フェアリー・レルム (1)

  • 童心社
4.08
  • (15)
  • (14)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 179
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784494009664

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • だいすき!!!!!!!!!
    自分ではじめて買った本っっっ!!!!!!!!

  • 1〜10巻読了。
    大好きなシリーズです。(小4の時)

  • おばあちゃんが大事にしていた金のブレスレットが無くなってしまった。孫のジェシーはなんだか嫌な予感がする。おばあちゃんの様子もなんだかいつもと違っていておかしい。ジェシーはおばあちゃんのためにブレスレットを探し、いつの間にか妖精の国へと迷い込んでしまっていた。


    エミリー・ロッダの作品はロンド国と不思議の国のレイチェルを読んだ以来で、さらっとしているようでクセのある文章を書く人だなという印象でした(訳者の具合もあるのかもしれませんが)。
    どちらかといえば苦手な部類でしたが、このお話はとても面白かったです。大人が読むにはあっさり解決してすぐ読み終える、少し物足りないお話に感じるかもしれませんが、小3辺りの子どもは程よくワクワクして読めるのではないでしょうか。
    金のブレスレットも可愛らしくて、続きがとても楽しみです。

  • ファンタジーのおすすめを探していて、デルトラクエストのエミリーロッダの本だったので読んでみた。

    軽く読めるので3年生ぐらいからでも読めるだろう。

  • 読んだの15年前だけどシリーズ全てとても良い、素敵なお話ばかりだった。
    虹の根元には宝が埋まってるって書いてあって、虹が出るとよく探しに行った。追いかけても追いかけてもたどり着けないけど。

  • お気に入りの図書館で
    小5のときに可愛い表紙に一目惚れ。
    読んでみたら面白かった。

  • おばぁちゃんは本当にお姫さまだった。50歳の誕生日に果たさなければならない約束があったのに、ケガをして、大事なブレスレットをなくしため、約束が果たせない。妖精の世界は滅びてしまうのか。

  • ・シリーズで10のお話が楽しめます。主人公ジェシーが、祖母の若き頃に住んでいた妖精の国「フェアリーレルム」にぼうけんしに行くお話です。ぜひ読んでみてください。
    ・ひみつのとびらをひらいて行ける別世界!ようせいたちと楽しく遊んだりして、とても楽しくおもしろい本です。
    ・ひみつのとびらからふしぎな世界へ。ようせいがまきおこす事件を人間ジェシーが解決していきます。ドキドキワクワクのとてもおもしろいおはなしです。

  • 魔女のお話。
    おばあちゃんと孫娘のお話。
    ファンタジー。
    アクションの要素もあり。
    ワクドキ系。

  • 4年生の女の子が、すすめてくれた本。
    ほかの学校でも、女の子に人気で、気になってはいたのですけど、なかなか手にとれず…。
    なるほど。と思いました。おもしろかったです。
    (エミリー・ロッダさんは、うまいなー。
    次巻へ、次巻への流れが…。
    と思ってしまうのは、オトナのヤなとこでしょうか。)

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
有川 浩
有川 浩
夏川 草介
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×