LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

  • 東洋経済新報社
3.88
  • (275)
  • (382)
  • (240)
  • (50)
  • (18)
本棚登録 : 4450
レビュー : 471
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492533871

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人生100年時代をどう楽しむか?まあ、先立つものが必要。健康寿命が延びるので、定年も必然的に延びる。ライフコストを最小にするためにも、充実した人生を送るためにも、パートナー(伴侶、同士)との役割分担や考え方の共有・共感が必要。有形資産(お金、家、車等)、無形資産(友人、趣味等)、変身資産(教育、環境対応力等)のバランスが大事。教育->仕事->引退・余生という不可逆的な人生のステージの概念から、Explorer, Independent Producer, Portfolio Workerというステージを行き来する生き方に変わろうと提唱している。大家族化や世代間の交流が進むのではとも予測している。

  • オーディオブックで読了。
    人生100年時代ブームの火付け本。

    みんなが足並みをそろえて教育、勤労、引退という
    3つのステージを生きた時代は終わりを告げるという点は
    そういう大きな潮流が見えつつあるなぁっと。

    お金、時間、人間関係への考え方を大きく変えて、
    見えない無形資産(生産性資産・活力資産・変身資産)に
    如何に投資するか・・・が大事なんですな。

    我々現役世代にとって、この本に書かれている
    物の見方、考え方を知っているか知っていないかは大きな
    違いになりそうな気がします。

    100年時代を生きるための必読の書ですな。

  • ロンドンのビジネススクールの教授の2人がこれからの人生100年時代を生き抜くための働き方やお金の付き合い方などの生活スタイルの変化について様々なデータなどを基にして提唱した一冊。

    教育→仕事→引退という従来の流れからエクスプローラーを経てインディペンデントプロデューサーやポートフォリオワーカーという新しい働き方などもっと多様な生き方をして、人生100年時代を幸せを感じながら生きる術を学ぶことができました。
    またジャック、ジミー、ジェーンという世代の違う三人のモデルケースとともに今後の生き方がどう変わっていくかも書かれており、よりリアルに100年ライフの過ごし方や3ステージからマルチステージへの変化を感じることもできました。

    そんな本書の中でも休日の過ごし方もレクリエーションからリ・クリエーションという余暇を楽しむという概念が今後なくなっていくというところは衝撃を受けました。

    今までの決められた3ステージではなく、柔軟に生きていくことは教育の在り方や企業の方向性、そしてパートナーとのより深い理解を必要とすることなど自分1人では乗り切れないものではありますが、常に自分への理解を深めることや無形の資産を築くことで適合していけると感じました。
    そんな来るべき未来に備えとなる一冊だと感じました。

  • 端的にいうと今までの学生、社会人、老後という3ステージの人生は良くも悪くも崩壊し新たな生き方を増える人々が増えるという話。実際周りを見てもそういって生き方の人は増えており納得感はあるものの、どうやったらそういったライフを送れるかという部分は弱い。また人生100年時代になるからこそ金融資産の大切さ(=投資の重要性)がかなり記載されていた点が印象的だった。

  • ※自分のための備忘録です。

    ■「実験」することをいとわず「返信」を続ける覚悟をもつこと、長寿化を恩恵にするためには古い働きかたと生き方に疑問を持つこと。
    ■人的ネットワークを広げたい、多様な経験をする足枷は、自分と似たような人としか付き合いがないことが背景
    ■70才、80歳、90歳の自分が、今野自分んことをどうみるだろうかを考える。今やろうとしていることは、未来の自分の厳しい評価に耐えられるか?
    ■人間にしかできないこと、AIでなく ①複雑な問題解決にかんすること。専門知識×機能的推論の能力×コミュニケーションスキルが必要だから。②もう一つは対人関係と状況適応の能力。
    ■重要な無形資産 ①生産性資産(スキル、知識、評判)②活力資産(肉体・精神の健康・幸福、他社との良好な関係)③変身資産(自分について熟知していること、多様なネットワークを持っていること、新しい経験に対して開かれた日を持っていること)
    ■経験学習 知識を使ってどういう行動をしたかで差がつく時代
    ■変身のプロセスが受け身でないことが大切。私たちは考えることではなく行動することで変化へ到達する
    ■自分についての知識、内省が肝。自分と世界についての認識に新しい情報を加えるだけならだれにでもできる、変身資産を築く人が他社と違うのは、単に情報を加えるだけではなく「自己認識と世界についての見方を変更する」点。その結果として、自分についての理解が広く深くなり、いくつもの要求と不確実性に対処する能力が高まる
    ■人が大きく変わるのは、一歩下がって内省し、その結果について判断を下す時だ
    ■「ありうる自己像」への理解を深め、その結果identityが未来へ広がるようになる。ありうる自己像とは、自分がどのような人間になる可能性があり、どのような行動を取る可能性があるのかということ。それは将来どうなりたいのか、また、どのような未来を避けたいかを示す。希望の象徴であり、悲惨で避けたい未来の象徴にもなる
    ■単に経験するだけではなく、その経験について「自問」しなければ、世界に対する見方を変え、接した人たちのストーリーを自分のものにはできない

  • 人生設計だけでなく、日々の生き方について見直すきっかけになる本。
    これまで休日といえばレクリエーション(楽しさを求めるもの)であると思っていた。
    でも100年生きること(生きざるを得ないこと)を思うと、労働時間以外の時間にいかに自分の価値を高めていくかが重要だと分かった。

    …家事して映画見て買い物してる場合じゃない!笑

  • 昔は平均寿命が75歳ぐらいだったので、仕事の引退は60歳で大丈夫だった。しかしこれからの人間は100歳ぐらいまで生きるので、65歳で引退してしまうと働いていない時間が長すぎて経済的にも破綻する可能性が高い。今までの雇用形態では対応できなくなるので、途中で長期の休みを取るなどフレキシブルな働き方が求められる。しかし現状の企業の対応は全然変化に追いついていないとのこと。先の読めない難しい時代だなあ。

  • 今更ながら読了。人生100年時代と今も言われ続け、世の中の人生観の時間軸・空間軸を伸ばしたと思われる。有形だけでなく無形資産の重要性。とはいえ無形資産を作るにも有形資産が必要。長い人生を充実させるために、個人は資産設計をし、会社は魅力的なしくみ作りが求められる。

  • 人間関係の価値や高齢化社会での生き方などが新鮮な情報で刺激になった。

  • 長寿化だけでなく、人口構成や社会情勢の変化、技術の進展などから、人生が『教育→仕事→引退』から大きく変化している。なので、100年生きると考えて、再設計しよう、という啓蒙の書。
    本書のベースが欧米社会であり直接参考にならないことや、内容がやや冗長であることなど、読みにくい要素はあるものの、この視点と考え方は重要。

全471件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

リンダ・グラットン
ロンドン・ビジネススクール教授
ロンドン・ビジネススクール教授。人材論、組織論の世界的権威。

2年に1度発表される世界で最も権威ある経営思想家ランキング「Thinkers50」では2003年以降、毎回ランキング入りを果たしている。2013年のランキングでは、「イノベーションのジレンマ」のクリステンセン、「ブルー・オーシャン戦略」のチャン・キム&レネ・モボルニュ、「リバース・イノベーション」のゴビンダラジャン、競争戦略論の大家マイケル・ポーターらに次いで14位にランクインした。

組織のイノベーションを促進する「Hot Spots Movement」の創始者であり、85を超える企業と500人のエグゼクティブが参加する「働き方の未来コンソーシアム」を率いる。

邦訳された『ワーク・シフト』(2013年ビジネス書大賞受賞)、『未来企業』のほか、Living Strategy, Hot Spots, Glowなどの著作があり、20を超える言語に翻訳されている。

「2018年 『まんがでわかる LIFE SHIFT』 で使われていた紹介文から引用しています。」

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)のその他の作品

リンダ・グラットンの作品

ツイートする