通貨外交

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492681190

作品紹介・あらすじ

20世紀末のITバブル崩壊後、成長のエンジンを失った世界経済は、グローバル・デフレ突入を目前にしている。そうした中で、円高・株安に苦しむ日本の通貨当局は、どのような為替政策をとり、先進各国と経済政策の話し合いを重ねてきたのか。1997年のアジア通貨危機を教訓として強化されたアジア金融協力は、どこまで進展しているのか。日本の通貨外交の最前線に立ってきた著者が、世界経済の中の「円のいま」を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アルゼンチン危機体験から、信任の重要性。
    インフレターゲット政策採用。
    ドルユーロ円の三極通貨体制構築のため、円の地位向上重視。

    ブレてない。

全1件中 1 - 1件を表示

通貨外交のその他の作品

黒田東彦の作品

通貨外交を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする