えんそくバス (ピーマン村の絵本たち)

  • 童心社
3.67
  • (39)
  • (39)
  • (81)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 609
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494005826

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自宅にある本。

  • **********
    「遠足」に。

  • いやー、大人がぞっとする本!

  • 2012.10.10

  • 幼稚園の遠足の楽しい様子を表現する。
    字の無いところをどうするか、考えどころ。

  • 遠足当日に園長先生が寝坊。何事もなくバスは発車して、誰も園長先生の不在に気づかないまま遠足続行、が可笑しさを誘う。誰か気づいてーw
    お弁当の時間になってようやく到着した先生に、みんなが差し出す美味しい優しさ。みんなのお弁当から一品ずつもらって作る即席お弁当は、各家庭の味が詰まった世界一のグルメ弁当だなぁ。
    3歳6ヶ月の息子はまだ遠足がピンとこないようだったけれど、持っていくおやつに素早く反応してチョコを選択。いや、あなたの遠足は6月、たぶんチョコ溶けまっせw

  • なんともとぼけた園長先生。今週、幼稚園で親子遠足が予定されていますが、先取りして楽しい遠足気分が味わえました。

  • 本屋でジャケ買いした絵本。初ピーマン村シリーズ。これは何度も読んでいて、買ってよかったと思う絵本。

  • 絵が可愛いらしく、読みやすかった。
    子供(5)は結構気に入った様子で、夜に読んでもらった翌朝、一人で読み直していた。

  • This story is about kindergarten's excursion.
    But kindergarten's principal over slept on that morning and was late for the excursion.
    He joined later, but he forgot to bring his lunch box, so everyone shared their lunch with principal.
    They ate happily together.

    What I think

    I like this story.
    I like the playing scene in the park.
    I want to play in this park, too.

全55件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年生まれ。シンガーソング絵本ライター。保育士として5年間の保育園勤務ののち、バンド「トラや帽子店」リーダーとして活躍。1995年『さつまのおいも』(童心社)で絵本デビュー。歌に『にじ』『みんなともだち』『世界中のこどもたちが』ほか。作品に、自叙伝『中川ひろたかグラフィティ』(旬報社)、詩集『あいうえおのうた』(のら書店)、絵本『ともだちになろうよ』(アリス館)、幼年童話『おでんおんせんにいく』「おとのさま」シリーズ(共に佼成出版社)ほか多数。

「2020年 『おとのさま、まほうつかいになる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中川ひろたかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
なかの ひろたか
酒井 駒子
にしまき かやこ
エリック=カール
有効な右矢印 無効な右矢印

えんそくバス (ピーマン村の絵本たち)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×