LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

  • 東洋経済新報社
3.87
  • (275)
  • (383)
  • (243)
  • (50)
  • (18)
本棚登録 : 4464
レビュー : 474
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492533871

作品紹介・あらすじ

誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。
働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。
目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。

世界で活躍するビジネス思想家が示す、新しい人生のビジョン。

みんなが足並みをそろえて教育、勤労、引退という
3つのステージを生きた時代は終わった。

では、どのように生き方、働き方を変えていくべきか。
その一つの答えが本書にある。

100歳時代の戦略的人生設計書。

《本書の主な内容》

●人生はより長く、健康になる。
●エクスプローラー、インディペンデント・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカーという新しいステージが出現する。
●40年の労働で老後の20年をカバーできても、35年をカバーするのはしんどい。
●テレビの前やゴルフコースで過ごすには、35年はあまりに長い。老後=人生のおまけという考えを捨てよう。
●企業年金、国の年金だけをあてにして生きることは難しくなる。
●お金(有形資産)も大事だが、見えない資産(無形資産)も大事。
●スキル、知識、仲間、評判、健康、生活、友人関係、アイデンティティ、人的ネットワーク、オープンな姿勢が大事。
●大学卒業後、すぐに就職を考えるのは危険。自分を見きわめ、選択肢を広げることを考えるべき。
●結婚相手を選ぶ際は慎重に。
●労働市場に存在する職種は、これから数十年で大きく入れ替わる。
●100歳になった自分がいまの自分をどう見るかを考える。
●個人と企業の間で、産業革命に匹敵するほどの激しい争いが起きる。
●共働きの本当のリスクは、消費水準を下げられないこと。
●金融商品を買うときは、パンフレットの細部に気をつけ、手数料をチェックする。
●レクリエーション(余暇)ではなく、リ・クリエーション(自己の再創造)に時間を使おう。
●男女の役割分担が変わる。質の高いパートナー関係が必要になる。
●数十年単位での役割の調整が必要。高度な信頼関係と徹底した計画が不可欠。
●他の世代と一緒に生き、交流する機会がどんどん増えていく。
●各人のアイデンティティが変わっていく。
●教育機関=学びの提供、企業=多様な人生への対応、政府=格差への対応、という課題がこれから生じてくる。

《世界を代表する知識人が称賛!》
明快でタイムリー、オリジナルで書きぶりも素晴らしく、そしてとても恐ろしい。
ニーアル・ファーガソン(『劣化国家』著者)

より健康で長寿になる私たちの人生に関する迫真のケーススタディ。
私たちの知っている世界とはまったく別の未来がくるだろう。
ダロン・アセモグル(『国家はなぜ衰退するのか』著者)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これからの時代がどのように変化してくか
    よく理解できた。
    また、世代別に分かれて具体的に説明されていた。
    何度も読み返すぐらいの良書であった。
    是非、じっくりと読書ではなく、勉強する気持ちで
    読んでほしい本です。
    付箋紙と蛍光マーカー必須です。

  • 本書は、寿命が100歳を超える「人生100年時代」を迎えつつある現状において、これまでの人生モデルでは対応できなくなる可能性が高く、それではどのような人生戦略を建てるべきかという内容の本です。
    扱っている内容は、資金、仕事、お金に換算できない家族・友人との関係などの現状とこれから。
    それらについて1945年生まれのジャック、1971年生まれのジミー、1998年生まれのジェーンという架空の3人を登場させ、具体的なシナリオを提示し検討している。
    扱っている内容も多岐にわたり、考えることも多いので、ざっくりと一読はしたものの再読し、自分についても考えてみたいと思う。

  • 元祖人生100年時代。実際、政治がなにを目指しているのか、本書から読み解いてみた。

    レクリエーションは無駄なのか?

    余暇時間はレクリエーション(娯楽)からリ・クリエーション(再創造)の時間へ変わっていくことは間違いない。(P306)
    さらに言えば、
    (余暇活動は)ことごとく、時間を使うというより、時間を浪費する活動だ。(P312)
    と言い切っている。果たしてそうなのだろうか。


    余暇活動の効果

    余暇活動によって浪費される時間もあるだろうが、全てがそうではない。また、そのように見えたとしても、そこでした体験は無駄な物だと言い切って良いのだろうか。
    人はしばしば、新たなアイデアを求める時、自分の浪費したはずの時間=自由に使える時間(本来の余暇時間)の中から、有意義なものを見出したり、新しい活力を蓄えたりしているのではないか。
    さもなければ、全てが必ず有意義な時間であると言えるものにのみ時間の投資をし、生活に潤いは無くなってしまうのではないだろうか。生活の潤いとは、一見無駄に見えるものが多いのだから。


    一般人は健康なのか?

    また、本書では健康な人がモデルとなり、家族はほとんど出てこない。親の介護も子供の世話も、少し触れるにとどまり、リアリティに乏しい。また、病気のために働くのが難しい場合、特に日本では精神疾患や若い世代の病気が問題となっている。さらに病気を持ちながら働く人や介護・育児とのダブルケア、しかし、それも触れられていないのだ。
    そして、自助努力をせよという声が行間から読み取れる。低所得をも自己責任とする、最近の風潮が見て取れる。


    一歩先の手当てを望む

    もう行動に移している人たちの、「〜ライフ」というものが盛んに様々なメディアを通して紹介されている。元気な人は本書に出てくるようなことは始めているのである。

    この書を参考に国や企業がモデルパターンを考えているとすれば、我々や我々の下の世代の生活は非常に厳しいものとなるだろう。実際、この書の通り、政府の年金制度改革や働き方改革が進んでいる。
    国や企業にはぜひ先んじた人たちの取り組みをサポートしたり、働くことのできない人のサポートに回ってほしいものだと思う。元気ならなんとかすることはできうるからだ。そして、誰もがいつかは元気ではない自分になりうるのである。
    国や企業にはぜひ本書の課題とするところに向き合い、この書のさらに一歩先をいって欲しいものである。



  • これからの世界では伝統的な3ステージ(教育、仕事、引退)での生き方が出来なくなってくるため、どう生きたら破綻せずに人生を過ごせるか、を大体年代別に3パターン程度で例題を示しつつ、長寿を楽しく生きようという本?

    大事なのは友達(人的ネットワーク)と健康、学び続ける事。

    ぶっちゃけ団塊世代の生き方は通用しないから参考にならないって話。
    団塊の世代とそれ以後の世代では全然人生設計が違うということ、それに気づかないで子供や孫達に自分達と同じように生きて欲しいと願うのははっきりと未来を潰しかねないってこと。
    経験則を伝えようとしても逆にやっていけないんだと言う事を知っておいて欲しい。

  • 何かに頼り期待しても変わらない。変革の担い手は、私たちだ。
    長寿の恩恵というマインドチェンジ。

  • 読書記録です。まだの人は読まないでね。

    まんがで先にエッセンスを読んじゃったので、この厚さに負けてしまいました。まんがの方では「ちゃんと読むつもり」とか書いたのに…反省。そーだよ、だから私、映画に行く前に原作読むようになったのに。でも、翻訳の関係上、同じことの説明が多かったように感じます←言い訳ですけどね…

  • 人生100年時代
    こうしなさいとの指南書ではありませんが、考えなければいけないことのヒントがたくさん書かれています
    もちろん、正解はないですけど…

  • 本書は、今を生きる全ての人、特に年齢50歳以下の人にはぜひ読んでもらいたい本だ。

    先日、政府が「夫婦で老後は2,000万円が貯蓄として必要」と発表したことで大騒ぎになったが、こんなことはちょっと考えれば小学生でも分かることだ。そのことを野党が追及するのも的外れだし、与党も年金制度は破綻しないなどと言うのも全く逃げとしか言いようがない。

    ごくごく単純に考えて年金を積み立てる期間が20歳から60歳の40年間だとして、その後60歳から100歳まで生きるとしたら、その期間は同じく40年間。つまり、単純に自分達の払ってきた年金分しか受け取る資格がない訳だ。

    自分としては60歳からまったく40年間働かずに自分が積み立てた年金だけで暮らしていけるほどの金額を積み立てているとは到底思えない。だからと言って、その分、子供や孫の世代に自分を養って欲しいとも思わないので、自分で働けるうちにその分のお金を貯蓄しておくか、60歳以降も働く必要があるということは自明の理なのだ。
    なぜ、そんな単純なことを大騒ぎするのだろうか。

    年金制度ができた時に、将来、人々の多くが100歳まで生きるなどとはまったく考えられなかったし、若い人の人口が減少していくということも想定していない。
    今になってその仕組みを作った官僚や当時の政治家を非難しても何の意味もないし、現在の政府も「年金制度が設立当時とは全く想定が違っているので再考します。このままでは国全体が破産してしまうので、国民の皆様ご協力お願いします」と素直に言えばよいのだ。

    この本は、年金だけで生きていくことは不可能なので、その分若い時から将来の人生設計をして対応策をしておけということが分かりやすく書いてある。
    もちろん、世界中でこれだけベストセラーになっている本なのだから、ただ「貯蓄に努めましょう」などという、どこぞのファイナンシャルプランナーが小遣い稼ぎの為に書いたような本とはレベルが違う。
    「これからの未来を生き抜く為には、人々の意識を改革していく必要性がある」と説いているのが本書なのである。

    今、50代後半の人ならば、今までどおりに働き、何とか死ぬまで苦労せずに人生を全うできるかもしれない。
    しかし、僕らのように今40代以下の人間が生きていく未来の社会は誰も経験してこなかった社会が訪れる。もう100歳まで生きるのは当たり前となり、どうやって100歳まで生きていくかと言うことが本書で述べられていることなのである。

    もう、年金には頼ることはできない。子供や孫の世代にも頼れない。

    なら、頼ることができるのは、自らの身体と知力だけなのである。
    厳しいことを言えば、今、40代以下の世代の人々は

    60歳で仕事を辞め、その後、死ぬまで悠々自適の生活をすることなどあり得ない
    もう忘れるのだ。
    そんな世界はやってこない。
    働けるだけ働くのだ。70歳だろうが、80歳だろうが。

    この本が説いているのは、どうやったら70歳、80歳まで快適に働けるかということである。
    僕がこの本を読んで、まったくこの本の内容を知らない人に分かりやすく説明してくれと言われたら、僕の理解した範囲、とりあえず以下の例を示すのが一番分かりやすいかなと思うので記載してみる。

    例えば、いま45歳の会社員が定年の60歳まで、現在の職場で毎日残業をし、死ぬ思いをしてあと15年働いたとして、年収約600万円なら15年働けば約9,000万円だ。ここで仕事を引退したらこの約9,000万円から15年間の生活費を引いて、その残った金額で引退後の40年を生きながらえなければならない。
    生活費を1年200万円にしたとして、15年で使う金額は3,000万円。9,000万円から3,000万円を引いた6,000万円で残り40年を暮らしていけるかということだ。つまり、1年約150万円で暮らせるならばそれは可能だ。
    分かりやすく数式にすれば
      600万円×15年=9,000万円
      9,000万円-200万×15年=6,000万円
      6,000万円÷40年=150万円
    ということになる。

    一方、年収400万円だが比較的身体的にも楽で時間的にも余裕のある仕事で定年が70歳の企業に45歳の時に転職したとしたらどうだろう。
    70歳まで25年間働けば1億円を稼ぐ計算になる。先ほどと同じように1年の生活費を200万円にすると、25年で使う金額は5,000万円となり、1億円から5,000万円を引いた5,000万円を残り引退後の30年間で使えるということになる、そうすると1年間で約166万円まで使えるということになる。
    同じく数式にすれば
      400万円×25年=1億円
      1億円-200万×25年=5,000万円
      5,000万円÷30年≒約166万円
    となる。

    身体や精神的負担、時間の自由度、引退後の生活など総合的に判断すると、どちらが自分にとって良い選択だろうか。
    つまり、この本に書いてあるのはこういうことなのだ。

    前者の例で言えば60歳で定年退職した後、再雇用や再就職をするというオプションもあるし、後者の例でも70歳の定年を75歳に延長することも可能かもしれない。
    もし働くことの可能なパートナーがいれば世帯収入は変わってくるし、子供やマイホームを持っていればまた違った計算が必要だろう。

    もう、自分の身や自分の家族は自分で守るしかないのである。

    70歳、80歳まで働くためにはどうすれば良いのか。
    もちろん健康であることは第一の条件だ。
    それから、働くことに必要なスキルや知識をその都度習得することも必要だろう。
    そして自分が好きな仕事、自分がやりたい仕事をその時に見つけるためにはどうすればよいのかを常に考えておく。

    こういったことを今から一人ひとりが考えていけば、その時に大騒ぎすることは全くないのである。
    本書は、こういったことを非常に分かりやすい例を引いて論じられている。
    さすが世界中でベストセラーになる本である、以前から漠然とは分かっていたが、ここまではっきりと記されると、もはや自ら生きる世界が既に変わってしまっているのだときっちりと認識させてくれる良書である。

  • ずっと読みたかった本だったのですが、この本において言いたいことをすでに知っていたので、目からうろこの新しい情報ではありませんでした。

    が、これからの時代について、生き方について考えたい人は読んでおいて損はないと思います。

    今までとは違って、人生100年を生きなければいけない、特に若い世代は自分の人生をどう生きるのかを考えさせてくれる良い本だと思います。

    ただ、まぁこの人生100年というのを信じるか信じないかは各人次第でしょうが。

    自分自身も含めて、100年という長い人生をどう生きるのかについて真剣に向き合っていく時期なのかもしれないなと感じました。

  • 長く働く時代、改めて自分はどうするべきか、考える機会になった。

全474件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

リンダ・グラットン
ロンドン・ビジネススクール教授
ロンドン・ビジネススクール教授。人材論、組織論の世界的権威。

2年に1度発表される世界で最も権威ある経営思想家ランキング「Thinkers50」では2003年以降、毎回ランキング入りを果たしている。2013年のランキングでは、「イノベーションのジレンマ」のクリステンセン、「ブルー・オーシャン戦略」のチャン・キム&レネ・モボルニュ、「リバース・イノベーション」のゴビンダラジャン、競争戦略論の大家マイケル・ポーターらに次いで14位にランクインした。

組織のイノベーションを促進する「Hot Spots Movement」の創始者であり、85を超える企業と500人のエグゼクティブが参加する「働き方の未来コンソーシアム」を率いる。

邦訳された『ワーク・シフト』(2013年ビジネス書大賞受賞)、『未来企業』のほか、Living Strategy, Hot Spots, Glowなどの著作があり、20を超える言語に翻訳されている。

「2018年 『まんがでわかる LIFE SHIFT』 で使われていた紹介文から引用しています。」

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)のその他の作品

リンダ・グラットンの作品

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)を本棚に登録しているひと

ツイートする