おっぱいおっぱい (母と子のえほん)

  • 童心社
3.54
  • (10)
  • (10)
  • (22)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 134
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494002146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 色々な生き物がおっぱいを飲んでいるお話。
    おっぱいを飲む我が子が親しみを持てるかなと思い読んでみた。
    おっぱいの本飲むよというと嬉しそうに笑っており、やっぱりおっぱいが好きなのかなぁとおもった。

  • ブックオフで偶然手に取った本。絵が可愛い。
    動物が出てくる絵本は食いつきがいいかも。
    母として、授乳が終わっても宝物のように持っていたい本。

  • 悪くないのですが、
    買わずに借りればよかったと思ってしまいました。笑

  • *未購入*
    2歳9ヶ月時、図書館にて借。

    息子が産まれてからまたおっぱいに興味が出ているらしく、選んで持ってきた。

  • 赤ちゃんはみんな、おっぱいが大好き!
    独特の擬音語が可愛い

  • いろんな動物たちのおっぱいを子どもたちが飲む様子が、デフォルメされた絵で描かれています。

    優しい絵にリズム感のある文章、そしてみんなの大好きなおっぱい!卒乳直後のお子さんには欲しくなっちゃったりしてちょーっとつらいご本かも!?

    文字(拾い読み)に関しては擬音や繰り返しが多く、単語単位で区切られているひらがなの文章とはいえ、各ページに2行10語くらいあるので、やや文章が読めるようになった頃におすすめです。

  • 185冊目

  • 絵は気に入っていたが、文章には余り反応せず。

  • こぐまちゃんシリーズのわかやまけんの絵本。おっぱい触るの大好きな息子(4才)に「やめて!」などと言ったりしていますが、「そうだ、絵本ではどうかなあ」と読んでみました。興味津々、良かったです。赤ちゃん向けの本ですが哺乳類についての科学的な本に感じます。いつも飲んでいる牛乳は牛さんのおっぱいだよと教えると恥ずかしそうにしていました。最後に「おかあさんのおっぱい。。。おとうさんにはあげないよ。」のセリフにまじめに「なんで?」を連発していました。

  • 漫画みたいにデフォルメされた絵なのに、なぜかリアル。いろんな動物の親子の授乳シーンとどんな飲み方をしてるのかよくわかります。授乳中のママにも、卒乳したての赤ちゃんにも、おっぱいを忘れかけた子どもにもうれしい一冊。

全12件中 1 - 10件を表示

わかやまけんの作品

ツイートする