おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ)

  • 童心社
3.98
  • (350)
  • (204)
  • (322)
  • (15)
  • (6)
本棚登録 : 2342
レビュー : 309
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494006069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子どもだけですごくがんばってることに、感動した(娘)

  • 子どもの頃、押し入れがこわかった気持ちをおもいだしました。

  • 実は読んでいなかった名作。
    男の子ふたりの友情と冒険心もいいけれど、先生の気持ちも判って素敵な気持ちになれる。無理矢理言わされるごめんなさいよりも、自分の中から湧き出る言葉の方が真実。

  • 保育園のおしいれで起こった不思議な大ぼうけんを通して成長する男の子2人のお話です。年長さんへの読み聞かせにもオススメの1冊です!!!

    熊本学園大学:まいたけ

  • 私の大好きな絵本の1つ。保育園のおしいれの中がこんな素敵な世界になっているなんて、いいなぁ笑

  • こどもの頃大好きだったおしいれのぼうけん。
    おしいれの中なんてとっても怖い空間。ちょっとのシミがおばけに見えたり、ちょっとした隙間が怖かったり。その気持ちって今でもすごく分かる。

    おしいれから始まる冒険はちょっと怖くて、でもわくわくして。先生もネズミばあさんもいい人(いいネズミ)ですよね♪小さい頃はよく分からなかったこの1人と1匹の本当の気持ちも、大人になった今ならよく分かる。この絵本は手元に置いておきたいなって思う!

    基本的にはモノクロの世界なのに、時々でてくるカラーページがすごく印象的。

  • さとしくんとあきらくんに怒ったみずのせんせいは暗い暗いおしいれの中に閉じこめます
    ミニカーとデゴイチが動き出し、ねずみばあさんも現れて…

    表紙をみるとワクワクする

    みずのせんせい美人だけど怖いな〜

  • 4歳。定番の一冊ですね。

  • 言わずと知れたという絵本ですね。
    保育園では悪いことをすると押し入れに入れられます。
    押し入れで起きる、冒険のお話。

  • ずっとのこるおもいでのほん
    ちょっとコワイ友だちの本‼

全309件中 71 - 80件を表示

ふるたたるひの作品

ツイートする