳くらいになるため、長寿化することで、労働期間がのび、勉強し続けないといけなくなり、より未来に対して楽観せず向き合いながら生きていく必要性を訴えた本。

    うっすらと言われてきたことだが、ここまでハッキリとメリットデメリットを訴えている本は初めてだった。
    改めて、自分の未来に責任を持っていく必要性を感じた。

    ただ、結婚についても

    「今までのように、生産性向上のための、役割分担と所得格差があるパートナーとの結婚ではなく、信頼を築ける、近しいレベルの相手との結婚が中心になる」

    だったり、人間関係も、

    「有形資産を増やすために、無形資産(人間関係や家族など)が今までより大切になる」

    となり、働き方も、

    「画一的なキャリアが大事な時代から、キャリアを中断して学ぶエクスプローラー時代を踏まえたり、独自の専門性を高めることで事業を仕掛けるインディペンデントプロデューサーが増えたり、様々な顔をもつポートフォリオワーカーが増える」

    などと書かれている。
    これはつまり、

    より自由に自分らしく生きる為の勉強と選択をして、人間関係を大事にしていくことが重要な時代になる

    という意味なのかなと。
    これは時代が一回りして、本当に人間にとって大切なことを学びなおすような、そんな時代へ入っていくようにも思えた。

  • この本は、まず考えているようで考えられていない自分の将来を考えさせてくれる本です。

    私自身、定年後の長い余生をどのように暮らそうかなんとなく不安を抱いていました。

    そのなんとなくの不安を具体化し、
    どのようにアクションを取るべきかについて
    考えさせてくれる本になっています。

    まず、この本では、
    従来型の「教育→労働→引退」というような
    前時代的な生き方が困難になってくると
    問題提起をしています。

    その代わりに、新たな生き方(4.0シナリオ,5.0シナリオ)を
    模索する事が重要であると書かれています。

    新たな生き方を推し進めるために重要になるのが、
    「有形の資産」と「無形の資産」を
    どのように構築・増強していくかです。

    この「有形資産。無形資産」の構築するための方法が、
    様々な観点(個人・夫婦・家族・企業・政府)で丁寧に書かれています。


    私の中で印象に残っているのは、
    「これからの余暇時間は、
    レクリエーション(娯楽)ではなく、
    自己のリ・クリエーション(再創造)に
    時間を使うようになるのだ。」
    という一節です。

    この本を通して、
    具体的に「人生100年計画」を
    思い描いて見るのはいかがでしょうか?

    オススメの本です。
    是非、読んでみてください

  • こちらもログインできなくなったので新しいアカウントで記録させていただきます。

    今まで読んできた中で1番考え方が変わった本。

    18歳〜50歳までの必読書ではないか。

    簡単にまとめると100年も生きるんだから型にハマった従来の生き方をするんじゃなくてまずは自分が本当に好きなこと本当にしたい生き方を見つける。
    その後に学びたいことを学べる会社に一旦就職したり、好きなことをそのまま仕事にしたり、途中でやめて新しくやりたいことを始めてみたり人生長い目で見ようぜっていう本です。



    ・平均寿命が100歳になると言われている中で今まで通り60歳で定年した場合残りの40年のお金、その他資産はどうなる?

    ・今までは教育→仕事→老後の3ステージ制だったが、これからはマルチステージ制になる。

    ・代表的な新しいステージとしてエクスプローラー(自分探し期)、ポートフォリオワーカー(様々な職業を持つ者)、インディペンデントプロデューサー(大なり小なり自分のビジネスを行う者)がある。

    ・外的な有形資産(お金、車、家など)、内的な無形資産(健康、家族関係、人脈など)をバランスよく補充する。
    そのためには色々なフェーズでの学び直しが必要。

  • ◆本からの抜粋◆
    これからは人生100年時代。
    22年間の教育⇒40年間の仕事⇒15年間の引退の3ステージだと経済も健康も維持できなくなってくる。
    学び直すなどの新しい生き方が必要。


    ◆本から得た気づきと今後の行動指針◆
    健康やネットワークなどの無形資産もしっかり意識して構築していくことが大事。
    夫婦未来会議を月一で開催し、夫婦の方向性や目標を共有していこうと思います。

  • 過去の読書会の課題本。平均年齢が100歳になる時代という前提が、どうしてもぶっ飛んでいる印象しかなく、そこがひっかかるので、なかなか議論も頭に入ってこない。結婚・出産の価値を貶めているように見える議論展開にも違和感。テストケースとしてあげている「37歳で出産」というのもあまり現実的ではない。終始「言いたいことは解るが」とモヤモヤしたものが残った。

  • ▼この本のポイント
    ・100年まで健康生きちゃう時代に。80歳まで働かないといけなくなる。
    ・学校→会社→老後という3ステージ型から4〜5のマルチステージが主流になる。
    ・3種類のステージ:エクスプローラー、インディペンデント・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカー
    ・人生の選択肢を増やすために、無形資産への投資が大事。
    ・無形資産は3種類:生産性資産(スキル、仲間、評価)、活力資産(健康、家族、友人)、変身資産(自分に対する知識、ネットワーク、開かれた姿勢)
    ・マルチステージを渡り歩いていくにはパートナーとの徹底的な擦り合わせがかかせなくなる。

    ▼思ったこと
    ・組織で働きつつも、自分の市場価値は見定めておいた方が良さそう。
    ・そのためにも「誰のために」「何がしたいか(何ができるか)」を早めに知っておく必要がある。(変身資産の「自分に対する知識」)
    ・マルチステージを考えると、資格や賞など客観的な評価も意外と大事になってきそう。
    ・別の見方をすると、ある意味「何故コーチングが必要か?」が書かれた本。
    ・ちゃんと計画し「あるべき自分像」に投資するには、セルフコントロールが欠かせない。
    ・そうするとコーチングの需要が拡大していく。

  • とても良い本。
    ただ、至る所でこの本が絶賛され、ネットなどにも大まかな概要が出ているので、そちらを見るだけで大体のことは理解できるかも。
    400ページ近くの大作を果たして読む必要があるかどうか。。
    逆に言うと、それくらい社会にインパクトを与えた本とも言えます。

    簡単に言うと、人間の寿命が100歳近くにまで伸びて、
    (特に若い人の)キャリアの歩み方が変わってくるだろうという未来予測本。
    これまでは教育→仕事→引退の3ステージだったのが、
    最初のステージに受けた教育だけでは、(知識・スキルが陳腐化して)仕事のステージを最後までこなせないだろう、
    そのため、もっと色んなステージが出てくるだろう(例えば、仕事のステージの途中で一旦、学びなおしのため大学院に通う、など)、
    さらに長寿化によって仕事の期間を延ばさないと、(収入のない)引退時に最低限の幸せな生活ができないだろう、という内容の本。

    テクノロジーの変化が社会にどうインパクトを与えるのかを論じた本が多い中、
    長寿化社会に目を向けたのは著者のユニークさが出ています。
    長寿化社会が起こると、「体の健康」が大きな資産価値を持ち、ますます健康に注目が集まってくるのかもしれません。
    (そもそも体が健康じゃないと、働けないし。)

    若い人は、一通りこの本の内容を理解しておいて、
    将来に備えておいた方が良いことは間違いなさそうです。

  • 嫌でも高齢化が進む中で今後医療の発達等もあり
    今よりもさらに寿命が延びるのであろう、その時自分はどの立ち位置にいて
    どうゆう人生を全うするのかというのを考えさせられた本。
    嫌でも高齢化って書いたけど、長生きしたいしたくないの個人的な話はさておき
    健康寿命(大病や突然死などで亡くならない限りは)が飛躍的に伸びているわけだし、現在進行形で。
    どのくらい貯金をして、貯金で不足なら何歳まで働くのかとか
    お金だけあれば幸せなのかとか仕事に没頭して今生きている人たちは
    辞めた時一体何をするのかとか、そもそも健康で生きれるのかとか
    そういった内容をギュッと凝縮してある。
    見て見ないふりをして今生きているけど実際問題自分が爺さん婆さんになったとき
    何の保証もないよなぁというのを突き付けられた感じ。
    もちろん何歳まで生きれるのかどうかなんてわからないんだけど
    準備は遅かれ早かれ必要だなっていうのも思った。

  • 人生100年時代をどう楽しむか?まあ、先立つものが必要。健康寿命が延びるので、定年も必然的に延びる。ライフコストを最小にするためにも、充実した人生を送るためにも、パートナー(伴侶、同士)との役割分担や考え方の共有・共感が必要。有形資産(お金、家、車等)、無形資産(友人、趣味等)、変身資産(教育、環境対応力等)のバランスが大事。教育->仕事->引退・余生という不可逆的な人生のステージの概念から、Explorer, Independent Producer, Portfolio Workerというステージを行き来する生き方に変わろうと提唱している。大家族化や世代間の交流が進むのではとも予測している。

  • オーディオブックで読了。
    人生100年時代ブームの火付け本。

    みんなが足並みをそろえて教育、勤労、引退という
    3つのステージを生きた時代は終わりを告げるという点は
    そういう大きな潮流が見えつつあるなぁっと。

    お金、時間、人間関係への考え方を大きく変えて、
    見えない無形資産(生産性資産・活力資産・変身資産)に
    如何に投資するか・・・が大事なんですな。

    我々現役世代にとって、この本に書かれている
    物の見方、考え方を知っているか知っていないかは大きな
    違いになりそうな気がします。

    100年時代を生きるための必読の書ですな。

全371件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

リンダ・グラットンロンドン・ビジネススクール教授

「2018年 『まんがでわかる LIFE SHIFT』 で使われていた紹介文から引用しています。」

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)のその他の作品

リンダ・グラットンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀧本 哲史
ジェームス W....
伊賀 泰代
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)に関連するまとめ

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)を本棚に登録しているひと

ツイートする