一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.20
  • (26)
  • (93)
  • (163)
  • (58)
  • (8)
本棚登録 : 1016
レビュー : 140
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492556375

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「成功したい」「周囲に認められたい」と思っている大人のためのその場限りの勉強ではない「一生モノの勉強法」に関する本で、京都大学で教鞭を執る火山学者の著者が自らの実践をもとに紹介しています。

    ちなみに、対象としている「勉強」は仕事で良い成果を残すことを目的にしていて、勉強のテーマの選び方、時間の確保や活用の仕方、情報整理術、読む力をつける方法、試験突破の技術に関することなどが具体的に書かれて、非常に興味深く読むことができた。

    特に気になった時間管理に関しては、
    ・緊急度、重要度で時間を4つに区分する
    ・ストップウォッチを活用し1タスク15分とするなど、あらかじめ締め切りを設定する。
    ・中途半端に過ごさず、オンかオフかのどちらかにしぼって行動する
    ・週末のまとまった時間はあらかじめ振り分けて決めてしまう
    ・睡眠時間は犠牲にしない
    等の記載が参考になった。

    また、効率よく情報を記憶するための方法と
    ・テキストを通読して覚えていないことをぐっと絞り込む
    ・テキストを声に出して読む
    ・ペンで手書きをする
    とよいのだとか。なるほど。

    各項目は具体的でわかりやすくハック的で実践しやすいように感じたし、とにかく読むだけではなく実践が大事との言なので、いくつかはチャレンジしていきたいと思う。

  • 勉強法の流れで読了。
    意外に、と言っては失礼だが、想像以上に、気付かされる面が多かった。

    ・仕事に関係する「知識」+人間的魅力としての「教養」が必要。
    ・教養も突き詰めれば、専門家になる。(広くだと、単に雑学?突き詰めることが必要なのか。)
    ・仕事のなかに、勉強するポイントをみつける。(新しい仕事は、勉強のチャンス『つまみぐい勉強法』にあった)
    ・1冊で何か1つでも得るものがあればよしとする。(「1冊の本から1つのものを学ぶ」ということではない。)
    ・手紙の返事を期待するのは、単なる自分勝手。質問は書かずに、感想を書けばよい。
    [more]
    (目次)
    はじめに−大人の勉強は「成功」を目的にするもの−
    第1章 面白くてためになる「戦略的」な勉強法とは
     1 場当たり的な勉強をしてはいけない
     2 「知識」と「教養」の両方が必要だ
     3 仕事の中から勉強のテーマを見つける
     4 必要なのは「3つの能力」を磨くこと
     5 「好きな勉強」にこだわりすぎるな
     6 「スキマ」にこそ投資の醍醐味がある
     7 「遊び」から教養を深める
     8 最初のハードルはできるだけ低く設定
    第2章 勉強の時間を作り出すテクニック
     1 「締め切り効果」で時間の流れを制御する
     2 勉強中は徹底的に引きこもる
     3 自分のゴールデンタイムは絶対死守する
     4 昼休み中に中途半端にすごすのは最悪
     5 通勤電車を英語塾として活用する方法
     6 手帳には「遊びの記録」も書いておく
     7 週末の予定は5項目から決め打ちする!
     8 飲み会に2時間以上いてはいけない
     9 教養番組から専門家の知恵を盗む
    10 就寝時間をすぎて勉強してはいけない
    第3章 効率的に勉強するための情報整理術
     1 食卓テーブルの方が勉強がはかどる
     2 パソコンはまずアウトプットに使う
     3 デジカメは撮りながら整理する
     4 文房具を効率的に使い分けるコツ
     5 ノートは「オモテ面だけ」使用する
     6 メモは一度書いたら書き直さない
     7 本棚には本以外も収納する
     8 クリアフォルダは「ぜいたくに」使う
    第4章 すべての基本「読む力」をつける方法
     1 「読む力」がすべての勉強の基本
     2 家賃・光熱費の次に書籍代を確保
     3 書店には思わぬ使い途がある
     4 古書店で本を見るのも勉強の一つ
     5 入門書は最低3冊買う
     6 最初から分厚い本を選ぶな
     7 不得意な分野は児童書を見よ
     8 ビジネス書は読むべきところが決まっている
     9 書き込みボールペンは1色でもよい
    10 本とメモ用紙を一体化させる
    11 無理して本を疑う必要はない
    12 古典は退屈だからこそ意味がある
    13 新聞は「見出し」と「出だしの5行」で十分
    14 雑誌は読めば読むほどいいといいわけではない
    第5章 理系的試験突破の技術
     1 試験合格に必要なのはビジネスマインド
     2 割り算法でスケジュールを組み立てる
     3 試験勉強は相手の意図を探ることから始める
     4 テキストは最初から最後まで覚えなくていい
     5 本当に集中するなら1時間が限界
     6 待ち合わせは早めに到着する
     7 情報は3段階で記憶する
     8 スランプが来たら抵抗するな
     9 試験問題は1問目から解いてはいけない
    第6章 人から上手に教わると学びが加速する
     1 人のオーラが学びの意欲を左右する
     2 師匠の言うことには逆らうな
     3 「ああなりたい」という人を持つ
     4 予習をして講演会に行く
     5 自分の考えの枠組みをゆさぶってみる
     6 勉強仲間を作ろう
    おわりに
    さくいん

  • 作者は京大理系教授、勉強に必要なのは3つの能力を磨くこと、コンテンツ能力、ノウハウ、ロジカルシンキングからアウトプットにつなげる、手帳には全てのスケジュールを書き込む、遊びや勉強計画も。1情報には1枚のクリアフォルダ、枚数詰め込んでは外から見えるメリットが享受できない、わかりやすい本を読む、入門書は3冊、子供向けでも良い、試験勉強は相手の意図を探ることから始まる、暗記は黙読、声に出して読む、手で書くの3段階、呼び水法(過去の手帳を元に、今までやったのだからと取組を継続させる)

  • ・昼休みに中途半端に過ごすのはダメ(休むか,勉強するか,趣味をするかきちんと決める)。まとまった時間なのだから戦略的に使うこと。
    ・週末の枠組みを全体的に予め決める(遊ぶ,体力づくり,人脈作り,勉強,仕事の追い込み)
    ・就寝時間を過ぎて勉強しない
    ・ノートは表面だけ利用
    ・スキマ時間にスケジュールチェック
    ・勉強時間の10%は復習に充てる

  • さくっと読めました。

  • 気合を入れるために自己啓発本を読む。そういう目的で読むには、リーズナブルだと思う。本の読み方について、参考にしてみようという点がいくつかあった。

    新たな刺激のため、同じ著者が書いた火山の本を読んでみようという気になった。

    「遊び」から教養を深める:教養の世界には様々な入り口が開かれている。興味を持ったことを突破口に一つのテーマを追求していくと、どんなことであれ、専門家として誇るに足るレベルにまで達することができる
    図書館では「ふだん読まない本」を手に取ってみる
    入門書は最低3冊買う
    不得意な分野は児童書を見よ
    古典は退屈だからこそ意味がある:退屈になれるのも必要なスキル。古典は時には退屈でありながら、偉大な真理を必ず持ち合わせている。

  • いわゆるノウハウ本ではあるけれど、コンパクトに役立つことがまとめてある。

  • 一生モノの勉強を楽しみながら続けよう! 「仕事の核」となる知識の身につけ方、教養を磨く勉強法、周囲の人にうまく伝えるためのコミュニケーション技術など、著者自身が実践してきた勉強のテクニックが満載。

  • 一生モノの勉強法: Meet Up 大阪 @ blog
    http://meetuposaka.seesaa.net/article/416444545.html

  • 戦略的に勉強するくだりは良いが、記載内容は普通だったので、少しがっかりした。

著者プロフィール

鎌田浩毅(かまた・ひろき)
京都大学大学院 人間・環境学研究科教授。1955年東京生まれ。1979年東京大学理学部地学科卒業。通産省地質調査所主任研究官、米国内務省カスケード火山観測所上級研究員などを経て、1997年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授、京都大学総合人間学部教授。東京大学理学博士。日本地質学会火山部会長、日本火山学会理事、気象庁活火山改訂委員、内閣府災害教訓継承分科会委員などを歴任。
京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。科学啓発に熱心な「科学の伝道師」としても活躍。
『火山はすごい』(PHP新書)、『成功術 時間の戦略』(文春新書)、『火山噴火』(岩波新書)、『富士山噴火』『地学ノススメ』(いずれも講談社ブルーバックス)、『地球の歴史』(中公新書、全3巻)など著書多数。

「2019年 『富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウのその他の作品

一生モノの勉強法 Kindle版 一生モノの勉強法 鎌田浩毅

鎌田浩毅の作品

ツイートする