おふろでちゃぷちゃぷ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

著者 :
制作 : いわさき ちひろ 
  • 童心社
3.75
  • (82)
  • (81)
  • (135)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 950
レビュー : 98
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494001088

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わたし自身が昔から大好きな一冊です。
    絵の愛らしさ、文章の素晴らしさ。

    『いないいないばあ』『ぴょーん』のような、2ページ毎に繰り返しがある絵本に比べ、シークエンスが長いので難しいかな? とも思いましたが
    思いのほか初期(6ヶ月頃)からお気に入りです。

  • あたまあらってきゅーぴーさんで息子がにやっと笑う

  • 図書館にもあります。

  • 松谷さんの弾むような詩。
    岩崎さんの淡く優しい絵。
    この二つがぴったりマッチした、すてきなお風呂の絵本です。
    大好きなお風呂に、早く入りたくて、自分で一生懸命服をぬぐ様子に思わずにっこりしちゃいました。

  • 絵・いわさきちひろ のこの絵本。
    優しい水彩画タッチの絵が気に入って購入。

    最近の絵本は、色も縁取りもはっきりしているものが多いから、
    いろいろな絵に触れてほしくて、やさしい色合いの絵が描かれている
    この絵本を選びました。

  • 「児童青少年の読書資料一覧」(中多泰子 ほか『改訂 児童サービス論』樹村房、 2004)の、「幼児むき」で紹介されていた ので、図書館でよんだ

    あひるちゃんの「いいとこ」である、お風呂に一緒に入るおはなし
    はやくと急かすのはあまり好きではないのだけれど、この「はやく はやく」は待ち遠しい、はやく
    最後がかわいい、世のお母さんは一度はやってるんだろうな

  • 1歳4ヶ月 息子は反応せず
    いわさきちひろさん、有名な方ですが何故か手にとらなかった
    もっと早く手にとれば良かった!
    安心する絵だなぁ
    アヒルの「はやくはやく」がワクワクします
    最後のページもかわいい

  • 絵がかわいーーーーー!
    ということで借りちゃいました。

    まだ1歳半の息子には早かったかなー?

  • ちひろさんの絵が好きで購入。
    でも子供の反応は今のところいまいちです(^_^;)

  • 絵がやさしくてすきです。

全98件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1926年東京生まれ。児童文学作家。戦時中の1943年、童話『とかげのぼうや』を執筆。戦後、坪田譲治に師事し、1951年に『貝になった子供』を出版。1955年、瀬川拓男と結婚後、ともに民話の採訪に取り組み、共著『信濃の民話』『秋田の民話』を皮切りに、民話の採録・再話をつづける。
『龍の子太郎』(国際アンデルセン賞優良賞)、『ちいさいモモちゃん』(野間児童文芸賞)以降のモモちゃんシリーズ、『いないいないばあ』以降の「あかちゃんの本」シリーズや「あかちゃんのわらべうた」シリーズ、『朝鮮の民話』全3巻、『私のアンネ=フランク』(日本児童文学者協会)、『あの世からの火』(小学館文学賞)など著書多数。民話に関する著作に『昔話十二か月』全12巻、『現代民話考』全12巻、『現代の民話』など。

「2014年 『民話の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松谷みよ子の作品

ツイートする