りくののりものえほん (のりものしかけえほん)

  • 童心社
4.03
  • (15)
  • (9)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 295
感想 : 14
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494008360

作品紹介・あらすじ

「ばす ぶうーん おきゃくさんを のせて はしるよ。」「すぽーつかー びゅーん とってもはやくはしるよ。」身近なものから、乗ったことのないものまで、りくののりものが大集合!
しかけページをめくると、のりものがいきおいよく走り出します。
一緒にいろいろなのりものにのりこんだら、まるで本当にのりものが動き出すような躍動感のある展開で、めくるのが楽しくなる、子どもたちの大好きなのりものえほん。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 見開きのしかけ絵本。
    1日に何度も読んでと持ってくる

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 見開きの絵本。陸を走るのりものたち。外でみてみるのもいいね。

  • 生後3ヶ月くらいから~
    絵がカラフルなのでじーっと見てくれた◎

    追記···
    1歳3ヶ月頃から乗り物がわかるようになったからか、急にはまって見るように!

  • 乗り物は大好きだから、喜んで見てる!
    特に消防車が好きみたい^_^

  • 今は読み聞かせ。
    音には反応しなかった。

  • 乗り物好きな息子にはハマりました。

  • のりものしかけえほんシリーズ

    全ページがペラリと折り畳み式の仕掛け絵本
    大好きな車を仕掛け絵本で
    見れるので食い付くかな?
    と思ったけどそんなでもなかった。

    仕掛けをペラリとめくり乗ってる人を指差し
    「パパ!ママ!」
    と男の人や女の人を呼んでいた。
    紙が厚紙なので2歳児が力任せに
    一人で仕掛けをめくっても安心。 
    はっきりした色彩に黒い線で見やすい絵
    文章は極短い一文と擬音語なので
    0歳児から向き。

  • 1歳10ヶ月
    ◎一生懸命にページをめくって、のりものの名前を教えてくれる。全部子の好きなのりものだったのが、また良かった。
    同シリーズの、はたらく・うみ・そらの中で1番好き。

  • 図書館で借りた

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年千葉県市川市生まれ。絵本作家。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。 大学在学中よりイラストレーターとして活動。2006年「どうぶついろいろかくれんぼ」出版を機に絵本作家となる。主な作品に、かたぬき絵本シリーズ(ポプラ社) 、「たまごのえほん」 (童心社)、 「おめんです」シリーズ(偕成社)等。ユニークな発想と、暖かな色彩の造形で、芸術性とポピュラリティを両立した絵本を数多く生み出している。講演会やワークショップも、国内各地・海外で精力的に行なっている。

「2023年 『どんどんぱっ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしかわこうじの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×