おいしいねおいしいよ (母と子のえほん)

  • 童心社
3.48
  • (8)
  • (10)
  • (20)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 133
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494002160

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わかやまけんさんの優しい絵。
    意外に文章は長いけど、飽きずに眺めている。
    さかな!にく!はっぱ!りんご!
    など、よく知ってる食べ物が出てくるのが楽しいみたい。
    1歳8ヶ月

  • ・図書館にて
    ・1歳後半
    ・1歳後半〜2歳前半向き。いろんな動物が親子で仲良くごはんをたべてる光景が続く、ほっこーり。

  • 2歳。各ページの文章が少し長いので、飛ばし読みになる箇所があった。

    動物のそれぞれ好きな食べ物が分かり、おいしいと言う感情の共有を知る本。
    言い回しがややこしい文があったり、それどれ違った文の構成なので、テンポよく読むには難しい。親も読みずらいし、子供も覚えにくそうだった。

  • どうぶつのごちそう。

    蔵書
    C8793

  • 2歳0ヶ月。
    お気に入りシリーズ。こちらも絵と言葉に味があります。娘はなぜか後半あまり読ませてくれない…

  • この方の絵本、絵がはっきりしてて赤ちゃんでも見やすい。なんとも温かい絵です。
    なんといっても興味を持ちやすい動物がたくさん出てくるし。
    動物さんたちが食べている音、色々な音が出てくるので、その言葉のところで我が娘の頭を「もぐもぐ」「ぱりぱり」「かりかり」なんて言いながら頭を手でぱくぱくしてあげると、「きゃはは」と喜んでおりました。

  • そうたろ氏、1歳3ヶ月の時に図書館で借りた本。
    気に入って何度も読んでいた。

    わかやまけんさんの絵本は好きみたい。
    動物が色々出てきて、ご飯をお母さんと食べているのも微笑ましい。

  • ★保育園で借りた本★

    息子が「これー」と背表紙で決めた本。
    いろんな動物がそれぞれ好きなごはん(エサ)を食べて「おいしいね」という本。
    うーーん、、ちょっと単純すぎて、母子とも1回で飽きてしまいすぐに返しました。
    1歳前後だったら楽しかったかも。

  • 絵がかわいいし、結局は子供に繋がるのだけれど、ちょっと字が読みづらいです。表現に乏しい。

  • 1歳

全14件中 1 - 10件を表示

わかやまけんの作品

ツイートする