ぼうしかぶって (あかちゃんととととと)

著者 :
  • 童心社
3.66
  • (9)
  • (19)
  • (11)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 330
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494007158

作品紹介・あらすじ

「なすの とうさん たたたたた」「ぼうしかぶって いってきまーす」パイナップルのにいさんは「どどどどど」ときて、かきのねえさんは「さささささ」ときて……トマトのかあさんもプチトマトのあかちゃんも、みんな元気に、ぼうしかぶっていってきまーす。
くりかえしの言葉と、「さささささ」「ばばばばば」などの勢いのある音は、声にだして、耳できいて楽しい!
絵本を読んだら、ぼうしをかぶっておでかけしたくなります。
1歳から楽しめます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わかりやすくはっきりした色で7ヶ月の息子が楽しそうに見てくれます

  • 1y8m
    おふろの方より反応良し。
    全部のぼうしを指差して楽しそうに読んでいました。
    野菜や果物もおままごとで遊ぶ時に好きなやつが多く、お気に入りの一冊になりました。

  • 66点
    感想

    かきのねえさんをかぼちゃだと思ってたけど、ぜんぜんちがかった。!
    この本について
    あらすじ

    なすの父さん、たたたたた。さやえんどうの兄弟、ばばばばば。ぼうしかぶっていってきまーす。いっしょにおでかけしたくなる絵本。
    YL


    16

  • 2歳9か月
    野菜とヘタの帽子が可愛い!

  • やさいさんのぼうし。子供はぼうしが嫌いな子も多いもの。◯◯さんみたいにぼうしかぶろうね、とこの絵本を読むのも良いかも。

  • 2y5m
    この絵本もヒット!
    ヘタを帽子に見立てる発想が母も好き

  • 最後にトマトがかぶってるぼうしについて聞いてみると、ナスのー と答えられました!
    効果音が面白かったようです。

  • 読み聞かせるとたたたたた、どどどどどなどの音のところを真似して遊んでいます。
    少し前まではよくわかっていなかったようですが、最近のお気に入りのようです。(10ヶ月)

  • ●読み聞かせ。
    ●野菜や果物のへたを帽子に見立てた絵本。

  • 野菜の家族がお出かけです。ぼうしかぶって「いってきまーす」頭のそれがないと、きまりませんものね。
    令和2年12月第2週の新刊です。

    ↓図書館の貸出状況はこちらからご確認ください。↓
    https://www.library.city.nagoya.jp/licsxp-opac/WOpacMsgNewListToTifTilDetailAction.do?tilcod=1002010042642

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

明治大学文学部教授。
著書に、『図書・図書館史:図書館発展の来し方から見えてくるもの』(編著、ミネルヴァ書房)、『図書館と読書をめぐる理念と現実』(共著、松籟社)、『図書館研究の回顧と展望』(共著、松籟社)などがある。

「2022年 『公立図書館の思想・実践・歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 太郎
前川 かずお
なかの ひろたか
かがくい ひろし
エリック=カール
tupera t...
三浦 太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×