ばけものづかい (せなけいこ・おばけえほん)

著者 :
  • 童心社
3.67
  • (13)
  • (13)
  • (26)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 401
感想 : 19
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494004010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 怖いのはおばけではなく、おばけをこき使うおじいさんのほうだった!

    表紙のからかさおばけは、雨の中お酒や魚などを買いに行かされているところ。
    火の玉はお風呂を沸かせ、たばこに火をつけろなどと注文される。

    こういう偉そうに人を動かすおじいさん、いる!!
    おばけが気の毒で笑ってしまった。

  • 落語の「化け物使い」をせなけいこが絵本化。
    人使いの荒いおじさんが安い屋敷に住む。
    そこは化け物が出るから安くなったのだとか。
    人使いが荒すぎてお手伝いさんはみんないなくなってしまった。
    夜になるとおばけが出た。
    しかし、おじさんはばけものもこき使う。
    ろくろ首には御裁縫を。
    一つ目小僧には買い物と肩たたきを。
    大入道には屋根の修復を。
    こんなにばけものづかいが荒い人は初めてだ、とおばけたちも逃げ出してしまうのだった。

    昔、読んだことあるような。
    落語みたいな落ちで面白い。
    と思ったら本当に落語だったし、落語絵本で読んでいた。
    落ちが1匹の狸だったところは省略されている。

    「ばけものつかい」ではなく「ばけものづかい」という表記は珍しい。

  • せなけいこさんのオバケシリーズ。きり絵のタッチが大好きで
    怖いオバケを楽しいオバケに変えてくれます!

  • えがこわかった。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください

  • 良かった

  • オバケは怖いけど、こうやったら逃げてくれるのかなと娘は恐る恐る聞いてくれてたなあ 笑

  • 2019.2
    落語のだ!どっちが先なんだろう?

  • 人使い・・・じゃなくて、化け物使いの荒いお爺さんの話

  • 中古購入
    ちょっとボロい

    ばけものづかい?
    化け物のお使いかな?
    と思ったら違った
    本屋さんで思わず吹き出してしまった
    こんな展開になるなんて
    化け物も予想外だっただろうね(笑)

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年生まれ。『新幹線しゅっぱつ!』(福音館書店)、『はしる! 新幹線「かがやき」』(PHP研究所)、『ごみしゅうしゅうしゃの ぽいすけくん』(岩崎書店)、『うちのくるまはバン!!』(アリス館)、『しゅつどう! しょうぼうたい』(金の星社)など多くの著書をもつ。『はこぶ』(教育画劇)が、第61回青少年読書感想文全国コンクール課題図書に選定されている。

「2023年 『せなけいこ ちいさなたまねぎさん ピクチャーパズル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

せなけいこの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×