シルクハットぞくは よなかのいちじにやってくる (絵本・こどものひろば)

  • 童心社
3.86
  • (21)
  • (35)
  • (23)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 245
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494007592

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「シルクハットぞく」という言葉の響きが、とても好みなのです。

    シルクハットと言われると、私は手品師とか怪盗を連想します。
    そんな彼らが真夜中に、誰にも気づかれずに大勢集まるのです。
    なにやら、ミステリアスな香りがするけれど…?

    画面には黒い色が多いのに、暗いと感じさせないのがいいなぁ。

    • すずめさん
      >けーこさん

      こんにちは☆コメントありがとうございます(*^^*)
      『やきいもするぞ』は未読なのですが、書影を見た限りだと雰囲気ちが...
      >けーこさん

      こんにちは☆コメントありがとうございます(*^^*)
      『やきいもするぞ』は未読なのですが、書影を見た限りだと雰囲気ちがいますね!

      おくはらゆめさんの絵本のタイトル、結構好きなのです。
      『まんまるがかり』とかもかわいいですよね♪
      2012/07/12
  • 中古購入

    このなんともいえない微笑ましさ
    伝わる人と
    伝わらない人と
    大いに分かれそう
    読み手の感想が答え
    意味がないと思っても
    意味があると思っても
    どちらも正解であると思う
    だってシルクハット族は
    誰にどう思われたって気にしてないんじゃないかな
    意味のないことに意味がある
    それを共有できる仲間がこんなに集まるって
    うらやましいなぁ

    さて子どもはどう思うのか
    ついついちょっと補足説明しちゃった
    なんだかイタズラをしているような気分になるのか
    ニヤニヤしているように見える
    今日の夜中の1時も来るかもね!
    そう言ったらはしゃいでた
    なんとも不思議なお話が
    子どもと共有できるって
    なんだか嬉しい

  • イロモノかと思いきやふんわりいい話だった…
    ラスト近くのひとこまに胸を衝かれる。
    どこの、どんなひとにも、必ず気にかけてくれるひとがいる。そう思えた。

  • シルクハットぞくになりたい。
    シルクハットぞくに就職したい。
    シルクハットぞくに求婚されたら、喜んでOKする。

    ちょっとだけ  ちょっとだけ

    そう囁きながら。

    今年読んだ絵本の中でも五本の指に入る素敵な絵本。

  • 謎のシルクハット族。ナンセンスなんだけど、かわいい。うちにもきてて、夜中にちょっとだけ布団をかけなおしてくれてるのかも、と思うとくすぐったい。

  • 遅くまで起きていたらシルクハット族がくるよ〜
    一番寝る前に読むのがいいかも 小さい子の方が良い

  • 発想の面白さに惹かれて、学童で読み聞かせに使った。

  • 29年度  3-2
    3分

  • 不思議なタイトルに惹かれて手に取りました。シルクハット族が空を飛ぶ場面が、下からのアングルで、とても素敵でワクワクしました。

    不思議でほっこりするお話。好きです。

  • なぞの集団のちょっとだけ優しい行動に、思わず笑顔に。

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1977年、兵庫県生まれ。辻学園日本調理師専門学校卒業。絵本や童話の挿絵、NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の月の歌「ようかいしりとり」や「すっぱ すっぱ すっぴょ!」の作詞やイラストなども手がける。『ワニばあちゃん』(理論社)でMOE絵本屋さん大賞新人賞、『くさをはむ』(講談社)で第41回講談社出版文化賞絵本賞、『シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる』(童心社)で第18回日本絵本賞を受賞。

「2018年 『ようかいしりとり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おくはらゆめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エミリー グラヴ...
川端 誠
酒井 駒子
ジョン・クラッセ...
マージェリィ・W...
トミー=アンゲラ...
岡田 よしたか
モーリス・センダ...
ロナルド トルマ...
有効な右矢印 無効な右矢印

シルクハットぞくは よなかのいちじにやってくる (絵本・こどものひろば)を本棚に登録しているひと

ツイートする