りんごくんがね‥ (おいしいともだち)

  • 童心社
3.63
  • (9)
  • (15)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 282
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494001873

作品紹介・あらすじ

すたたたた…りんごくん、にんじゃでござる。いっぱい食べて、いっぱい元気。人気シリーズ最新刊。2歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2歳0ヶ月
    りんごが好きな我が子が何度も読んでと持ってきた本。
    「しんぱいごむよう!」というりんごくんの手に「たーっち!」と、手を合わせにいってて可愛かった。

  • りんごくんがにんじゃになってすごかった

  • ●読み聞かせ。
    ●なぜ忍者なんだ?

  • とよたさんのたべもののシリーズ。実りの秋にもいいかな。

  • すたすたすた、と駆けるりんごくんに大笑いの娘。忍者の洋服と刀を仲間達が手渡す表紙の折込み部分ににっこりしてしまう。このシリーズは割りと自分で自分を調理する素材たちに、大人の私がハラハラしてしまうのだけど、りんごくんに至っては自分の刀で自らを切ってしまうという・・・痛すぎる(ノ∀`)けど、娘は大好きなシリーズです。(1歳9ヶ月)

  • 読み始め:3歳

    忍者に扮するりんごくんの必死の逃走劇が可愛い。
    「あははは!」と、子どもも大笑いでした。

    短くて分かりやすいストーリーなので、子どもがひとりでパラパラとめくって見るのにもちょうどいい。

  • このシリーズでは、なぜか芋が一番人気。

  • 2015.11

  • 木からとびおりたりんごくんの冒険の様子を描いたかわいらしい絵本。

  • りんごくんがうさぎに食べられそうになって逃げる。
    途中でカラスに捕まって食べられそうになるので逃げる。
    逃げた先はガラスボウルの中。
    しんぱいご無用。
    きれいにあらって自分の刀で切ってうさぎさんに。

    心配ご無用と言うのがこのシリーズのパターンなのかな。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年宮城県生まれ、早稲田大学第一文学部卒業。『どんどこももんちゃん』(童心社)で第7回日本絵本賞受賞。主な作品に『ももんちゃんぴょ~ん』他の「ももんちゃんあそぼう」シリーズ、『とうもろこしくんがね・・』他の「おいしいともだち」シリーズ(以上、童心社)、『バルボンさんのおでかけ』他の「ワニのバルボン」シリーズ、『でんしゃにのって』他の「うららちゃんののりものえほん」シリーズ(以上、アリス館)、『やまのおふろやさん』他の「ぽかぽかおふろ」シリーズ(ひさかたチャイルド)などがある。

「2020年 『ぼくんちのおふろやさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

とよたかずひこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
エリック=カール
なかがわちひろ
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

りんごくんがね‥ (おいしいともだち)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×