いいおかお (松谷みよ子 あかちゃんの本)

著者 :
制作 : 瀬川 康男 
  • 童心社
3.79
  • (165)
  • (110)
  • (218)
  • (25)
  • (2)
本棚登録 : 1509
レビュー : 181
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494001026

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「いないいないばあ」と一緒に購入しましたが、こちらはなかなか関心が向きませんでした。が、最近(1歳8ヶ月)「読んで」とせがまれるようになりました。
    最後の「おいしいはど〜こ」に喜んで反応しています。

  • ムスメが赤ちゃんの頃から読んでいる絵本。
    「いいおかおして」と言うと、絵本の中の登場人物たちのような〈いいおかお〉をしてくれる。

  • 「いないいないばあ」と同時に購入。
    確かに面白がっていますけど、「いないいないばあ」と比べるとイマイチみたい…うーん。
    読んで!とはあまりせがまれません(汗)

  • 0歳1ヶ月
    娘にもこんな顔をしてほしいなぁと思う。
    女の子と動物が同じような素敵な笑顔をしているのがとても魅力的

  • クラブ

  • 生後8ヶ月ぐらいで読んだときは反応がいまいちでしたが、生後1歳になろうかという今、出てくる動物たちに合わせて声色を変えて読んであげると、うれしそうに絵本をみながら話を聞いてくれます。もうちょと成長したら、「いいお顔」という意味を理解して、にっこりしてくれるかな?

  • 世代を越えて愛され続けている松谷みよ子の絵本。この絵本の独特な世界は、赤ちゃんを夢中にさせる不思議な魅力を持っています。キャラクターの愛嬌ある表情やぐっとおさえた色使いも、今の時代にとても新鮮。読みながら自然といいおかおになっちゃいます。

  • 購入日:----/--/--
    読了日:2010/12/03
    立ち読み。

    これは、小さいときでも見たことない気がする。

    ねこも、いぬも、みーんないいおかお。
    いいおかおって何かと思ったら、笑顔のことだったのね。
    基本の繰り返し。

  • 1歳1ヶ月の娘に読んだ本。ゆったりと優しい気持ちになれる本。でも娘の反応はいまいちでした。

  • そうた氏、11ヶ月の頃購入(童話館ぶっくくらぶより)。


    「いないいないばあ」が、私が読むと反応がイマイチだったので、どうかな~と思っていたが、これは中々好反応。

    真似して出てくる動物たちが可愛い。

    さっちゃんを、そうちゃんと読み替えてあげると、そうた氏も真剣に読みます。

全181件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

1926年東京生まれ。児童文学作家。戦時中の1943年、童話『とかげのぼうや』を執筆。戦後、坪田譲治に師事し、1951年に『貝になった子供』を出版。1955年、瀬川拓男と結婚後、ともに民話の採訪に取り組み、共著『信濃の民話』『秋田の民話』を皮切りに、民話の採録・再話をつづける。
『龍の子太郎』(国際アンデルセン賞優良賞)、『ちいさいモモちゃん』(野間児童文芸賞)以降のモモちゃんシリーズ、『いないいないばあ』以降の「あかちゃんの本」シリーズや「あかちゃんのわらべうた」シリーズ、『朝鮮の民話』全3巻、『私のアンネ=フランク』(日本児童文学者協会)、『あの世からの火』(小学館文学賞)など著書多数。民話に関する著作に『昔話十二か月』全12巻、『現代民話考』全12巻、『現代の民話』など。

「2014年 『民話の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松谷みよ子の作品

ツイートする