ポケット (単行本絵本)

著者 :
  • 童心社
3.38
  • (13)
  • (30)
  • (56)
  • (5)
  • (5)
本棚登録 : 709
感想 : 43
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494007554

作品紹介・あらすじ

小さいポケットからかわいいあたまがのぞいてる。ページをめくると、「ピヨ!」ひよこさんが出てきたよ。
「こんにちは!」大きいポケット、二つのポケット、次に出てくるのは?
あかちゃんとお話しながら楽しめる1冊。

シンプルでオーソドックスな展開が、温かくて柔らかな美しい絵とあいまって、あかちゃんの心をしっかりとつかみます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1y4m
    三浦太郎さんの作品は、よしよしとおしりが大好きな息子。こちらはあまり反応せずでした。
    動物が色んなポケットから出てくるの可愛い絵本です。動物が好きなら楽しめそうです。

  • ライオンさんのタテガミがハート型っていうのが可愛すぎて。三浦さんの絵本は本当に癒されます。ポケットに入れて歩けたら楽だけどなぁ・・・なんて少し思ってしまうダメ母(1歳10ヶ月)

  • 1y3m

  • 楽しそうにポケットから動物が出てくるのを楽しんでいました。ライオンさんのページがお気に入りでした

  • 1y8m23d
    ポケットの中からひよこやぞうなどがぴょこぴょこ出てくる。
    ぞうさんのときにはパオ!うさぎさんのときには両手で耳を作ってぴょんぴょんしていた。

  • 2y0m
    一読してポケットの中を暗記。リズムが良いようで楽しそう。

  • 読了 1y8m

  • 「小さいポケットからかわいいあたまがのぞいてる。ページをめくると、「ピヨ!」ひよこさんが出てきたよ。
    「こんにちは!」大きいポケット、二つのポケット、次に出てくるのは?
    あかちゃんとお話しながら楽しめる1冊。

    シンプルでオーソドックスな展開が、温かくて柔らかな美しい絵とあいまって、あかちゃんの心をしっかりとつかみます!」

  • 2歳0ヶ月
    ポッケが気になり出した娘に。

  • はなもっち3ヶ月。

    可愛らしい絵柄だと思います。
    繰り返しも単純でわかりやすいです。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

三浦太郎
明治大学文学部教授。
著書に『図書・図書館史』(編著、ミネルヴァ書房)、『公立図書館の思想・実践・歴史』(共編著、松籟社)、『図書館の社会的機能と役割』(共著、松籟社)ほか。

「2023年 『社会的媒体としての図書・図書館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×