いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

著者 :
制作 : 瀬川 康男 
  • 童心社
3.98
  • (534)
  • (290)
  • (475)
  • (33)
  • (7)
本棚登録 : 3889
レビュー : 529
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494001019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブックスタートで試し読みしてもらい、プレゼントで選択した一冊です。大きなイラスト、大きな文字に子どもが惹かれるみたいです。
    イラストよりも、文字のほうを じーーっ と見て楽しんでいるようですが、そういう性格なのでしょう。笑
    なんとなくこの絵本のおかげで、いないいないばあ の音と調子を覚えてくれた気がします。

  • 「赤ちゃんが本当に笑う本!」として書店で1コーナーまるまる使って紹介されていました(実際に絵本を見て笑っている赤ちゃんの映像も流れていました)。
    6ヶ月の子に読み聞かせたところ、いないいない…→ばぁ、のところで確かに嬉しそうににこにこします。

  • 2ヶ月検診で市からもらった、初めての本。
    まだ笑ったりはしないけど、興味があるようで絵をじーっと見てくれる。
    コンコンぎつねがいちばんのお気に入り!

  • 8ヶ月検診の時に行政からのプレゼントで何冊かの中から選べたのでこちらの絵本にしました‼️私も昔持っていたのと、娘も本を選ぶ時にこの本が1番反応が良かったので決めました!
    それ以来毎日読んでは一緒にいないいないばあをして遊んだりしていました


  • 1歳2ヶ月。表紙のクマさんが出てくると大爆笑。
    最後ののんちゃんになると真顔(笑

  • ばあ〜!って言葉が面白いのがよく笑ってくれる

  • いないいないばあがわかってきた頃に
    読んであげたら声出して笑ってくれる‼︎

  • 可愛い可愛い(>ω<)

  • 0歳台の定番で毎日のように読んだ。よく笑っていた。

全529件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1926年東京生まれ。児童文学作家。戦時中の1943年、童話『とかげのぼうや』を執筆。戦後、坪田譲治に師事し、1951年に『貝になった子供』を出版。1955年、瀬川拓男と結婚後、ともに民話の採訪に取り組み、共著『信濃の民話』『秋田の民話』を皮切りに、民話の採録・再話をつづける。
『龍の子太郎』(国際アンデルセン賞優良賞)、『ちいさいモモちゃん』(野間児童文芸賞)以降のモモちゃんシリーズ、『いないいないばあ』以降の「あかちゃんの本」シリーズや「あかちゃんのわらべうた」シリーズ、『朝鮮の民話』全3巻、『私のアンネ=フランク』(日本児童文学者協会)、『あの世からの火』(小学館文学賞)など著書多数。民話に関する著作に『昔話十二か月』全12巻、『現代民話考』全12巻、『現代の民話』など。

「2014年 『民話の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松谷みよ子の作品

ツイートする