むしたちのおんがくかい (絵本・こどものひろば)

著者 :
  • 童心社
3.75
  • (12)
  • (25)
  • (24)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 432
感想 : 23
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494009459

作品紹介・あらすじ

まちの中の公園で、むしたちが音楽会をはじめようとしたとき…ジャジャジャーンと大きな音が! むしたちは、にげだしました。音楽会のできる場所をさがして、むしたちはあちこちをあるきまわりますが……。読書感想文全国コンクール課題図書『むしたちのうんどうかい』につづく2作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おもしろかった!

  • 「まちの中の公園で、むしたちが音楽会をはじめようとしたとき…ジャジャジャーンと大きな音が! むしたちは、にげだしました。音楽会のできる場所をさがして、むしたちはあちこちをあるきまわりますが……。読書感想文全国コンクール課題図書『むしたちのうんどうかい』につづく2作。」

  • 虫が沢山出てきて、それぞれの動きや表情が楽しいです。
    ○未就学児~

  • 図書館本。夏の虫たちが、鳴き声の音色がきれいに響く場所を探して街を彷徨います。

  • 3歳11ヶ月

    むしたちシリーズの中では一番微妙かなあ。
    人間のコンサートがうるさくて逃げて
    他の場所を探すじゃなくて
    乱入して対決する
    とかのが面白そう

  • 3歳8ヶ月 図書館
    このシリーズでは珍しい人間の世界のことも描かれている絵本。このシリーズで最初の作品なのかな?
    人間のせいで、なかなか音楽会を始められない虫たち。最後は無事に音楽会を開くことができました。

  • 聞いたことない虫がたくさん出てきて「どれ?」と聞かれても答えられなかった。

  • だいすきむしたちのシリーズ

  • チョンチョンギロギロ、、子供たちのお気に入りでした。

  • 5歳 幼稚園図書館本

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

得田之久/1940年神奈川県横浜市生まれ。明治学院大学社会学部在学中から昆虫をテーマにした絵本を描き始める。主な絵本に『かまきりのちょん』『昆虫』(いずれも福音館書店)『むしたちのうんどうかい』『ばななせんせい』『くろねこさん しろねこさん』[産経児童出版文化賞]『きょう、おともだちができたの』(いずれも童心社)、紙芝居に『てんとうむしのテム』など多数。

「2023年 『紙芝居 あげはのルン [フランス語版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

得田之久の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×