14ひきのあさごはん (14ひきのシリーズ)

  • 童心社
4.01
  • (186)
  • (131)
  • (148)
  • (9)
  • (5)
本棚登録 : 1948
レビュー : 155
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494006199

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ねずみのおじいさん、おばさん、おとうさん、おかあさんそしてきょうだい10にん。14ひきの大家族のお話です。みんなでちからを合わせて生活していく姿が微笑ましい。シリーズものの中で最初に読みたい絵本。
    みんなで揃って食べるあさごはん、元気な一日になれそう。
    身体だけでなく心にも栄養を満たしてくれそうです。

  • 2歳の娘の最近のお気に入り。
    ねずみの一家が起きて、着替えて、朝ごはんをみんなで準備して・・という当たり前の場面を描いているのだけど、それが娘の興味にひっかかったのかな。
    保育園での生活と重なったのかもしれない。

    それぞれの性格が描き分けられていておもしろい。
    また自然の描写もきれいで、すがすがしい1冊です。

    娘はねずみの後ろ姿に妙にウケていました。
    確かに、絵本ってけっこう正面から見た姿しか書いてなかったりするもんなぁ・・。

  • 朝起きて、身支度をしてごはんを摂りに行って料理をしてテーブルを整えて…
    手早く適当に済ませてしまいがちな朝食を、
    家族仲良く用意して食べる
    健全で憧れが眩しすぎる絵本です

  • おいしそう。たのしそう。
    にっくんが好き。朝ごはんブームの今、ぜひ読んでいただきたい。休日の朝はこれくらい豪勢にいきたいもんだね。

  • いわむらかずおさんの、14ひきシリーズの一つ、朝起きてからみんなで朝ごはんを調達する日常を垣間見られるお話絵本。
    絵がとっても細かくて、出てくる家族の生活の中の表情が、見る人の想像力を駆り立ててくれます。

    隅々まで見たい絵なので、大人数での読み聞かせには向かないかもしれませんが、台詞のない紙芝居のように情景を見せる見せ方ならとても良いかもしれません。

  • 【2014.8.29】

    「あ、とっくんお漏らししてる」と思ったら、次のページで布団干してもらってたり着替えさせてもらってたり。こういう細かい描写が本当に楽しい。
    そして、どんぐりパンの美味しそうだこと。14ひきシリーズに出てくる食卓のシーンが本当に好き。どれも美味しそうだし、家族みんな楽しそうだし。
    くんちゃんのそばにはもちろん小さいねずみの人形があって、それを発見するたび笑顔になれる。
    14ひきシリーズは断トツで好きな絵本。これからもずーっとずーっと大好き。

  • 人気だし、私自身も小学生の時によんだような気がするのだがまったく覚えていないので、図書館で借りた。

    14ひきシリーズの第2作(?)。
    おとうさん・おかあさん・おじいさん・おばあさん、そして10ぴきのきょうだいからなる、14ひきのねずみの家族の、新しい一日のはじまりのおはなし。
    1983年の絵本にっぽん賞受賞作。

    大好きになりそうな予感。
    本文で、「○○はだれ?」と問われると、この子の名前は……と、ときどき表紙を眺めては元に戻りよんだ。
    やはり、松居直さんのいうように、「絵本は大人が子どもによんでやるもの」なのだと再確認した。
    10ぴきのきょうだいの性格も感じられるから、すごいのだ。
    健全で平和な、あたたかいおはなし。
    あさごはんを食べる習慣がなく、朝寝坊な私の生活態度も改めたいと思えるような、正しい感じがする。
    (夜中なのに、おなかがすいてしまった。)
    やわらかい絵のタッチも、細かい描き込みもすてき。
    季節ごとにおはなしがあるようなので、よんでみよう。
    楽しみができて嬉しい。

  • 14ひきシリーズを私が好きで、図書館で借りてきた絵本。このシリーズで読むのは5冊めなので、息子もすっと入り込めた。朝起きてから、顔を洗ったり、朝ごはんのしたくをみんなでしてから、朝ごはんを食べるまでのお話。2歳1か月の息子は、小さいながらものいちごつみに参加するくんちゃんに共感して読んでいる様子。「おきがえ、じょうずね」「かご、のってる」「ないてるねー」「おんぶして、ないてるね」「ぱん、もらった」と言っている。ほかにも、「ねんねして、あるいてる」「かえる、いた」「おはなもって、ころんじゃった」「おうち、もってかえる」「こぼしちゃったね」と絵を見ていろいろ教えてくれる。昔、一人で読んだ時よりも、絵をしっかり見ているからか、私としても発見が多く、楽しい。同じ一日なので、服装で登場人物の判別ができる。

  • ちゃんと10人きょうだいの関係がページごとに描かれてるんだなぁこりゃすげえ………
    ロングセラーなわけだ

  • にっくんがおばけになっている所が好き。
    そしてなぜか小さいとっくんをいじめようとする。

全155件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1939年東京生まれ。東京芸術大学工芸科卒。『14ひきのあさごはん』(童心社)で絵本にっぽん賞、『ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ』(偕成社)でサンケイ児童出版文化賞、『かんがえるカエルくん』(福音館書店)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。他の作品に「14ひきのシリーズ」(童心社)、エリック・カールとの合作絵本『どこへいくの?To See My Friend!』(童心社)、「トガリ山のぼうけん」シリーズ、「ゆうひの丘のなかま」シリーズ(理論社)など多数。

「2020年 『とっくんトラックゆきのひにぶぶー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いわむらかずおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
酒井 駒子
モーリス・センダ...
エリック=カール
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印

14ひきのあさごはん (14ひきのシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×