40代からのライフシフト 実践ハンドブック

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.44
  • (4)
  • (11)
  • (13)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 154
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492534076

作品紹介・あらすじ

人生100年時代、定年退職後の40年を、あなたはどう生きますか?

これまでは、定年退職後の60歳から80歳までの20年間が、
引退後の老後・余生と位置づけられてきたかもしれません。

人生100年時代では、80歳から100歳までの20年間は老後と位置づけるにしても、
せめて80歳までは現役で働き続けるイメージを持っておくべきでしょう。

一般に、会社員としての生活は60歳まで、継続雇用でも65歳までで終わってしまいます。
80歳まで現役期間を延ばすには、早い時期からそのための準備を始める必要があります。

準備を始める時期が早ければ早いほど、人生の後半を充実させることができます。
せめて、50代のうちに、やりたいことを見つけておきたいものです。
そのためには、40代から準備を始めた方がよいでしょう。

もし、あなたが今30代でも、順義を始めるのに早すぎるということはありません。
30代、40代の方は、老後の心配というよりも、80歳までの長い現役人生を
いろいろな経験を積んでどのように楽しく過ごすか、
まさに今、この時点から考え始めることができるからです。

本書では、まだまだ元気で豊富な暗黙知を蓄えたシニア世代、
そしてその予備軍として、先輩たちの姿を見て、
今まさに「中年の危機」を感じているかもしれない50代、40代、30代。
そうしたみなさんが、勇気を出して、職場や社会に意欲的に貢献し、
さらに、その先の長い人生を健康で生き生きと過ごし、
人生100年時代を生き抜くロードマップを描くための処方箋を具体的に提示しています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 参考図書

  • これを読むと、まだまだ長い人生の中でやるべき事、学ぶべき事、考えるべき事が沢山あるのだなと感じる。
    人生の折り返し地点が40代だった頃はとうの昔に過ぎ去った…
    今は、50が人生の折り返し地点…
    であるなら、あと8年…
    あと8年で人生2年生になるとすれば、あと8年で自分はどんなライフプランを組み立てていくか非常に重要…
    周りは、減速気味…
    本当の加速期はこれから…
    もう1段ギアを上げて、悔いなき人生を送ろう

    に、しても知の再武装…
    いったい何を学べば良いのやら…

  • まだ30代ですが、大変参考になった。人生100年時代について、90歳まで現役はさすがに…とは思うが、70~80歳までは働く時代が来ている。会社に留まっているだけでは、定年退職して終わる。
    変身資産については、『ライフピボット』のほうが細かくて具体的。

  • 人生中盤を越えてから読んでしまったと思ったが、今からでも活動を起こそうと思わせた本。考え方、進め方、例題、参考になる事例等があり大変勉強になった。これを読んできっかけにすればいいと思いました。

  • 自分もシニアだけど、80歳まで働く時代になったのだなぁ。若い時には想像もしなかった。Mustではなく自分らしく人生をCreateする、そんな生き方について実践的にわかりやすく示してくれています。

  • リンダグラットン教授のライフシストを日本人の中高年男性向けに翻訳した本。
    かなり人は限定されてしまったような気がする。
    これを読むような人はそもそも意識が高く、必要がないレベルであるような気がするのでなんか違うかな。
    そういう人は自分がやっていることの方向性を確認するのにはいいかもしれない。

  • 前から気になっていた本だが、ようやく読むことができた。

    ただ、正直精神論や理想論が多く、読み進めていくうちに強烈な違和感を感じた。まるで、人事部が行うシニア向けの無駄なキャリア研修のようである。また、自分の会社の自慢が所々入っていたり、なぜか成功事例として取り上げられているエピソードに特定の会社(富士通)のものが多かったり、信憑性としては疑問符が残る。おそらく「ライフシフト」と言う言葉を使いたかっただけなのだろう。

    40代で働き方を考えるら「40代シフトする働き方の極意(佐藤優著)」「未来の働き方を考えよう(ちきりん著)」の方が良いように思う。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

株式会社ライフシフトCEO、多摩大学大学院教授・学長特別補佐。1957年生まれ。日産自動車で人事部門、オックスフォード大学留学、欧州日産などを経て、99年よりフライシュマン・ヒラード・ジャパンにてSVP/パートナー。人事、企業変革、リーダーシップ開発などのコンサルティング・研修に従事。2006年より多摩大学大学院教授を兼務し研究科長などを歴任。「Management by Belief」を一橋大学野中郁次郎名誉教授らと提唱。17年にライフシフト社を創業しライフシフト大学を開校。

「2023年 『リスキリング超入門 DXより重要なビジネスパーソンの「戦略的学び直し」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

徳岡晃一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×