LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

  • 東洋経済新報社
3.87
  • (274)
  • (383)
  • (242)
  • (50)
  • (18)
本棚登録 : 4458
レビュー : 472
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492533871

作品紹介・あらすじ

誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。
働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。
目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。

世界で活躍するビジネス思想家が示す、新しい人生のビジョン。

みんなが足並みをそろえて教育、勤労、引退という
3つのステージを生きた時代は終わった。

では、どのように生き方、働き方を変えていくべきか。
その一つの答えが本書にある。

100歳時代の戦略的人生設計書。

《本書の主な内容》

●人生はより長く、健康になる。
●エクスプローラー、インディペンデント・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカーという新しいステージが出現する。
●40年の労働で老後の20年をカバーできても、35年をカバーするのはしんどい。
●テレビの前やゴルフコースで過ごすには、35年はあまりに長い。老後=人生のおまけという考えを捨てよう。
●企業年金、国の年金だけをあてにして生きることは難しくなる。
●お金(有形資産)も大事だが、見えない資産(無形資産)も大事。
●スキル、知識、仲間、評判、健康、生活、友人関係、アイデンティティ、人的ネットワーク、オープンな姿勢が大事。
●大学卒業後、すぐに就職を考えるのは危険。自分を見きわめ、選択肢を広げることを考えるべき。
●結婚相手を選ぶ際は慎重に。
●労働市場に存在する職種は、これから数十年で大きく入れ替わる。
●100歳になった自分がいまの自分をどう見るかを考える。
●個人と企業の間で、産業革命に匹敵するほどの激しい争いが起きる。
●共働きの本当のリスクは、消費水準を下げられないこと。
●金融商品を買うときは、パンフレットの細部に気をつけ、手数料をチェックする。
●レクリエーション(余暇)ではなく、リ・クリエーション(自己の再創造)に時間を使おう。
●男女の役割分担が変わる。質の高いパートナー関係が必要になる。
●数十年単位での役割の調整が必要。高度な信頼関係と徹底した計画が不可欠。
●他の世代と一緒に生き、交流する機会がどんどん増えていく。
●各人のアイデンティティが変わっていく。
●教育機関=学びの提供、企業=多様な人生への対応、政府=格差への対応、という課題がこれから生じてくる。

《世界を代表する知識人が称賛!》
明快でタイムリー、オリジナルで書きぶりも素晴らしく、そしてとても恐ろしい。
ニーアル・ファーガソン(『劣化国家』著者)

より健康で長寿になる私たちの人生に関する迫真のケーススタディ。
私たちの知っている世界とはまったく別の未来がくるだろう。
ダロン・アセモグル(『国家はなぜ衰退するのか』著者)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書は、今を生きる全ての人、特に年齢50歳以下の人にはぜひ読んでもらいたい本だ。

    先日、政府が「夫婦で老後は2,000万円が貯蓄として必要」と発表したことで大騒ぎになったが、こんなことはちょっと考えれば小学生でも分かることだ。そのことを野党が追及するのも的外れだし、与党も年金制度は破綻しないなどと言うのも全く逃げとしか言いようがない。

    ごくごく単純に考えて年金を積み立てる期間が20歳から60歳の40年間だとして、その後60歳から100歳まで生きるとしたら、その期間は同じく40年間。つまり、単純に自分達の払ってきた年金分しか受け取る資格がない訳だ。

    自分としては60歳からまったく40年間働かずに自分が積み立てた年金だけで暮らしていけるほどの金額を積み立てているとは到底思えない。だからと言って、その分、子供や孫の世代に自分を養って欲しいとも思わないので、自分で働けるうちにその分のお金を貯蓄しておくか、60歳以降も働く必要があるということは自明の理なのだ。
    なぜ、そんな単純なことを大騒ぎするのだろうか。

    年金制度ができた時に、将来、人々の多くが100歳まで生きるなどとはまったく考えられなかったし、若い人の人口が減少していくということも想定していない。
    今になってその仕組みを作った官僚や当時の政治家を非難しても何の意味もないし、現在の政府も「年金制度が設立当時とは全く想定が違っているので再考します。このままでは国全体が破産してしまうので、国民の皆様ご協力お願いします」と素直に言えばよいのだ。

    この本は、年金だけで生きていくことは不可能なので、その分若い時から将来の人生設計をして対応策をしておけということが分かりやすく書いてある。
    もちろん、世界中でこれだけベストセラーになっている本なのだから、ただ「貯蓄に努めましょう」などという、どこぞのファイナンシャルプランナーが小遣い稼ぎの為に書いたような本とはレベルが違う。
    「これからの未来を生き抜く為には、人々の意識を改革していく必要性がある」と説いているのが本書なのである。

    今、50代後半の人ならば、今までどおりに働き、何とか死ぬまで苦労せずに人生を全うできるかもしれない。
    しかし、僕らのように今40代以下の人間が生きていく未来の社会は誰も経験してこなかった社会が訪れる。もう100歳まで生きるのは当たり前となり、どうやって100歳まで生きていくかと言うことが本書で述べられていることなのである。

    もう、年金には頼ることはできない。子供や孫の世代にも頼れない。

    なら、頼ることができるのは、自らの身体と知力だけなのである。
    厳しいことを言えば、今、40代以下の世代の人々は

    60歳で仕事を辞め、その後、死ぬまで悠々自適の生活をすることなどあり得ない
    もう忘れるのだ。
    そんな世界はやってこない。
    働けるだけ働くのだ。70歳だろうが、80歳だろうが。

    この本が説いているのは、どうやったら70歳、80歳まで快適に働けるかということである。
    僕がこの本を読んで、まったくこの本の内容を知らない人に分かりやすく説明してくれと言われたら、僕の理解した範囲、とりあえず以下の例を示すのが一番分かりやすいかなと思うので記載してみる。

    例えば、いま45歳の会社員が定年の60歳まで、現在の職場で毎日残業をし、死ぬ思いをしてあと15年働いたとして、年収約600万円なら15年働けば約9,000万円だ。ここで仕事を引退したらこの約9,000万円から15年間の生活費を引いて、その残った金額で引退後の40年を生きながらえなければならない。
    生活費を1年200万円にしたとして、15年で使う金額は3,000万円。9,000万円から3,000万円を引いた6,000万円で残り40年を暮らしていけるかということだ。つまり、1年約150万円で暮らせるならばそれは可能だ。
    分かりやすく数式にすれば
      600万円×15年=9,000万円
      9,000万円-200万×15年=6,000万円
      6,000万円÷40年=150万円
    ということになる。

    一方、年収400万円だが比較的身体的にも楽で時間的にも余裕のある仕事で定年が70歳の企業に45歳の時に転職したとしたらどうだろう。
    70歳まで25年間働けば1億円を稼ぐ計算になる。先ほどと同じように1年の生活費を200万円にすると、25年で使う金額は5,000万円となり、1億円から5,000万円を引いた5,000万円を残り引退後の30年間で使えるということになる、そうすると1年間で約166万円まで使えるということになる。
    同じく数式にすれば
      400万円×25年=1億円
      1億円-200万×25年=5,000万円
      5,000万円÷30年≒約166万円
    となる。

    身体や精神的負担、時間の自由度、引退後の生活など総合的に判断すると、どちらが自分にとって良い選択だろうか。
    つまり、この本に書いてあるのはこういうことなのだ。

    前者の例で言えば60歳で定年退職した後、再雇用や再就職をするというオプションもあるし、後者の例でも70歳の定年を75歳に延長することも可能かもしれない。
    もし働くことの可能なパートナーがいれば世帯収入は変わってくるし、子供やマイホームを持っていればまた違った計算が必要だろう。

    もう、自分の身や自分の家族は自分で守るしかないのである。

    70歳、80歳まで働くためにはどうすれば良いのか。
    もちろん健康であることは第一の条件だ。
    それから、働くことに必要なスキルや知識をその都度習得することも必要だろう。
    そして自分が好きな仕事、自分がやりたい仕事をその時に見つけるためにはどうすればよいのかを常に考えておく。

    こういったことを今から一人ひとりが考えていけば、その時に大騒ぎすることは全くないのである。
    本書は、こういったことを非常に分かりやすい例を引いて論じられている。
    さすが世界中でベストセラーになる本である、以前から漠然とは分かっていたが、ここまではっきりと記されると、もはや自ら生きる世界が既に変わってしまっているのだときっちりと認識させてくれる良書である。

  • 私たちの世代は、平均寿命が100歳くらいになるため、長寿化することで、労働期間がのび、勉強し続けないといけなくなり、より未来に対して楽観せず向き合いながら生きていく必要性を訴えた本。

    うっすらと言われてきたことだが、ここまでハッキリとメリットデメリットを訴えている本は初めてだった。
    改めて、自分の未来に責任を持っていく必要性を感じた。

    ただ、結婚についても

    「今までのように、生産性向上のための、役割分担と所得格差があるパートナーとの結婚ではなく、信頼を築ける、近しいレベルの相手との結婚が中心になる」

    だったり、人間関係も、

    「有形資産を増やすために、無形資産(人間関係や家族など)が今までより大切になる」

    となり、働き方も、

    「画一的なキャリアが大事な時代から、キャリアを中断して学ぶエクスプローラー時代を踏まえたり、独自の専門性を高めることで事業を仕掛けるインディペンデントプロデューサーが増えたり、様々な顔をもつポートフォリオワーカーが増える」

    などと書かれている。
    これはつまり、

    より自由に自分らしく生きる為の勉強と選択をして、人間関係を大事にしていくことが重要な時代になる

    という意味なのかなと。
    これは時代が一回りして、本当に人間にとって大切なことを学びなおすような、そんな時代へ入っていくようにも思えた。

  • この本は、まず考えているようで考えられていない自分の将来を考えさせてくれる本です。

    私自身、定年後の長い余生をどのように暮らそうかなんとなく不安を抱いていました。

    そのなんとなくの不安を具体化し、
    どのようにアクションを取るべきかについて
    考えさせてくれる本になっています。

    まず、この本では、
    従来型の「教育→労働→引退」というような
    前時代的な生き方が困難になってくると
    問題提起をしています。

    その代わりに、新たな生き方(4.0シナリオ,5.0シナリオ)を
    模索する事が重要であると書かれています。

    新たな生き方を推し進めるために重要になるのが、
    「有形の資産」と「無形の資産」を
    どのように構築・増強していくかです。

    この「有形資産。無形資産」の構築するための方法が、
    様々な観点(個人・夫婦・家族・企業・政府)で丁寧に書かれています。


    私の中で印象に残っているのは、
    「これからの余暇時間は、
    レクリエーション(娯楽)ではなく、
    自己のリ・クリエーション(再創造)に
    時間を使うようになるのだ。」
    という一節です。

    この本を通して、
    具体的に「人生100年計画」を
    思い描いて見るのはいかがでしょうか?

    オススメの本です。
    是非、読んでみてください

  • 20190903


    言わずと知れたベストセラー。

    しかし、洋書のビジネス書は基本読みにくいが、さらに外国の教授が書いた論文形式になるとさらに読みにくい。

    同じような事を分かりにくい言葉で延々繰り返される。

    いつまで読んでも面白さがわからない。

    ふーんと思える事が100ページに1個あるかないか。

    とはいえ、ベストセラー。

    きっと面白くなると信じて読み進めてみるが、3分の2まで読んで2週間も費やしている事にショックを受け、もうこれ以上は時間の無駄と思い、やむを得ず読了とする。

    これまでに400冊は本を読んできたのに、世の中の人たちは本当にこの本を最後まで読んで、ベストセラーに押し上げるぐらい面白いと思えているのだろうか。

    そりゃ人生100年もあるんだからとは思うけど、なんか無駄にしたような2週間。




  • 長生きするからそれに合わせた人生を考える本
    まあ寿命は長くなるよね。年金も無理そうだから長く働く必要がある。
    マルチステージと言いつつ働くところを複数にして長く働くというだけでは。
    平凡な3ステージが崩れるのはわかるが、それの回避法ががハイレベルすぎでは。フェアなレベルの比較になっていない。
    本の内容に感動するというよりは考えさせられる本

  • 100歳まで生きる人が、人生の半分を占めるようになる。

    伴って、マルチでポートフォリオな生き方・働き方が増えて くる。資産の価値観が有形から無形に変化する。

    この時代変化のなかで、どんな生き方を選択しましょうか。 非常に示唆に富んだ本でした。

  • これからは、100年生きることが普通になる。そんな世界、下手すれば「不快で残酷で長い」人生を送る羽目になる。それを避けるためには、常に自分の人生を見つめ直し、その先を描き・実験をし、アイデンティティを問い続け、そのアイデンティティを軸に人生を歩んでいかなくてはならない。100年ライフの特徴の一つは、ライフスタイルと人生の道筋が多様になること。自分の未来のシナリオは、自分自身のニーズや希望、願望を軸に描かれるべきである。これからの人生では常に、「私は何者か?」「私はどのように生きるべきか?」自分はなにをしたいのか、どのようにそれを達成したいのか、問い続けなくてはならない。

  • 〝100年ライフ〟がどんなものか想像すらしてこなかった私にとって、特別な一冊になりました。

    イメージしやすかったのは、とにかく具体的なシナリオが提示されているから。
    3人の架空の登場人物 ー
    ジャック(1945年生まれ)、
    ジミー(1971年生まれ)、
    ジェーン(1998年生まれ)
    ー それぞれの事情を考慮した様々なシナリオと、金銭面の事情。

    日本に生きる私にも、引っ掛かりなく入ってきました。

    大ボリュームなので読むのは大変だけれど、
    ●公的年金に頼れない私たち以降の世代は、老後の資金をどうしたらいいのか?
    ●そもそも老後っていつから?
    ●考えなくてはいけないのは〝有形の資産〟だけじゃなかった…
    等、家族と共有したい話ばかりでした。


    今更?と思っている方にもぜひおススメしたい本です。

  • 現在の勤務校の校長が、夏季研修で薦めていた一冊。その後、自分で手に取った「東大読書」にも薦められていたことも重なり、読みたい意欲が湧いた。
    最終的に手に取り読み始めるきっかけになったのは、立読み+学校図書館への入荷だった。

    「休日をレクリエーションではなく、リ・クリエーションにあてることが重要」という記述は、繰り返し目につき、自分の中に強く印象付けられた。

    具体的に何をすべきかが、読後にはっきりしたわけではないが、現状維持では衰退であり、変化を求めながら変化に対応できる力を身に付けなければならないと気付かされた一冊。

    親として、教師として、子どもたちに何かを教える際に、ベースとしてもっておくとよい知識が学べる。

    手元に置いて、繰り返し読みたい。

  • 人生は80年だと思っていたが、それは大きな間違いで僕たちの世代は人生を100年として考えなければいけなくなっている。
    前世代(人生が80年)の人たちは人生を、教育→労働→老後の3つのステージに分けて生きていくことができたが、僕らの世代はそう単純ではない時代に突入する。
    なんせ100年生きるということは65歳からの定年後の人生にあと35年もあるからだ。

    今の60歳は昔の60歳より若々しくあるからきっと僕らが迎える80歳は今の60歳とあまり変わらないかもしれない。(だって老人に見える波平さんは52歳なんです。)

    そうなったときに、僕らが80歳になったときに残りの20年の人生を豊かに過ごすにはお金も必要だし、稼ぐためには労働することも必要になる。

    この本は3ステージで構成されていた人生を再定義する形で生き方のある意味テンプレートを示してくれる本だと思う。

    生涯を通じて探検と旅を続け新しい経験を追求するエクスプローラー型、起業ではなく次々とプロジェクトに携わり専門知識をつけ学習していくインディペンデント・プロデューサー、様々な活動に同時並行で取り組むポートフォリオ・ワーカー。
    十分な有形資産と無形資産を得るために大きく3つの働き方を組み合わせて人生を過ごしていく。

    終身雇用が崩れることになる未来に向けて漠然と考えていたことが文章化された本だと思った。

  • こちらもログインできなくなったので新しいアカウントで記録させていただきます。

    今まで読んできた中で1番考え方が変わった本。

    18歳〜50歳までの必読書ではないか。

    簡単にまとめると100年も生きるんだから型にハマった従来の生き方をするんじゃなくてまずは自分が本当に好きなこと本当にしたい生き方を見つける。
    その後に学びたいことを学べる会社に一旦就職したり、好きなことをそのまま仕事にしたり、途中でやめて新しくやりたいことを始めてみたり人生長い目で見ようぜっていう本です。



    ・平均寿命が100歳になると言われている中で今まで通り60歳で定年した場合残りの40年のお金、その他資産はどうなる?

    ・今までは教育→仕事→老後の3ステージ制だったが、これからはマルチステージ制になる。

    ・代表的な新しいステージとしてエクスプローラー(自分探し期)、ポートフォリオワーカー(様々な職業を持つ者)、インディペンデントプロデューサー(大なり小なり自分のビジネスを行う者)がある。

    ・外的な有形資産(お金、車、家など)、内的な無形資産(健康、家族関係、人脈など)をバランスよく補充する。
    そのためには色々なフェーズでの学び直しが必要。

  • ◆本からの抜粋◆
    これからは人生100年時代。
    22年間の教育⇒40年間の仕事⇒15年間の引退の3ステージだと経済も健康も維持できなくなってくる。
    学び直すなどの新しい生き方が必要。


    ◆本から得た気づきと今後の行動指針◆
    健康やネットワークなどの無形資産もしっかり意識して構築していくことが大事。
    夫婦未来会議を月一で開催し、夫婦の方向性や目標を共有していこうと思います。

  • 過去の読書会の課題本。平均年齢が100歳になる時代という前提が、どうしてもぶっ飛んでいる印象しかなく、そこがひっかかるので、なかなか議論も頭に入ってこない。結婚・出産の価値を貶めているように見える議論展開にも違和感。テストケースとしてあげている「37歳で出産」というのもあまり現実的ではない。終始「言いたいことは解るが」とモヤモヤしたものが残った。

  • 人生100年時代
    こうしなさいとの指南書ではありませんが、考えなければいけないことのヒントがたくさん書かれています
    もちろん、正解はないですけど…

  • テクノロジーの進歩によって消滅しない職は2つ。
    人間が絶対優位又は人間が比較優位をもっている仕事。

  • まるで、経済白書かなにかを読まされているような無味乾燥な読み物が、なぜこんなに絶賛されるのかわからなかった。
    著者の学歴も申し分なく、内容も理路整然と展開している・・でも読後、何も残らない。
    これから読もうとする人がいれば時間の無駄だからおやめなさい、といいたい。
    そういえば、彼女の著書「ワークシフト」も私にはイマイチでした。

  • 日本語版への序文、序章、第1章だけ読めばよし。残りは全部、序盤に示された要旨の具体と言い換え。貯金しろ、人脈築いとけ、既定の教育システム以外に自分に投資しろ。だいたいこんな感じ。

  • 人生100年時代と言われている現代です。
    60〜65歳で仕事をリタイヤするような人生は
    すでに時代遅れでありそぐわない。
    その後の残りの人生である20年〜25年を
    悠々自適に生きるなんて絶対に無理だし、
    何よりお金が無いし退屈だと思う人が
    ほとんどでしょう。

    100年人生を見据えた生き方は、
    途中で大きく人生を転換する必要があると
    著者は説きます。

    なぜなら現代の生き方は3ステージに分かれています。
    ①教育を受ける期間
    ②仕事をする期間
    ③余生で過ごす期間

    しかし100年時代の余生は非常に長いです。
    であるなら、人生の途中で
    「教育を受ける期間」=「勉強する期間」
    を設けて人生転換を目指すべき、
    と誰も考えたことがない生き方を
    提示する一冊です。

  • 100年ライフのカギは、自己効力感と、自己主体感を育成できるか。
    余暇のリ-クリエーション(再創造)化のため、セルフコントロールする力がますます重要になってくる。

  • あと48年、途中でサヨナラするかもしれないけど、勉強しながら、好きなことでお金を稼いで生きていくということだ。

全472件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

リンダ・グラットン
ロンドン・ビジネススクール教授
ロンドン・ビジネススクール教授。人材論、組織論の世界的権威。

2年に1度発表される世界で最も権威ある経営思想家ランキング「Thinkers50」では2003年以降、毎回ランキング入りを果たしている。2013年のランキングでは、「イノベーションのジレンマ」のクリステンセン、「ブルー・オーシャン戦略」のチャン・キム&レネ・モボルニュ、「リバース・イノベーション」のゴビンダラジャン、競争戦略論の大家マイケル・ポーターらに次いで14位にランクインした。

組織のイノベーションを促進する「Hot Spots Movement」の創始者であり、85を超える企業と500人のエグゼクティブが参加する「働き方の未来コンソーシアム」を率いる。

邦訳された『ワーク・シフト』(2013年ビジネス書大賞受賞)、『未来企業』のほか、Living Strategy, Hot Spots, Glowなどの著作があり、20を超える言語に翻訳されている。

「2018年 『まんがでわかる LIFE SHIFT』 で使われていた紹介文から引用しています。」

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)のその他の作品

リンダ・グラットンの作品

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)を本棚に登録しているひと

ツイートする